2009年07月31日

日本でいちばん大切にしたい会社 坂本光司【動画あり】

◆日本でいちばん大切にしたい会社 坂本光司



◆なんと、泣けるビジネス書! ひらめき



なぜこの会社には、4000人もの学生が入社を希望するのか?
なぜこの会社は、48年間も増収増益を続けられたのか?
なぜこの会社の話を聞いて、人は涙を流すのか?


坂本教授が自ら、自分の足で調査した、6000社の中から
見出した「日本一」価値ある企業を、感動的な話しと共に紹介。


「30万部突破!読む人全員涙する」、というコピー。本当でした。
すみません。実は、私も読んで、泣いてしまいました。


「経営者とは本来、かくあるべし」を実例で紹介した本です。
皆さんも、手に取ってみてはいかがでしょうか。



人気ブログランキングへ ■感謝!


◆本日のオススメ! Amazonからのお買い上げはコチラ!


日本でいちばん大切にしたい会社
日本でいちばん大切にしたい会社
おすすめ平均
stars泣いちゃいました。
stars取上げられている会社はいいんだけど・・
stars経営者より若い人に読んで欲しい本です
stars理想論ではなく現実なのです
starsこの本に出会えて良かった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



◆著者の公式ブログはコチラ


>> 『日本でいちばん大切にしたい会社』公式ブログ

>> 法政大学院 政策創造研究科 坂本光司研究室


◆著者の本はコチラ


リピーターを呼ぶ感動サービス―実例・チョットいい気分になる接客と顧客対応
リピーターを呼ぶ感動サービス―実例・チョットいい気分になる接客と顧客対応
おすすめ平均
stars感想
stars本当のサービスとは
stars「たまたま客」を「わざわざ客」する秘訣

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この会社はなぜ快進撃が続くのか―10年以上高い成長を実現している22社の特徴
この会社はなぜ快進撃が続くのか―10年以上高い成長を実現している22社の特徴
おすすめ平均
starsユニークな企業の事例集
starsこの時代の快進撃企業の秘密を公開!!経営者必見

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



◆パワーブロガーの書評はコチラ


>> 日本でいちばん大切にしたい会社|新刊JP

 【オマケ】著者の坂本先生も出演の動画はコチラ >> 動画


>> 「日本でいちばん大切にしたい会社」著者 坂本光司先生にお話を聞きました ...


◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございます。


【続きを読む】で、気づきメモ、目次メモ、著者履歴が見れます!





続きは ↓

◆気付きメモ


「会社経営とは『5人に対する使命と責任』を果たすための活動」
であるとして、経営の目的は以下の5つだと主張しています。


その5人とは次の人々であり、優先順位はこの通りです。


 (1) 社員とその家族を幸せにする

 (2) 外注先・下請企業の社員を幸せにする

 (3) 顧客を幸せにする

 (4) 地域社会を幸せに、活性化させる

 (5) 株主を幸せにする


多くの経営書は、会社は株主のものである、と主張しています。
また「会社は誰のものか」という議論では「株主のもの」という
考えが支配的であり、
経営の目的も「顧客満足」とか「株主価値の最大化」など
ということが当然のようにいわれます。


しかし著者は「みんな勘違いしている」と叫んでいるのです。
会社は顧客のためのものでも、まして株主のためのものでもない、
というのです。


それは、こういう論理です。著者の強い思いが出ています。


 (1)社員が喜びを感じ、幸福になれて、
   初めて顧客に喜びを提供することができる。

 (2)顧客に喜びを提供できて、
   初めて収益が上がり、株主を幸福にすることができる。

 (3)だから株主の幸せは目的ではなく結果である。



やっぱりそうだという思いを抱かれた経営者、社員の方々が、
大勢いるのではないでしょうか。


リーツ・カールトンでも同じようなことが言われています。
会社に不満を持つ者が、どうしてお客様に感動を与えることが
できるのか、と。


逆に、悪いタイプとは他力本願で5つの言い訳をする企業。


 (1) 景気や政策が悪い

 (2) 業種・業態が悪い

 (3) 規模が小さい

 (4) ロケーションが悪い

 (5) 大企業・大型店が悪い


この5つの言い訳をする経営者は、必ずこう言う。

「そこにわが社の業績のあがらない最大原因がある。
 変わるべき・変えるべきなのは外部環境である。」


こういう経営者は、いつの時代も負のスパイラルに落ちていく。
少なくとも、この経営者が率いる組織を「大切にしたい」などと、
社員とその家族、下請企業の社員は決して思わないからである。


第2部で、そのことを実証するために、
厳選された「日本でいちばん大切にしたい会社」
がいくつか紹介しています。


各々に心を打つ、胸にしみる現実のストーリーがあります。
働くことの意味、会社という存在の意味を深く教えてくれる、
心に響く1冊だと思います。


下の目次メモに各社のリンク先を記載しました。
ぜひご覧ください。


◆目次メモ


第1部 会社は誰のために?

第2部 日本でいちばん大切にしたい会社たち

1.日本理化学工業株式会社(神奈川県川崎市)
  障害者の方々がほめられ、役立ち、必要とされる場をつくりたい

>> http://www.rikagaku.co.jp/profile/profile.htm

2.伊那食品工業株式会社(長野県伊那市)
  社員の幸せのための経営、戦わない経営を貫き、48年間増収増益

>> http://www.kantenpp.co.jp/corpinfo/index.html

3.中村ブレイス株式会社(島根県大田市)
  人を支える会社には、日本中から社員が集まり、世界中からお客様が訪ねてくる

>> http://www.nakamura-brace.co.jp/company/index.html


4.株式会社柳月(北海道河東郡音更町)
  地域に生き、人と人、心と心を、結ぶ経営を貫いていく

>> http://www.ryugetsu.co.jp/about/index.html


5.杉山フルーツ(静岡県富士市)
  あなたのお客でほんとうによかったと言われる、光り輝く果物店

>> http://sugikiyo.com/


コラムで紹介されている会社

(1)株式会社ファンケルスマイル
  重度の障害を持つ彼女だからこそ、わが社が採用しなければ

(2)ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
  75年間連続増収企業は、社員がハッピーなら会社もハッピー

(3)樹研工業株式会社
  3年間入院した社員にずっと給与・ボーナスを払い続けた

(4)キシ・エンジニアリング株式会社
  難病になった娘のためにリフト付車椅子を開発

(5)株式会社ホリックス
  骨そしょう症の高齢者のために人口関節を開発

(6)株式会社アールエフ
  子どもという弱者の視点で飲むカメラを開発

(7)柏屋
  心のやさしい子どもたちを育てるために、50年間詩集を発行

・南富士産業(三島市)
  従業員80名の会社に入社希望の若者が年間1万人集まる

・エリジオン(浜松市)
  従業員70名の会社に大卒・大学院卒の若者が年間4千人応募



人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の履歴 坂本 光司(さかもと こうじ)


福井県立大学教授・静岡文化芸術大学教授等を経て2008年4月より
法政大学大学院政策創造研究科(地域づくり大学院)教授および
法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科(MBA)客員教授。

他に、国、県、市町や商工会議所等団体の審議会や委員会の委員を多数兼務。専門は中小企業経営論・地域経済論・産業論。


◆著者プロフィール(SPYSEE)はコチラ


>> 坂本 光司 | あの人検索 スパイシー



◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございました。




◆本日のオススメ!


日本でいちばん大切にしたい会社

4860632486

関連商品
リピーターを呼ぶ感動サービス―実例・チョットいい気分になる接客と顧客対応
日本でいちばん大切にしたい会社 DVDブック
だれかに話したくなる小さな会社
大切な人に伝えたい 私の心に響いたサービス―リピーターを呼ぶ感動サービス〈2〉
リストラなしの「年輪経営」
by G-Tools

では、また。





posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:06| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 経営・経済・会計・人事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も読んで泣いてしまいました。

私の会社で、
続編の「日本でいちばん大切にしたい会社2」で紹介されている
沖縄教育出版さんの書籍を作ってます。
よかったら読んでみてください♪

http://www.kokorozashi.co.jp/
Posted by ゆうこ at 2010年02月02日 13:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック