2009年07月13日

一流になる力 ビジネスで勝ち残るための教科書 小宮 一慶

◆一流になる力 小宮一慶



 ビジネスで勝ち残るための教科書



◆一流以外はノーチャンス!ひらめき



変化の激しい時代だからこそ、ぶれない自分を持とう。


「一流以外はノーチャンス」になる時代のサバイバル戦略。
「一流になる力」さえ持てば、これからの厳しい時代にチャンス
をつかめます。難しくはありません。


大勢のビジネスパーソンと関わってきた著者が書いた、
「成功への一番の近道案内」。


ディスカヴァー携書の「養成講座シリーズ」が、
大ヒット中の経営コンサルタント・小宮一慶がたっぷりお教えします!


著者の「数字の立体化力」が学べる、特別付録
『統計数値からマクロ経済とビジネス環境を「読み解く」』
を収録!


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆本日のオススメ!


一流になる力 ビジネスで勝ち残るための教科書 (講談社BIZ)
一流になる力 ビジネスで勝ち残るための教科書 (講談社BIZ)
おすすめ平均
stars準備をしていますか?
stars為になると思う内容かどうかは人それぞれか
stars一人前と一流の違い
stars正しい考え方を持つ
stars準備しないものにはチャンスが訪れないという事が身にしみて感じられる本でした。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



◆著者の公式ブログはコチラ


>> 小宮コンサルタンツ

>> 小宮コンサルタンツブログ


◆著者の本はコチラ


>> あたりまえのことをバカになってちゃんとやる

>> ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)

>> どんな時代もサバイバルする会社の「社長力」養成講座 (ディスカヴァー携書)


◆パワーブロガーの書評はコチラ


>> 一流になる力|マインドマップ的読書感想文

  ↑ 内容充実!オススメ!

>> 一流になる力|「継続は力なり」を実践している書評


◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございます。



◆【続きを読む】で、気づきメモ、目次メモ、著者履歴が見れます!








続きは ↓

◆気付きメモ


あなたは会社の中でどのくらいのレベルにいるか?


一流、そこそこ、三流のどのレベルか? 
ほとんどは、そこそこの社員に属する
しかし、それは一人前の社員だが三流でもないことを意味する


経済の2極化が進むと、この中間層は確実に落ちこぼれていく


では、どうすればよいのか?


一流の社員になるために必要なものは「正しい考え方」である


経済的に厳しい時代となっているが、
本物のビジネスマン、価値のある人にとっては好機である


成功も失敗も考え方しだい、
つまり「正しい考え方」しだいである


では、成功する考え方とは何か?


Q:仕事の目的は何? 
 
 お金? 良い仕事?

 成功するのは後者の人、仕事ができる人にお金は結果としてついてくる

Q:誰のために仕事をしているのか?

 顧客のために仕事をしているか?自分のために仕事をしているのか?

 顧客のために頑張っている人、顧客第1の人は成功する


この根本に立ち返って考え、決断し、行動することが大切


正しい考え方を持って、知恵を絞ってサービスを提供する


知恵とは、顧客のためになり、自分のためになることを考えること


内容として、自己啓発的、実践的な内容が多い
また、個々の内容が簡潔にまとめられており、読みやすい


さらに、次のようなことを知りたい方は、ぜひ!

・資本主義の次はどんな時代がくるのか?

・この会社がだめだと思った時にどう行動すれば良いのか?



◆目次メモ


プロローグ <二極化>時代をあなたは勝ち残れるか?

第1部 一流になる力(1)環境を正しく読み解く

第1章 プロの時代

 経済危機が終わっても、日本は低成長が続く

 「誰でもできる仕事」はどんどん低賃金になる

 「床」と「天井」が消えて、二極化時代が始まった

第2部 一流になるちから(2)正しい考えを持つ

第2章 「考え方」が誤っていると成功しない

 理屈より「考え方」が大切

 優れた経営者の本から「考え方」を学ぶ

 私利私欲を捨てた人に、お金は集まる

第3章 会社と自分を正しく見極める

 アメリカの「解雇のルール」は理にかなっている

 二流の経営者の下に一流の部下は育たない

 部下が働かないとき、良い上司は自分で動いてみせる

第3部 一流になる力(3)正しく行動する

第4章 「一流」をめざして勉強する

 30代からはじめる「一流」をめざす勉強法

 仕事の「本質」はオン・ザ・ジョブだけではわからない 

 勉強したら、仮説と検証で仕事を深めていく

第5章 自立して生きる
 
 第1節 チャンスと準備

 第2節 コントロールする

 第3節 会社を支える

エピローグ 天職を見つけるために

特別付録 統計数値からマクロ経済とビジネス環境を「読み解く」


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者プロフィール(Discover)はコチラ


>> Discover - 小宮一慶さん



◆著者の履歴 小宮一慶 (こみや かずよし)


経営コンサルタント。株式会社小宮コンサルタンツ代表。
十数社の非常勤取締役や監査役も務める。

1957年大阪府堺市生まれ。81年京都大学法学部卒業後、東京銀行に入行。84年7月から2年間、米国ダートマス大学経営大学院に留学。

MBA取得。帰国後、同行で経営戦略情報システムやM&Aに携わったのち、岡本アソシエイツ取締役に転じ、国際コンサルティングにあたる。

その間の93年初夏には、カンボジアPKOに国際選挙監視員として参加。94年5月からは、日本福祉サービス(現セントケア)企画部長として在宅介護の問題に取り組む。

96年に小宮コンサルタンツを設立し、現在に至る。

主な著書はコチラ。

> ビジネスマンのための「発見力」

> ビジネスマンのための「数字力」

> ビジネスマンのための「解決力」

> ビジネスマンのための「読書力」

> どんな時代もサバイバルする会社の「社長力」

> 「1秒!」で財務諸表を読む方法

> 明日から「仕事ができる」と言われる新・目標達成法

> お金を知る技術 殖やす技術

> あたりまえのことをバカになってちゃんとやる


他多数。


◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございました。




◆本日のオススメ!


一流になる力 ビジネスで勝ち残るための教科書 (講談社BIZ)

一流になる力 ビジネスで勝ち残るための教科書 (講談社BIZ)
現金は24日におろせ! 日経新聞の数字がわかる本 「景気指標」から経済が見える 成功の法則92ヶ条 新版 新幹線から経済が見える (祥伝社黄金文庫) 「戦う組織」の作り方 (PHPビジネス新書)
by G-Tools


では、また。






posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 13:13| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術・整理法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック