2009年06月27日

脳が良くなる耳勉強法 上田渉

脳が良くなる耳勉強法 上田渉



◆耳勉?でスマートに脳力アップ!



超大物ブロガー書評家が発売日(6/15)から続々とブログで賞賛。
脳と耳学習の勉強本として、新鮮かつ本格的な内容で話題。


発売元のディカヴァートゥエンティワンの干場社長の第6感でも、
「ベストセラーの予感」有りの一冊。amazonでもランク急上昇中。


「もっと勉強したい、でも時間がない」「なかなか勉強の効率があがらない」
そういう人にひとつの解決法を提示。


それは「耳を活かした勉強法」、つまり「耳勉強法」
これを取り入れれば、この悩みが一気に解決する可能性あり。


成功者が使っている秘密の勉強法をココに公開。
より合理的に時間を使うには、耳をもっと活用すべき。


最近、勝間和代神田昌典をはじめ各方面で注目されている、
アメリカでは常識のオーディオブックを活用した耳での勉強法を紹介。


勉強というと、読書など視覚に頼った勉強法が一般的。
しかし、多くの人は、すでに視覚の時間を目一杯使っていて、
これ以上勉強の時間が確保するのは困難。


しかし速読を学んでも、そう簡単にマスターできるものではない。
そもそも目による勉強があまり得意でない人も少なくない。


そういう場合にオススメしたいのが「耳勉強法」


■感謝!
人気ブログランキングへ


◆本日のオススメ! Amazonからのお買い上げはコチラ!


脳が良くなる耳勉強法
脳が良くなる耳勉強法
おすすめ平均
stars耳学習の入門書。自社の宣伝本に堕したのが惜しい
stars読み書きより聴くほうが頭に入る
starsオーディオブックの活用法
stars音勉強法=「既存の勉強法」+α
starsオーディオブックを利用した勉強法のハウツー本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



◆書籍『脳が良くなる耳勉強法』の公式サイトはコチラ

>> 新刊JP FEATURING 上田渉『脳が良くなる耳勉強法』



◆オーディオブックの公式ブログはコチラ

>> オーディオブック FeBe

>> オーディオブックのFeBeオフィシャルブログ(スタッフ編)



◆iPodの便利な使い方はコチラ(便利情報)

>> iPodでオーディオブックを高速再生する方法

>> iPodの「しおり」機能を使う方法



◆巻末のオススメ本はコチラ

>> ティッピング・ポイント―いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すか

>> 君主論 (まんがで読破)



◆超大御所ブロガー様の書評はコチラ

>> 【ポッドキャストインタビューVol.37】上田渉さん『脳が良くなる耳勉強法』|早川洋平

>> マインドマップ的読書感想文 | Smooth

>> 404 Blog Not Found | 小飼弾

>> 俺と100冊の成功本

>> 百式管理人


ついでに発売元のディカヴァートゥエンティワンの社長室ブログも。

>> 社長室ブログ(干場弓子)



◆iPodで著者の生声を聞きたい方はコチラ

>> 通勤立ち読み 『ブックラリー2009』



◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございます。

◆【続きを読む】で、気づきメモ、目次メモ、著者履歴が見れます!







続きは ↓◆内容紹介メモ

耳勉強法は脳機能の原理にもっとも合った学習法で成果が出やすい優れた勉強法である。


【聴覚を利用した勉強法のどこがよいのか?】


●音韻修復を活用できる


雑音や難聴で多少聞きづらくても、脳は、欠けている音声を修復してくれる。
つまり、音は耳だけで聞くものと思いがちだが、「音は脳で聞くもの」。

この、脳が、欠けた音を修復する働きを専門用語で「音韻修復」と呼ぶ。


●カクテルパーティー効果を活用

たくさんの人が雑談している、カクテルパーティーのような雑踏のなかでも、自己に興味のあるヒトの会話、自分の名前などは、自然と聞き取ることができる。

つまり興味があることを「脳が勝手に拾い上げて」くれる。

耳勉強で、同じ音声教材を何度聴いても、毎回気づきを感じる箇所が異なるのは、このため。(これは不思議です)


【音勉強法を利用した場合のメリットは?】


●耳勉強法を行うと言語能力(思考の基礎体力)があがる


 聴覚を活用する
  →リスニング能力が鍛えられる
  →リーディング能力が向上する
  →言語能力がレベルアップする

 言語能力の1つであるリスニング能力を鍛えることで、
 リーディング能力も上がる、ということ。

 さらに、
 話し方がうまくなる、文章がより早く読解できる、
 使える語彙力が増えて知的な話題がもてる、
 論理的な思考能力が向上する。


●耳勉強法は本との対話がしやすい


 本を読みながら、著者と頭の中で会話をした気になる
 目で読んでいると、会話をしにくい
 耳で聞きながらの場合は、考えを頭の中で展開しやすい


●速聴により時短モードで学習できる


耳には鍛えなければならない筋肉がない。誰でもすぐやれる。
耳は目よりも柔軟なので、耳勉強法は身につけやすい。


速読は無理でも速聴は誰でもやれる。
速読よりも早く習得できる。


速聴はマルチタスクでできる。
他の作業を行ないながら、聴くことは誰にでもできる。


【耳勉強のメリットや脳科学的なメカニズムとは?】


リーディングとリスニングで実際に脳の使われ方が違うので、
この勉強法で素晴らしいのは既存の勉強と対立しない点。
別の作業を行っている時などのすき間時間を有効に 活用できる。


脳には個性があり、目からの情報を使って勉強した方が適している人と、
耳からの情報を使って勉強した方が適している人がいる。

まあ、ダメモトで一度「やってみなはれ」ということです。


言語は、音声から学んだもの。文字は後から身につけたもの。
人類の進化からしても、耳からの方が先。


思考は主に言語・音声を用いて行われている。
読書中も、実は脳の中で言葉に変換して話している。


耳勉強法とは聴覚マネジメントである。


最後に、

耳は気軽に使うことができ、速聴も速読よりは敷居が低い。
でも、この方法は万人向けとは書かれていないし、そうだろうと思う。


目が疲れる時と同じで耳も疲れる。
目を休めるのと同じで耳休めも必要となる時がある。
人によっても状況は異なる。


しかし、気軽にできるので、まず試してみる。ここまではタダ!
自分にうまくマッチしたらラッキー!
残念ながら、ダメな場合は、各自に合った方法が良いでしょう。



◆勉強の基本を、著者が名付けたRIMOサイクル

1.情報源(RESOURCE)

2.情報の入力(INPUT)

3.情報の記憶(MEMORIZE)

4.情報・行動の出力(OUTPUT)

1の「R」と2の「I」に、耳からの情報入力を!というもの。


◆耳勉強法のテクニック

1.意識的音韻表象法

2.音韻表象イメージ法

3.音声合成法

4.無音法

5.音声再現法

6.速音読法

7.音楽スイッチ法


◆目次メモ

第1章 私たちは五感で勉強している

第2章 音で脳の個性を活かす

第3章 耳勉強法を始めよう

第4章 耳勉強法を実践しよう

第5章 著者がオススメするオーディオブック



■感謝!
人気ブログランキングへ


◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございました。



◆著者の履歴 上田 渉 (うえだ わたる)

株式会社オトバンク代表取締役社長。
1980年神奈川生まれ。東京大学経済学部経営学科中退。

在学中から複数のNPO(代表例は、かものはしプロジェクト)の立ち上げ・IT企業の経営を経て、2004年にオトバンクを創業し、現職。

私立名門中学に入学したが、挫折し落ちこぼれる。高校3年生の時には全国模試での偏差値が30、教師からも見放された。

が、音声を活用した勉強法を駆使し、2浪の後、東京大学に合格。緑内障で失明していた祖父の影響で、目の不自由な人のためにもなる仕事をやりたいと強く思うようになる。

自身が受験時代の勉強法として活用した音声学習をヒントに、あらゆるジャンルを取り扱うオーディオブック事業会社として、オトバンクを創業。

現在オトバンクは日本最大のオーディオブック事業者として拡大を続けている。


◆本日のオススメ! Amazonからのお買い上げはコチラ!


脳が良くなる耳勉強法

4887597207

関連商品
「ビジネス書」のトリセツ
4時間半熟睡法
会社を辞めずに年収を倍にする! ノーリスクな副業・起業・独立のためのパーフェクトガイド (講談社BIZ)
全脳思考
年収が10倍アップする!フィッシュボーンノート術
by G-Tools


では、また



posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 14:08| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳科学・脳トレ・脳本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック