2009年07月27日

「ぼうず丸もうけ」のカラクリ ショーエンK【プレゼント付き】

◆「ぼうず丸もうけ」のカラクリ ショーエンK



◆時給50万円! ホンマ? ひらめき



とにかく、笑って読める「ぼうず丸もうけのカラクリ」


「そろばん10段」「税理士」の資格をもつ、
「現役のお坊さん(住職)」が、
「お寺が絶対もうかるカラクリ」の内訳をここに明かす!


 ・「時給50万円」が、安心の即日、現金一括払い
 ・「お布施の値段」は、この不況でも上がり続ける
 ・「お酒やお肉」も、お付き合いならいただきます
 ・「お寺のサイドビジネス」は、感謝がお金に変身!
 ・「転勤・定年・リストラ・副業」いっさい関係ナシ
 ・最強の無税地帯、お寺を守る「10の結界」
 ・「1本3円のロウソク」が100円で売れていく


いにしえより伝わる謎の言葉「ぼうず丸もうけ」
今、この謎を解き明かすべく、ココに「お坊さん」が真実を語る!


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆本日のオススメ! Amazonからのお買い上げはコチラ!


「ぼうず丸もうけ」のカラクリ
「ぼうず丸もうけ」のカラクリ
おすすめ平均
starsいいなぁ〜ぼうさん
stars予想を超えるとは・・・ まさにこの一冊!
stars著者ならは記述で
starsちょっと言いたい
stars青年住職のオープンマインド

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



◆著者の公式ブログはコチラ


>> ショーエンKの「ぼうず丸もうけ」のカラクリ


★【期間限定】出版記念キャンペーンはコチラ


>> 絶対もらえるプレゼント【7/16〜8/16】


◆友人ブロガーの書評はコチラ


>> 「ぼうず丸もうけ」のカラクリ|日日是好日

>> ぼうず丸もうけのカラクリ|不定期ビジネスニュース〜速報版

>> ぼうず丸もうけのカラクリ|水戸市議会議員 川崎アツシDemezo'eye


◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございます。



◆【続きを読む】で、気づきメモ、目次メモ、著者履歴が見れます!








続きは ↓

◆気付きメモ


むかし、むかしから伝わる、謎の言葉「ぼうず丸儲け」。


今、この謎を解き明かすべく、ひとりの「お坊さん」が
ついに、業界の暴露本を出版しました。


「ぼうず丸儲け」だけに限らず、「お寺の中」は、
世の中と完全に隔絶され「秘密のベール」の中にある。


本当に、お坊さんというのは、そんなに「儲かる」のか?


人の死亡率は100%、誰にでも平等、かつ確実に死は訪れる。
人が生まれ続ける限り、お葬式の需要は消えないのである。


よって、お葬式の需要がある限り、
「坊主の存在」、つまり需要は消えない。


そして、坊主の存在が消えない限り、
そこには「お布ふ施せ(お寺)」も存在するのである。


この世界に、人には言いにくい儲けのカラクリがある。
お寺のお金の本当の秘密とはどういうことなのか。


「お坊さんはいらない」という社会的な声が出てきている今、
「この教えを信じなさい」と言ったところで聞いてもらえない。


だったらまず、お寺のこと、お坊さんのことをきちんと
「知ってもらう」ところから、ということで本書ができた。


お坊さんの視点から見た、ありのままの、現在のお寺の姿。
お布施にまつわるエピソードやそんなことまでばらしても
よいの、というところまで、「ヘー」連発、役立つ本です。


知らない世界を知るのは、いつでも楽しいものです。
特に、読みやすく、わかりやすければ、なおのこと。


amazonのカスタマーレビューのすべてが5という、
読みやすく、面白い、おすすめ度No.1の本。


これを読んで、むかしの映画「お葬式」を思い出した。
たしか、映画の中でも葬式の作法のビデオを見ていたような。


いざ、といった節目に、恥をかかないために。
さらに、素朴に、お坊さんの裏側を知るために。


皆さんも、ぜひ手にとって見てください。


◆目次メモ


第1章 お釈迦さまもびっくりする「この世の楽園」

第2章 「お金の極楽」はお寺にあり

第3章 お寺に隠された「秘密」

第4章 お坊さんも大変なんです...

第5章 お寺との「お付き合いの奥義」


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の履歴 ショーエンK(しょーえんけー)


大学では経営学を専攻。「ぼうず丸もうけは本当か?」の論文で卒業。

総本山での修行後は、父の他界により、24歳の「若き住職」に。
お寺の活動とともに「隠れボウズ」として会計事務所での勤務も。
「煩悩」あふれる俗世間での苦しみを味わう。

幼少のころからの訓練で身につけた「暗算10段」の計算力を活かし、
「税理士試験」にも合格する「税金」のスペシャリスト。

また、ビジネス書、仏教書など、年間300冊の読書を趣味とし、
「連載記事」の執筆や「ブログ」の更新にも力を注ぐ、
現代の「読み書きそろばん」の実践者。

「お葬式の暗いイメージ」のお寺を語るのではなく、
「明るく生きるための愉快な法話」を得意とする。

多くの現代人に心豊かな生活を送ってもらうために、
俗の視点から経典の内容を説くユニークな法話は、
全国各地で若い世代の人気を集めている。

公式ブログもオススメです。


◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございました。




◆本日のオススメ!


「ぼうず丸もうけ」のカラクリ

4478009406

関連商品
「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!
社長さん、会社を潰したくないなら、バカみたいに現金にこだわりなさい!
サービスは「かけ算」!
こころを動かすマーケティング―コカ・コーラのブランド価値はこうしてつくられる
「使えない部下」はチームを伸ばす
by G-Tools


では、また。








posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:40| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生論・教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック