2009年10月10日

餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるのか? 林 總

◆餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるのか?



◆会計センスありますか?



経営における会計の使命は、会社の活動を「可視化」すること。

しかし、会計は「会社の実態を正確に映し出す鏡」ではありません。

実は、会計は「だまし絵」「かくし絵」のようなものなのです。

では、その解読方法とは? ヒントは本書に中に!


◆本日のオススメ!


447847088X餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?
ダイヤモンド社 2006-09-29

by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

「楽しく読める会計本」は最近、多く出ているが、その中でも特に経営者の視点を強調した1冊。小説仕立てで、父親の急逝でアパレル会社を継いだ社長令嬢が、コンサルタントから会計の手ほどきを受けて経営を再建。最後には自分を陥れようと古参社員がたくらんだ“数字のワナ”を見破る。(小野田鶴)


人気ブログランキングへ ■感謝!

◆著者の公式ブログはコチラ


>> 林 總の経営塾 


◆著者の『交友関係』(SPYSEE)はコチラ


>> 林 總|あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]


◆パワーブロガーの書評はコチラ


>> 餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?|二代目社長アドバイザー・リハル

●”経営”はつかみどころが難しい。

従って、多くの経営者は経営を概念的にとらえ、”正しい”とか”正しくない”とかの論理にも走りやすい。

その結果、”ひとりよがりの経営”に陥りやすい。

企業運営においては、その舵取りとなる”経営者”は少数でも、社員や株主あるいは取引先等のステークホルダーみなが”WIN−WIN”となる企業経営は存在する。

そのためにも、概念的にとらえがちな「経営」を、「客観的」にとらえ、経営者はもちろんステークホルダーもが”同じ指標”を持ち、”同一目標”に向けて進むことが、”皆が幸福な企業づくり”への第一歩である。

その指標となるのが”会計”である。



◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございます。





◆【続きを読む】で、気付きメモ、目次メモ、著者履歴などが見れます!




人気ブログランキングへ ■応援!

続きは ↓

◆出版社/著者からの内容紹介


本書は、ビジネスストーリーで学ぶ会計の入門書です。

<ストーリー>

中堅アパレルメーカー「ハンナ」のデザイナー由紀は、父の遺言により倒産寸前
の会社社長に就任した。

しかし、経営に何の興味もなければ経験もない由紀は、
途方に暮れてしまう。

さらに、メインバンクの文京銀行本駒込支店長高木から、
「1年経っても業績が改善しなければ融資を引き上げる」
と通告されてしまう。

由紀は会計のプロである安曇の指南を受けながら、
つぎつぎと襲いかかる困難に立ち向かう。

そして1年後、運命の日がやってきた・・・。


<本書の読みどころ>

本書は、会計についてほとんど知識のないビジネスパーソンでも、
ストーリーを読み進めるうちに、
自然に決算書の読み方やキャッシュフロー経営のしくみ、
経営に必要な会計センスが身に付くという内容になっています。

会計について知りたい人、会社数字に詳しくなりたい人、
経理部や経営企画部の人、広くビジネスパーソン全般に、
おすすめしたい1冊です。


◆著者からのコメント


経営と管理会計は表裏の関係にあります。
ちなみに管理会計とは、経営に必要な経営情報を提供するための会計のことです。

経営で重要なことは、利益ではなくキャッシュフローに目を向ける事。
それをわかっていただきたいために、小むずかしくならないよう、
ビジネスストーリーの形式で書いたのが本書です。

こうした本は、外国のものでは、
『ザ・ゴール』や『ザ・プロフィット』がありますが、
日本発のものは数が限られています。

また、内容的に経営や会計のプロ、あるいは本好きの主婦が
満足するにはほど遠いものばかりです。

どちらかといえば、堅くて面白みのない管理会計というものに、
どうしたら息吹を吹き込み血を通わせられるのか? 

それが私のテーマと考え、本書を執筆しました。
これからも、いろんなかたちでこのテーマに取り組んでいきたいと思っています。


◆目次メモ


突然の社長就任
会計はだまし絵、隠し絵だ
 ―会計の本質と損益計算書のしくみ
現金製造機の効率を上げよ
 ―バランスシートを理解する
大トロはなぜ儲からないか?
 ―キャッシュフロー経営とは何か
テストの見直しをしない子は成績が悪い
 ―経営計画と月次決算のPDCAサイクル
餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?
 ―利益構造と損益分岐点分析
シャネルはなぜ高い?
 ―見えない現金製造機とコーポレートブランド経営
整形美人にご用心
 ―粉飾決算の見破り方
殺風景な工場ほど儲かっている
 ―原価管理と活動基準原価計算
決断 進むか、退くか
 ―機会損失と意思決定
シャーロック・ホームズの目と行動力を持て!
 ―異常点に着眼し、原因を究明する
会計のトリックに騙されるな!
 ―逆粉飾を見破る
夢に向かって
 ―紀尾井町のフランスレストラン


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の履歴 林總(はやし・あつむ)


公認会計士、経営コンサルタント、LEC会計大学院教授。林總アソシエイツ代表取締役。

中央大学商学部会計科卒業。経営コンサルティング、一般会計および管理会計システムの設計・導入活動、講演活動などを行っている。

著書に『わかる!管理会計』ダイヤモンド社、『経営コンサルタントという仕事[改訂版]』ぺりかん社、『よくわかるキャッシュフロー経営』日本実業出版社、『やさしくわかるABC/ABM』日本実業出版社他多数。



◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございました。




◆他のオススメ本はコチラ


新版 わかる!管理会計―経営の意思決定に役立つ会計のしくみを学ぶ新版 わかる!管理会計―経営の意思決定に役立つ会計のしくみを学ぶ

ダイヤモンド社 2007-06-29

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



◆本日のオススメ


餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?

ダイヤモンド社 2006-09-29

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


では、また。





人気ブログランキングへ ■応援!



posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:02| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・経済・会計・人事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック