2009年09月04日

ビジネスマンのための「読書力」養成講座 小宮一慶

◆ビジネスマンのための「読書力」養成講座 小宮一慶



◆頭を良くする読書法とは?



しっかりと本を選び、読書し、頭を鍛え、そこで得た情報を、
確実にビジネスに活かす方法がこの1冊で手に入る。


たった90分で読書に投資する時間の価値を「∞」に引き上げる、
小宮流「できるビジネスマンのため」の読書法を大公開。


あなたは何のために読書をしていますか?
「目的」を持って読書をしていますか?
それを自分の仕事や人生に活かしていますか?


今や一大ブームとなっている速読やフォトリーディング。
しかし、速読では頭はよくなりません。


読書は、どれだけ速く、多くを読んだかよりも、
どれだけ深く、多くを得るかです。
「速さ」ではなく「目的」で読書法を使い分けるべきです。


皆さんの読書法は、いかがでしょうか?


◆本日のオススメ!


4887596596ビジネスマンのための「読書力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
ディスカヴァー・トゥエンティワン 2008-09-15

by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

本書が39冊目の著書となる著者は、高校1年のときまで、まったくの読書音痴だったという。ふとしたきっかけで、本が「読める」ようになった著者は、以後、経済学、会計等、多くのことを読書による「独学」でものにしていく。本書は、そんな著者が初めて公開する、論理的思考力を上げ、本質を理解するための読書の技術であると同時に、社会人のための、本による「勉強」の技術でもある。読書「量」とそれを可能にする速読のみがもてはやされる昨今、要するに、そこから何を得るのか?という「目的」にそった「質」にフォーカスした、ありそうでなかった読書法の本。


◆著者の公式ブログはコチラ


>> 小宮コンサルタンツBlog 


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆パワーブロガーの書評はコチラ


>> ビジネスマンのための「読書力」養成講座|366日のビジネス読書

とにかく論理的ですんなり読むことが出来る本でした。
巻末には小宮さんがオススメの本も紹介されているのですがコレがなかなか良いと思います。
入門書から専門書、ビッグタイトル、古典、から菜根譚のような人生の本まで、幅広いので読んでみたいと思える本に出会う可能性があります。
こういった一流の人が読んでいる本を真似して読むのも1つの近道なのではないでしょうか。



◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございます。





◆【続きを読む】で、気付きメモ、目次メモ、著者履歴などが見れます!




人気ブログランキングへ ■応援!

続きは ↓

◆気付きメモ


読む本と読み方次第で、頭はどんどんよくなります。
いくつかの専門分野なら、読書による独学さえも可能です。


では、頭をよくする読書法とは?


それは、本書で『熟読法』と呼んでいるやり方。
この方法は、専門分野でも、内容を理解できる本の読み方であり、
論理的な本の読み方である。


ポイントは、
(1)参照しながら読む
(2)イマジネーションを働かせながら読む


例えば、法律だったら、判例集や六法全書を参照しながら読む。
さらに、そのベースとなっている経済現象などに考えを巡らせながら、
イマジメーションを働かせ、関係づけながら読む。


これにより、
読書で頭をよくすることができる。
でも、どんな読書法をしようと、頭をよくする本としない本がある。
逆に、頭をよくする本でも、読書法が間違っていると、頭はよくならない。



では、よい本とはどんな本か?


よい本とは、それを読む過程自体で、知識や感動を与えてくれる
とともに、読み手の読書力を向上させる。


具体的には、その分野の第一人者と呼ばれる人たちの本を読む。
それはベースに深いレベルの論理的思考力を持った人が書いているから。
そういう方々の書かれた本を、こちらの倫理的思考力を高めながら
読み進めていく。


自ずと、情報を得る読み方と、
思考力レベルを上げる、つまり頭をよくする読み方とは根本的に異なる。


そうなると、読書の技術というのは、速さによって区別されるもの
ではなく、目的によって使い分けるべきものである。


読書をその目的に応じて、「小宮流目的別5つの読書法」に分類。
おすすめ本60冊を具体的に取り上げながら、丁寧に解説している。

◆小宮流目的別5つの読書法◆

1.速読
求める情報を探すために、要点を素早く把握するための読み方。

2.通読レベル1
最初から最後までふつうに読む読み方。

3.通読レベル2
最初から最後まで、論点を整理し、考えながら読んでいく読み方。

4.熟読
注や参考文献を参照しながら、きっちり理解するために読む読み方。

5.重読
生き方などに関する座右の書として、何度も繰り返し読む読み方。


この5つをマスターすることによって、あなたの読書時間は劇的に変化する、と説く。
難解だと思われがちなマネジメント本や会計本の読み方も分かり易く指南。


「できる人なら読んでいる」ピーター・ドラッガー、マックス・ウェーバーから松下幸之助、司馬遼太郎、菜根譚まで。


読書法別ビジネスマンのための必読書60冊付き。
(紹介本一覧は別ブログで列挙します)




◆目次メモ


1.速読
 速読では、頭はよくならない
 速読は知識を短時間で得るための読書、など
 
2.通読レベル1
 最初から最後まで読むのが通読
 仮説を持って読む
 経験を増やす
 時間をかけずに、よい本をどんどん読む、
 経営全般については一流の経営者の一般向けの本を、など

3.通読レベル2
 論理的思考力を高め、頭をよくする通読レベル2の読書法
 一流の学者の本で、経済の本質をつかむ
 仮説を持って、ピーター・ドラッカーを読み、経営の本質をつかむ
 成功したければ成功者に学べ
 戦争の戦略論から、ビジネスの戦略の本質を学ぶ、など

4.熟読
 これが、頭をよくする読書法
 きっちり理解するとはどういうことか?
 リファレンス本を参照しながら読む!
 必要なところだけ読む
 観念的な本より論理的な本が向く
 30時間で成果が出る
 その分野の第一人者が書いた入門書と専門書を往復する、など

5.重読
 人間としての成長を促す本は重読で
 百回以上は読んだ「菜根譚」と安岡先生の「論語の活学」、など 

6.読書力を高める八つのポイント
 いつどこで読むのか?
 用意するもの
 体調がよいときに読む
 毎日読む
 読書力を高める最速の方法とは?
 読書で、実務と理論をつなげる
 行き詰まったときにチャンス
 書く習慣を持つ

7.本書で紹介した小宮流読書法別ビジネスマンのための必読書60
 
あとがき


◆著者の『交友関係』(SPYSEE)はコチラ


>> 小宮一慶|あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の履歴 小宮 一慶 (こみや・かずよし)


経営コンサルタント。株式会社小宮コンサルタンツ代表。
十数社の非常勤取締役や監査役も務める。
1957年、大阪府堺市生まれ。81年に京都大学法学部卒業。
東京銀行に入行。84年7月から2年間、米国ダートマス大学経営大学院に留学。
MBA取得。帰国後、同行で経営戦略情報システムやM&Aに携わったのち、
岡本アソシエイツ取締役に転じ、国際コンサルティングにあたる。
その間の93年初夏には、カンボジアPKOに国際監査員として参加。 94年5月からは、日本福祉サービス(現セントケア)企画部長として在宅介護の問題に取り組む。
96年に小宮コンサルタンツを設立し、現在に至る。
主な著書に、『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』『ビジネスマンのための「数字力」養成講座』(ディスカヴァー)、
『「1秒!」で財務諸表を読む方法』『図解キャッシュフロー経営』(東洋経済新報社)、
『新幹線から経済が見える』『リーダーのための実践する経営』(実業之日本社)、『「会社を経営する」ということ』(PHP研究所)他多数。

印税寄付プログラム”Chabo!参加著者。


◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございました。




◆他のオススメ本はコチラ


日経新聞の数字がわかる本 「景気指標」から経済が見える
日経新聞の数字がわかる本 「景気指標」から経済が見える
日経BP社 2009-08-06
売り上げランキング : 34

おすすめ平均 star
star小宮流「数字力」「発見力」の真髄

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



◆本日のオススメ


4887596596ビジネスマンのための「読書力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
ディスカヴァー・トゥエンティワン 2008-09-15

by G-Tools


では、また。





人気ブログランキングへ ■応援!


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 06:22| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術・整理法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック