2009年08月10日

「デキる人」の脳 本田直之(翻訳)

◆「デキる人」の脳 本田直之(翻訳)



◆すごい本が見つかった!(本田直之) ひらめき



なぜ、「デキる人」ほど余裕があるのか?
「脳のしくみ」を活かして、「今より10倍の結果」を出す本。


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆本日のオススメ!


「デキる人」の脳「デキる人」の脳
本田 直之

三笠書房 2009-07-07


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アマゾンの内容紹介から ↓

大ベストセラー「レバレッジ・シリーズ」の著者である本田直之が大絶賛、
全米ベストセラーを邦訳!

なぜ「デキる人」は、必死でがんばらなくても成功できるのか?
――その答えがこの本の中にあります。

ゴールに向かって「ポジティブ・アクション」を起こし、
「今より10倍の結果」を手に入れるための脳の活かし方を紹介します。

■少ない労力で収入を増やすための「しくみ」づくり
■脳の回路は三分間の「シンキング・タイム」で活性化させる!
■“メモ1枚”でマイナス思考が消える「頭の大そうじ」
■面倒くさがり屋でも成功できる!「脳の怠けグセ」解消

各章に訳者によるコラム『本田流「1の努力で10の結果を生み出す法」』つき。

この本を読めば、「今までの自己啓発書は何だったのか!?」というほどカンタンに、
夢が叶うようになります!



◆訳者の公式ブログはコチラ


>> レバレッジコンサルティング


◆最近の訳者の本はコチラ


面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則

by G-Tools

    面倒くさいことはほうっておくと雪だるま式に増えていく!
    そうならないために逆転の発想術、全55法則一挙公開!


なまけもののあなたがうまくいく57の法則なまけもののあなたがうまくいく57の法則

by G-Tools

    始められない、続けられない、だらだらしてしまう。
    そんなあなたが「やれたらいいな」を実現するためのほんの小さな57の工夫。


◆パワーブロガーの書評はコチラ


>> プラスの質問があなたを成功に導く!【書評】ノア・セント・ジョン(著)『「デキる人」の脳』|一流への道

「自己啓発書をたくさん読んだけど、うまくいかない」
「自己啓発セミナーに何度も参加したけれど、結果が出ない」

そんな人はこの本を読むべし。
あなたの成功のためのツールは間違っています。



◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございます。







人気ブログランキングへ ■応援!

続きは↓

◆気付きメモ


なぜ、ポジティブ・シンキングを行っているのに、
「なんで、うまく、いかへんのか?」
という「なぞ」に対する答えを提示してくれる。


いくら「プラス思考だー」「やるぞー」と叫んでも、
ダメなものはダメ! それは、なぜか?


実は、人間が意識して行う思考は、脳機能のたった10%のみ。
その他大部分の潜在意識、あるいは無意識の思考が、
脳機能のおよそ90%以上を占めており、これが足を引っ張る。


どういうことかというと、自分の意識だけなく、無意識まで、
思った色に染めないと、思うとおりにはいかない、ということ。


なので、アファメーションを唱えて「言い聞かせること」では、
たいして効力はない。そう簡単に潜在意識は変わらないのだ。


(潜在意識は、苫米地先生の本を読んだ方が良いかもしれない)


それどころか、何かの拍子に自尊心が傷ついたりすると、
成功したくても、無意識に「成功を拒絶してしまう」ようになる。


潜在意識の中に潜む不安が、知らず知らずのうちに、
自分の心のブレーキをかけるようになるからである。


それでは、再度、質問する。では、どうしたらよいのか?


私たちに必要なのは正しい思考パターンを「作る」ことであり、
強引に「ポジティブ・シンキング」によって「言い聞かせる」
ことではない。


ここが気づいてもらいたいポイント。


「考え方」を変えるには、
自分の頭の中で「自分への質問」を変えれば良いだけ。


それが本書で紹介されているアフォメーションである。
良い質問は、自分の潜在意識を揺り動かし、走り出す。


◆「プラスの思考回路づくり」のステップ

 @自分の望みを明確にする
 A望みがかなっていると仮定して自分に問いかける
 Bプラスの質問をして答えを待つ
 C前向きな仮定に基づいて行動する


脳は「質問されることを好む」という法則である。
これを最大限に利用しよう、というのである。


この、脳に対して疑問文を発することより、
自分の脳に考えさせ、プラスの答えを引き出す。


ポジティブな質問を投げかければ、
脳は自動的にあなたが今持っている『プラスの答え』
を導き出してくれる。


このアフォーメーションを毎日3分頭の中で繰り返すとよいらしい!


例えば、「私はとても豊かである」といくら繰り返しても、
現実がそうでなければなかなかその気になれない。


これを「なぜ、私はこんなに豊かなのだろう」と、
自分に問いかけることによって、潜在意識に働きかけ、
打開を図ろうというアイデアである。


まあ、ダメもとでトライしてみましょう。


◆人生の質問集(付録) これ以外にもたくさんあります。

なぜ私はこんなに豊かなんだろう

なぜ私はこんなに幸せなんだろう

なぜ私はこんなに満ち足りているんだろ

なぜ私は何でもうまくいくんだろう

なぜ成功に必要なものが、私の手元にはそろっているのだろう

なぜ私には好きなことをする前向きさがあるのだろう

なぜ私にはチャンスがこんなに簡単にめぐってくるのだろう

なぜ私はいろんなことがうまくいくのだろう



◆目次メモ


訳者のことば 成功する人の「脳のしくみ」が一冊でわかってしまう!――本田直之

1 三%の人だけが知っている「脳」と「心」の活かし方

 脳の中にある「やってみよう⇔やめてみよう」の法則
 「今のままでいい」という心のブレーキを外せ
 「方法」を学ぶより「習慣」を変えるのが出発点、など

2 ステップ1 頭のいい人が習慣にしている「脳を元気にする質問」

 脳はいつも「答え探し」をしている
 頭に「プラスの質問」をすることの効果
 「アフォーメーション」が脳に革命を起こす!、など

★ステップ1のアフォメーション・ベスト10
@なぜ私はこんなに豊かなのだろう
Aなぜ私はこんなに幸せなのだろう
Bなぜ私はこんなに満ち足りているのだろう
Cなぜ私は何でもうまくいくのだろう
Dなぜ成功のために必要なものが、私の手元には揃っているのだろう

Eなぜ私には好きなことをする前向きさがあるのだろう
Fなぜ私にはチャンスがこんなに簡単に巡ってくるのだろう
Gなぜ私はいろいろなことがうまくいくのだろう
Hなぜ私には十分な収入があるのだろう
Iなぜ私の成功が他の人の成功にもつながるのだろう


3 ステップ2 あなたを大きく成長させる「マインドの高い人々」

 自分を「小さく」見積もるな 
 自信がみるみるアップする「優しい鏡」の法則
 隠れた才能を引き出す「コーチ」をつくれ、など

★ステップ2のアフォメーション・ベスト5
@なぜ私はこんなに多くの「優しい鏡」に恵まれているのだろう
Aなぜ仕事でこんなに多くの「セーフヘブン」に恵まれているのだろう
Bなぜ私は他人の人にとっての「優しい鏡」であり、「セーフヘブン」になれるのだろう
Cなぜこんなに多くの素晴らしい人々が、私を支えてくれているのだろう
Dなぜ私の大切な人々が、私を魅力的だと思ってくれるのだろう


4 ステップ3 毎日をラクに、生産的に過ごす「5つのしくみ」

 収入、心、体にまで影響している「5つのしくみ」
 「時間がない」「お金がない」と言い訳する人の本音
 選択肢はこの3つ――「続けるか、やめるか、人に任せるか」、など

★ステップ3のアフォメーション・ベスト5
@なぜ私には多くの助けてくれる人がついているのだろう
Aなぜ私は重要な人々かた高く評価されるのだろう
Bなぜ私はエネルギーを効果的に使っているのだろう
Cなぜ私は大きな決断をするとき、直感的に耳を傾けるのだろう
Dなぜ私の生活はシンプルで、仕事は能率的に行われているのだろう


5 ステップ4 脳の力を高める「オフタイム」のつくり方・使い方

 ゴールに届かないのは「才能がないから」ではない
 脳の「電池切れ」を防ぐ方法
 1人で抱え込まず、人に任せてみる、など

★ステップ4のアフォメーション・ベスト5
@なぜ私は積極的にゴールフリータイムをつくるのだろうか
Aなぜ私は進んでエネルギーを補充するのだろうか
Bなぜ私は今望んでいることを目標にできるのだろうか
Cなぜ私は自分らしく行動し、望むものを手に入れることができるんおだろうか
Dなぜ私は自分の夢で切り拓こうとするのだろうか


6 ステップ5 人間関係のストレスを減らす「シンプルな考え方」

 なぜ「いい人」は成功できないのか
 あなたの「意識のパワー」を過去に向けるな
 「今、自分にできること」に集中する、など

★ステップ5のアフォメーション・ベスト5
@なぜ私は周囲の遠慮ばかりせず、自分の成功を優先できるのだろう
Aなぜ私は思い通りの人間として思い通りに行動し、望むものを手に入れようとするのだろう
Bなぜ私はこんなに幸せなんだろう
Cなぜ私は本当に幸せや富を手に入れるのを恐れないのだろう
Dなぜ私は心から成功を望むことができるのだろう


7 ステップ6 本当に大切なものを手に入れる「ノーと言える力」

 「きっぱり断る人」=「冷たい人」ではない
 自分にも「ノー」が言える人になれ
 お金の「マネジメント」がうまい人に学べ、など 

★ステップ6のアフォメーション・ベスト5
@なぜ私は頼みを断るとき、相手を納得させることができるのだろう
Aなぜ、みんなは私をリーダーとして見てくれるのだろう
Bなぜ私は嘘をちく必要がないのだろう
Cなぜ私は必要なものをすべて持っているのだろう
Dなぜ私は自信を持って目標を目指すことができるのだろう


8 ステップ7 デキる人が実践している「脳を熱中させる方法」

 あなたの「行動力」を全開にする秘策
 毎朝「ベストな1日」を想像してみる、など

★ステップ7のアフォメーション・ベスト5
@なぜ私は目的を持って生きていけるのだろう
Aなぜ私は目標に向けて順調に進んでいるのだろう
Bなぜ私は絶対にあきらめないのだろう
Cなぜ今日は最高の一日になるのだろう
Dなぜ私は成功への歩みを止めないのだろう


おわりに 今日から「思いどおりの人生」が始まる!


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の履歴 ノア・セント・ジョン(Noah St. John)


サクセス・クリニック・コム創設者でありCEO。
個人の成長と成功を約束するコーチ。

今までに40カ国以上35万人以上の人生に大きな影響を与え、
全米トップ企業の幹部から専業主婦まで幅広い顧客を持ち、
成功の手助けをした人々は数えきれない。

メディアへの露出も多く、CNN、FOXなどへのテレビ出演をはじめ、『ワシントン・ポスト』や『LAビジネス・ジャーナル』各紙でも特集が組まれている。

◆訳者の履歴 本田 直之(ほんだ なおゆき)


レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO。

シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営
に参画し、常務取締役としてJASDAQへの上場に導く。

各ビジネス誌で特集が組まれるなど、今もっとも注目されている
ビジネスパーソン。

現在は、日米のベンチャー企業への投資事業を行うと同時に、
少ない労力で多くの成果をあげるための
「レバレッジマネジメント」のアドバイスを行なう。

日本ファイナンシャルアカデミー取締役、
コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティング取締役、
米国Global Vision Technology社取締役を兼務。

東京、ハワイに拠点を構え、年の半分をハワイで生活するデ
ュアルライフを送っている。

著書に、

『レバレッジ・リーディング』
『レバレッジ・シンキング』(東洋経済新報社)
『レバレッジ勉強法』
『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』(大和書房)
『本田式サバイバル・キャリア術』 (幻冬舎)

などがある。

>> 【Amazon 本】


◆訳者プロフィール(SPYSEE)はコチラ (交友関係がわかる!)


>> 本田直之|あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]


◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございました。




◆本日のオススメ!


「デキる人」の脳
本田 直之

4837956998

関連商品
なまけもののあなたがうまくいく57の法則
自由な人生のつくり方
ビジネスパーソンのための家計簿―本田直之式アカウントブック
人の心は「色」で動く (知的生きかた文庫)
2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート
by G-Tools


では、また。








人気ブログランキングへ ■応援!
posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 16:16| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳科学・脳トレ・脳本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック