2009年10月13日

なぜ、ビジネス書を読んでも「仕事ができる人」になれないのか? 夏川賀央

◆なぜ、ビジネス書を読んでも「仕事ができる人」になれないのか?



◆それは本当の勉強ですか?



ビジネス書を読み、セミナーに積極参加、でも結果が出ない方はいませんか?

結果より成果を求める勉強法!

勉強に対する認識を180度転換させる「勉強法」を紹介。


◆本日のオススメ!


475721619Xなぜ、ビジネス書を読んでも「仕事ができる人」になれないのか?―逆転発想で効率的に成果を上げる勉強術
アスペクト 2009-02

by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

忙しい時間を割いてビジネス書を読み、セミナーに出席し、積極的に勉強しているのに仕事で結果が出せないと思っている方は多いのではないでしょうか。そんなあなたには、まず「勉強」に対する認識を一八〇度転換してほしいのです。本書で紹介する「結果より成果を求める」勉強方法は一見、“非効率的”に見えるかもしれませんが、最終的には勉強の効率を“最も”高めます。ぜひ、楽しみながら「勉強して成長できる人」を目指してください。


人気ブログランキングへ ■感謝!

◆著者の公式ブログはコチラ


>> 夏川賀央の「デキる人」研究所 


◆著者の『交友関係』(SPYSEE)はコチラ


>> 夏川賀央|あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]


◆パワーブロガーの書評はコチラ


>> なぜ、ビジネス書を読んでも「仕事ができる人」になれないのか?―逆転発想で効率的に成果を上げる勉強術|MinamoBlog 〜ゲームと日常にトキメキを〜

タイトルと序文に惹かれて購入。

ようは「なんのために勉強するか」ではなく、

「勉強したことが何になるか」のほうがずっと大事なことである、ということ。

この部分は新たな視点でちょっと響くものがありました。

勉強するクセがついている場合は、確かにそれはひとつの考え方かも。

ただ、挑戦的な序文とは対照的に、具体的な勉強術が語られているところは割と平凡だった印象が……。

というか、「こういうこともこう考えれば勉強だ」という感じに、なんでも勉強に結びつけ過ぎてた気がします。

特に私の場合は、本を読むとかでもあまり「勉強してる!」という意識はないので、本書とは相性が悪かったのかも。



◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございます。





◆【続きを読む】で、気付きメモ、目次メモ、著者履歴などが見れます!




人気ブログランキングへ ■応援!

続きは ↓

◆気付きメモ


本書で提案するのは、目的達成型の勉強法ではなく、目的創造型の勉強法。

ということで、原則は次の通り。

◆勉強の成果を仕事の成果につなげる勉強術の原則

(1)将来のための勉強ではなく、いまの自分に活きる勉強をする

(2)勉強は、今の自分の興味やいまの自分がやりたいと思っている潜在的欲望に合わせて行う

(3)勉強は、どんな目標を達成したかという結果ではなく、勉強から
  自分がどういう成長を成し遂げたかという成果を見ていくべき。


◆発見する勉強術の原則

(1)自己中心のシフト
  → この仕事から何を学べるかを考える

(2)目標の上の目標をはっきりさせる
  → 自分の目標は何かを認識する

(3)脱線で経験値を増やす
  → 勉強は面白いと思った方向へ


◆吸収する勉強術の原則

(1)考える時間を作る
  → 忙しいの言い訳をしない

(2)WHYとHOWで思考を展開
  → なぜ?よりもどうすれば?

(3)自分を面白くするテーマ選び
  → 一つのテーマを自分の中で発展させる


◆成長する勉強術の原則

(1)仕事の成果を確認する
  → 誰でも一日ごとに確実に成長している

(2)自分の長所を積極的に拾う
  → 失敗も成果に変換する

(3)自分を広げるアイデアを
  → 得意なことで苦手なことをカバーする


◆逆転発想の勉強術の原則

(1)仕事=勉強=遊び、という発想で楽しみながら仕事も発展させていく

(2)遊びとは自分を成長させるものであり、勉強も塩とも同様

(3)毎日こうしたい、を勉強に結びつける


最後にまとめとして、自分が知らなかった、新しい世界のことを学んで、
そこから自分をワクワクさせる何かを成果として導き出しましょう。
そうすれば、ムダだと思っていたこともムダではなくなる、とのこと。


いろいろな著名人の著書を多数、参考文献としてあげており、
なんとなく、いきおいで、そうかなと思う人がいるかもしれません。

でも、どこか論理的ではない、論理の積み上げになっていて、
そこが、最後までひっかかりました。

例えて言うと、先輩風をふかした先輩から、納得できない考え方を
押し付けられているように感じでしょうか。


ちょっと、煮詰まってしまい、やる気が失せている人には、
ちょうど良い内容かもしれません。



◆目次メモ


第1章 勉強の成果が仕事の結果につながらない?

第2章 自分を成長させるための「ワクワクする勉強欲」を取り戻す

第3章 ステップ1「発見」―“ワクワクした瞬間に気づく”インプット術

第4章 ステップ2「吸収」―発見を“自分の思考”に結びつける

第5章 ステップ3「成長」―確実に「勉強」を「成果」にしていくアウトプット術

第6章 勉強して成果が上がる人と上がらない人


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の履歴 夏川賀央(ナツカワ・ガオ)


1968年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。

大手出版社などを経て独立。会社経営のかたわら、人材プロデューサーとして各分野の異才を発掘し多くのビジネスを仕掛け、成功させている。

◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございました。




◆他のオススメ本はコチラ


仕事ができる人は、仕事ができる人を真似ていく
仕事ができる人は、仕事ができる人を真似ていく
講談社 2009-05-26


おすすめ平均 star
starもっとも簡単な自己啓発は「真似をする」

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



◆本日のオススメ


なぜ、ビジネス書を読んでも「仕事ができる人」になれないのか?―逆転発想で効率的に成果を上げる勉強術
なぜ、ビジネス書を読んでも「仕事ができる人」になれないのか?―逆転発想で効率的に成果を上げる勉強術
アスペクト 2009-02


おすすめ平均 star
star仕事を楽しく
star考え方に共感

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


では、また。





人気ブログランキングへ ■応援!



posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術・整理法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック