2009年08月17日

ビジネスマンのための「発見力」養成講座 小宮一慶

◆ビジネスマンのための「発見力」養成講座 小宮一慶



◆あなた、本当に見えていますか? ひらめき



人は見ているつもりで見えてない。
なんと、こんなところにも「アハ体験」が!


セブン-イレブンのロゴで、最後の「n」だけが小文字なのを知っていましたか?


新幹線の自動改札で、乗車券と特急券がありますが、
入れた切符の上下順と、出てくる切符の上下順が、
同じか、変わるかを知っていますか?


発見力を磨くには、まず、自分には見えていないものがある、
分かっていないことがあるという意識はとっても大切です。


同じものを見ていても、同じことを聞いていても、
人によって、見えるものがこんなに違うのはなぜだろうか?
と思ったことはありませんか。


ああ、どうして、それにわたしも気づかなかったんだろう
と悔しく思ったこと、すごいなあとただただ感心してしまったこと
はありませんか?


「アハ体験」のように、教えてもらって初めて「へー」と知ったり、
見えたりすることが、身の回りにたくさんあったのです。


見え方の問題という以前に、そもそも、見える量がまったく違う
ような気がすると...。


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆本日のオススメ! Amazonからのお買い上げはコチラ!


ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
おすすめ平均
stars地道に勉強するのが唯一の方法
stars問題発見こそ問題解決の近道
stars「点も線にし面にすると見えてくる」(P111)
stars発見力を知る方法・・・
stars素晴らしい一冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



◆著者の公式ブログはコチラ


>> 経営コンサルティングのプロフェッショナル 小宮コンサルタンツ 


◆著者の本はコチラ どれも、売れています!

 
>> ビジネスマンのための「数字力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
数字を読むための7つの基本、5つの習慣、そして、陥りがちな罠と、豊富な実践例とともにお届けする本書は、読者が数字を自在に扱い、ビジネスに必須の把握力、発想力、推定力、目標達成力を身につけていくための、あくまでも実践の書なのである。

>> 一流になる力 ビジネスで勝ち残るための教科書 (講談社BIZ)
変化の激しい時代だからこそ、ぶれない自分を持とう。「一流以外はノーチャンス」になる時代のサバイバル戦略。大勢のビジネスパーソンと関わってきた著者が書いた「成功への一番の近道案内」です。

>> どんな時代もサバイバルする会社の「社長力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
お客様第一を徹底し、キャッシュフローを稼ぎ、それを人材や設備に投資し、さらに財務改善に使う、という経営の原理原則。今の厳しい時代にこそ変わらない経営の原則やコツをまとめる。

>> 「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本(東洋経済新報社)
「会社の数字」の基本がわかれば、経済現象や経営のカラクリが見えてくる。これだけは知っておきたい最低限のポイントをズバリ解説。

>> あたりまえのことをバカになってちゃんとやる(サンマーク出版)
Aはあたりまえのこと、Bはバカになること、Cはちゃんとやることの頭文字です。このABCを実践すれば、誰でも成功できます。


◆パワーブロガーの書評はコチラ


>> ビジネスマンのための「数字力」養成講座|俺と100冊の成功本

    ↑ 内容充実!


◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございます。


◆【続きを読む】で、気づきメモ、目次メモ、著者履歴が見れます!







続きは ↓

◆気付きメモ


セブンイレブンのロゴが「7-ELEVEn」「n」が小文字になっている。


みなさん知っていましたか? 私は、当然知りません。
さらに、理由はと聞かれても、ウッソーとしか答えれません。


それは、関心を持っていないからだそうです。
では、ローソンの看板に何か書かれているかわかりますか...。


そんな、意地悪な質問をされても、なげやりになるだけです。
ほかにもいくつかの事例が出てきますが「ヘー」連発です。


実は、「何万回見ても、見えない人には見えない」のです。


でも、しかし、それでも、何とか、どうしても、という人には。


関心を持てば、ものは見える。
仮説を立てれば、ものは完全に見える。



このような、いくつかの事例を用いて、
これまで見えなかったものを見るための、
「見える力」を養えるようになれるそうです。


具体的には、
関心を持つ→疑問を持つ→仮説を立てる→検証する。


この一連の流れを、著者の経験や身近な例とともに解説。


結構、面白いです。前半は特に、わかりやすく、おもしろい。


後半は、少し視点を変えて、見える範囲を拡張していきます。
経済の数字が見えてくるようになる話や、儲かっている会社
を一目で見分ける方法など。


週刊誌ネタのように、みんなに知っているかと自慢話しができる。
でも、薄く、手軽に読めるわりには、それなりに奥が深い話し。


この道を極めて見たい人は、ぜひチャレンジしてみてください。
そして、続編を出版してください。


◆目次メモ


はじめに 発見力=ものが見える力

第1章 見えているようで、何も見えていない

第2章 関心と仮説でものが見える

第3章 たとえば、こんなふうに見えてくる!

第4章 見える力を養う方法

第5章 ものが見える10の小さなヒント


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の履歴 小宮一慶(こみや かずよし)


経営コンサルタント。株式会社小宮コンサルタンツ代表。

明治大学大学院会計専門職研究科特任教授。
十数社の非常勤取締役や監査役も務める。

1957年、大阪府堺市生まれ。
81年に京都大学法学部卒業。東京銀行入行。
84年7月から2年間、米国ダートマス大学経営大学院に留学、MBA取得。

帰国後、同行で経営戦略情報システムやM&Aに携わったのち、
岡本アソシエイツ取締役に転じ、国際コンサルティングにあたる。

その間の93年初夏には、カンボジアPKOに国際監査員として参加。

94年5月からは、日本福祉サービス(現セントケア)企画部長として
在宅介護の問題に取り組む。

96年に小宮コンサルタンツを設立し、現在に至る。


主な著書は、次の通り。

★ビジネスマンシリーズ関連

ビジネスマンのための「数字力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
ビジネスマンのための「解決力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
ビジネスマンのための「読書力」養成講座 (ディスカヴァー携書)

★仕事力関連

どんな時代もサバイバルする会社の「社長力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
小宮一慶の実践! ビジネス思考力
なぜ、オンリーワンを目指してはいけないのか? 小宮 一慶
明日から「仕事ができる」と言われる新・目標達成法 (講談社BIZ) 小宮 一慶
あたりまえのことをバカになってちゃんとやる 小宮 一慶
成功する上司 小宮 一慶

★経済・会計関連

お金を知る技術 殖やす技術 「貯蓄から投資」にだまされるな (朝日新書)
会計と財務の本質 (実践!知の挑戦者に贈る究極のバイブルシリーズ―アカウンティング・ファイナンス編)

など。


◆著者プロフィール(SPYSEE)はコチラ (交友関係がわかる!)


>> 小宮一慶|あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]


◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございました。




◆本日のオススメ!


ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)

4887595824

関連商品
ビジネスマンのための「数字力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
ビジネスマンのための「解決力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
ビジネスマンのための「読書力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
by G-Tools


では、また。








posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 06:04| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術・整理法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック