2009年10月16日

「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字<下> 山田真哉

◆食い逃げされてもバイトは雇うな、なんて大間違い



◆食い逃げの件、間違いなの?



数字に騙されない「考える力」を身につける。『さおだけ』完結編!

数字に騙されない。常識に惑わされない。

コンセプトは「数字のウソから、数字を学べ」。


◆本日のオススメ!


4334034373「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉 (光文社新書)
光文社 2008-02-15

by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

この本の目的は2つあります。ひとつ目は、数字が苦手な方が、「数字の裏側」を読めるようになること。数字は人を騙す凶器です。数字のウソを学ぶことで、数字に騙されない“考える力”を鍛えます。2つ目の目的は、「会計がわかればビジネスもわかる」といった会計に対する誤解を解くこと。ビジネスに「会計が必須の教養」であることが常識となりつつありますが、会計とビジネスでは世界が180度異なります。会計の限界を知らずに使っている人が、ビジネスに混乱を巻き起こしています。そこでこの本では、ふだん語られない“会計の本質”に光を当てます。なお、上巻を読まずに、下巻から読みはじめても大丈夫です。


人気ブログランキングへ ■感謝!

◆著者の公式ブログはコチラ


>> 公認会計士 山田真哉 工房 ~『女子大生会計士の事件簿』公式サイト~ 

>> 『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』100万部?日記


◆著者の『交友関係』(SPYSEE)はコチラ


>> 山田真哉|あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]


◆パワーブロガーの書評はコチラ


>> 「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い|活かす読書

かなり実験的な本でした。
著者の山田真哉さんの苦労のあとが見てとれます。

上巻のタイトルが『食い逃げされてもバイトは雇うな』であるのに対し、
下巻では『「バイトを雇うな」なんて大間違い』となっています。

このように、本書ではいったん主張したことを
あとから覆す展開を、何度かたどります。

それは、なぜか?

もっとスマートに書けば良いのに、とも思いますが、
それは山田さんに、本書の上下巻を通じて伝えたい
熱い想いがあったからです。

それは、「複数の視点を持つこと」

世の中の風潮として、物事を単純化して主張した方が
インパクトもあり、受入れられやすい傾向がありますが、
山田さんはその傾向に、自らも陥りやすいことを認めたうえで、
警鐘を鳴らします。

ですから本書では、上巻の考えではバイトを雇わないことが正解になり、
視点を変えると、バイトを雇うことが正解となることを示したかったのです。

本書は上下巻でタイトルを変えること以外にも、
女子大生会計士の物語をはさんだり、紙面の色や文字の大きさを変えるなど、
様々な工夫が施されていました。



◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございます。





◆【続きを読む】で、気付きメモ、目次メモ、著者履歴などが見れます!




人気ブログランキングへ ■応援!

続きは ↓

◆気づきメモ


事実だが、人の判断を惑わせる数字のことを著者は「禁じられた数字」と呼ぶ。
世の中にあふれている数字が、この禁じられた数字かどうかを判断することは難しい。
もっとタチが悪いのは「事実だけど正しくない」という数字。

数字の特徴として、文字であればしっかりと考えられるのに、
数字になったとたんに鵜呑みにしてしまう場合が多いということ。
つまり、禁じられた数字に騙されるのである。

では、どうすれば良いのか?

数字の誤った使い方を知ることで、数字の裏側を常に読むことを
テクニックとして習慣化し、数字のウソから数字の正しい姿を学ぶ。

おかしなビジネス常識を信じてはいけない。

禁じられた数字とは大きく4つの種類がある。
「作られた数字」
「関係ない数字」
「根拠のない数字」
「机上の数字」

これらはスポーツで言う奥の手というよりも禁じ手であり、
度が過ぎると、反則行為を堂々と行っているのと同じこと。

本書では、数字、会計、ビジネスの表と裏を踏まえたうえで、
どう判断すればよいのかを解説している。

つまり、何事にもオモテとウラがある。
それを理解した上で、妙手をひねり出すのが求められるのである。

各章の最後にまとめが1ページにまとめられており、
ポイントの整理に役立ちます。


★「費用対効果」をよく使う人にご用心(第3章)

(1)費用対効果が便利な理由
 @どんな場面でも、だいたいお金が関わる
 A費用対効果の「効果」はオールマイティ

(2)費用対効果
 前提がおかしいもの、効果の対象があいまいなもの
 → 使っている人の頭の中でしか成立しない「関係のない数字」
   「机上の数字」などの「禁じられた数字」が発生する

(3)会計人の思考
 いかに少ないお金で最大の効果をあげられるか
 → 効率化


*意見を求められた時に困ったら「費用対効果」ですね!
 便利でいかにも検討しているように聞こえるのがグッド!
 しかし、これを連発している人にはツッコミを!


★デキる人は「二分法」で話す(第3章)

(1)二分法の利点
 @論理的に見せる
 A複雑なものをシンプルに細分化できる


*二分法を使って話すと論理的に見える(デキる人に見える)
 二分法はものごとを「AかBか?」といった、
 シンプルでわかりやすいものにしてくれるので、
 考える際の手助けとなり、理解や判断もしやすくなる。


★ビジネスは「会計的な行動」と「非会計的な行動」から成り立つ

(1)会計的な行動
 低コストでいかに効率的に稼ぐかという行動
 → 経営が不安定になるという弊害が発生

(2)非会計的な行動
 経営を安定化させるために行われる、リスクを低下させる、
 非効率な(コストがかかる)行動

(3)食い逃げされてもバイトを雇うな
 → 会計の視点からしか見ていない短絡的な考え



◆目次メモ


◇はじめに 宝くじは有楽町で買うべきか否か

◇第1章 数字の達人は、特になにもしない――数字のウソ
    「禁じられた数字」4つのパターン
    禁じられた数字とは その1「作られた数字」
    少子化対策のトンデモ結論
    実はよくある「生き残りバイアス」
    禁じられた数字とは その2「関係のない数字」
    投資をはじめるなら250万円?
    思考停止させるテクニック
    禁じられた数字とは その3「根拠のない数字」
    経済効果のウソ
    禁じられた数字とは その4「机上の数字」
    求人広告のワナ
    中小企業の7割が危機ってホント?
    数字に対して、「特になにもしない」

◇第2章 天才CFOよりグラビアアイドルに学べ――計画信仰
    ケーススタディ@ 1億円を1週間で使い切れ!?
    私たちは計画のなかで生きている
    ビジネスの自由を奪う2つのもの
    予想はウソよ
    10ヶ月で会計士になった勉強法
    「計画」より「カード」の時代
    グラビアアイドルに学ぶ「カードの切り方」
    脱予算経営
    10年後の自分は知らない

◇第3章 「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い――効率化の失敗
    ケーススタディA 合理的に儲けようとする大学生
    ケチケチ会計士はなぜ結婚したのか?
    困ったときの切り札「費用対効果」
    費用対効果をよく使う人にご用心
    効率化コンサルタントの結末
    デキる人は二分法で話す
    ベテラン経理マン「3秒ジャッジ」の秘密
    会計と非会計
    「バイトは雇わない」は会計的な行動
    二分法しかなかったのか?

◇第4章 ビジネスは二者択一ではない――妙手を打て
    妙手を打て
    ライバル店から客を奪う
    人件費が3倍なんてありえないはずが……
    在庫の恐怖から逃れる
    インターネット書店に対抗する
    妙手はいたるところに
    ステークホルダー理論のあいまいさ
    フォードの歴史的妙手

◇終 章 会計は世界の1/2しか語れない――会計は科学
    会計は科学、ビジネスは非科学
    内部統制とビジネスのソリが合わない理由
    会計的な視点はいらない?
    「310億円のムダ遣い」で驚く人たち
    タイトルの意味は?

◇あとがき

人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の履歴 山田 真哉(やまだ・しんや)


1976年兵庫県神戸市生まれ。大阪大学文学部史学科卒業。公認会計士山田真哉事務所所長。

代表作『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』はミリオンセラーを達成し、会計本としての金字塔を打ち立てた。

会計ミステリー小説『女子大生会計士の事件簿』もシリーズ100万部を突破し、そのキャラクターは他の作品にもたびたび登場している。

著者の特徴であるたとえ話の多用や、主張した直後に自ら反論を加える論法は、中国の思想家・韓非子から学んだものである。

また、弱いが囲碁を愛好し、構想力を高めるのに役立てている。

公式サイト「山田真哉工房」。


◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございました。




◆他のオススメ本はコチラ


食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉 (光文社新書)
食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉 (光文社新書)
光文社 2007-04-17


おすすめ平均 star
starまたまた良いタイトルですね。
star数字にうまくなる
star数字の見せ方

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



◆本日のオススメ


「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉 (光文社新書)
「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い   禁じられた数字〈下〉 (光文社新書)
光文社 2008-02-15


おすすめ平均 star
star3作中最もよかった
starおもしろい。2時間で読めます。
star複眼的視点が素晴らしい本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



では、また。





人気ブログランキングへ ■応援!



posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・経済・会計・人事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック