2009年10月18日

美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか? 林 總

◆美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか? 



◆会計システム導入で、すべて解決と思っていませんか?



管理会計は、複式簿記をベースとしている。

その複式簿記の始まりは、なんと14世紀! ダ・ヴィンチの時代!

いまや、ERPシステムという名でIT化され、活躍中。

でも、魂の入っていないシステムだと...、本書でリアルな事例をご紹介。


*ERPシステム(Enterprise Resourse planning)

 ヒト、モノ、カネという経営資源を、企業全体で最適配分することで
 効率的な経営活動を行うことを実現するための情報基盤システム。


◆本日のオススメ!


4478003912美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?―できるビジネスパーソンになるための管理会計入門!
ダイヤモンド社 2008-02-01

by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』第2弾!
父の急死で、経営不振のアパレル会社「ハンナ」の社長に就任した由紀は、安曇教授のアドバイスで見事に会社の建て直しに成功する。5年後、ハンナでは、業務の効率化のためにコンピュータシステムを導入するが、トラブルの連続で現場は大混乱に。「このままでは会社が潰れてしまう」。由紀はふたたび安曇に助けを求める。


人気ブログランキングへ ■感謝!

◆著者の公式ブログはコチラ


>> 林 總の経営塾 


◆著者の『交友関係』(SPYSEE)はコチラ


>> 林 總|あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]


◆パワーブロガーの書評はコチラ


>> 美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?|活かす読書

「会社はどのようにして会計情報の仕組を構築すべきか?」

というテーマを考え、学ぶことになります。

本作のタイトルになっている「美容院と1,000円カットでは〜」は、
この物語の中の4回目のレクチャーで、安曇が由紀に投げかけた問いです。

もちろん、1,000円カットの方が儲かるという結論なんですが、
この問題に対し安曇は、“限界利益と施術時間の関係”と
“売上に直結しないムダ時間の多さ”の2点を由紀に解説しています。



◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございます。





◆【続きを読む】で、気付きメモ、目次メモ、著者履歴などが見れます!




人気ブログランキングへ ■応援!

続きは ↓

◆気付きメモ


システム化すると、何でも自動的にできる、と考えるヒトは多い。
しかし、そこに大きな落とし穴が潜んでいる。

理由は、手作業で行う仕事のやり方とシステムでやる仕事のやり方で、
作業のやり方と効率化するポイントが異なるためである。

最悪のパターンは、手作業での仕事のやり方を、そっくりそのまま、
システムで置き換えるパターンである。

これでは、ムダな作業がそのままシステム化されてしまう。


では、どうすればよいのか?


本来は、業務改善、業務の見直し、仕事に見直し、が先である。
従来の仕事を、どうすれば効率化できるのかを、徹底的に考える。
その上で、改善後の作業で、この部分はシステムに置き換えた方が、
より効率化できる、この順番が大事なのである。


繰り返すが、最初にシステム化するを決めてはならない。
業務改善がまず先あり、それを受けてのシステム化である。


世の中に、何とかシステムが流行っているから、わが社も導入。
これは、最悪のパターンである。


さらに、業務改善を先に、次にシステム化と進めても、
次の落とし穴が待っている。


現場の人達が、なぜシステムを使わないといけないのか、
また、システム操作に慣れていなくて面倒くさいから、
といった理由で、勝手に元の手作業に戻ることがよく起こる。


使うのは人間である。
最新システムを、誰でもスンナリと使いこなせるわけではない。
特に、新規開発の場合、助走期間を設けての操作慣れは必須である。


こういう、ITシステム導入のコンサル、サポートに携わっているのが、
ITコーディネーターである。


*ITコーディネータとは、経済産業省推進資格。

 経営とITの両面に精通したプロフェッショナルであり、
 経営者の立場に立って「真に経営に役立つIT投資」をサポート。


↑ ITコーディネータ協会 はコチラ

中小企業の方で、IT経営にご興味のある方は、ご参考にしてください。



★「鳥の目、虫の目、魚の目」で思考と決定を行う。

・鳥の目:高く、広く、おおづかみに全体を俯瞰する
・虫の目:細かな詳細をきちんと見る
・魚の目:流れの先がどこへ行くかを読む目
     変化や異常点に目と凝らして、ものを見る目

⇒ 経営者は、鳥の目、虫の目、魚の目を持たなくてはならない



◆目次メモ


プロローグ 動かないコンピュータの責任は誰に?
第1章 コンピュータは、なぜゴミ製造機になってしまったのか?―経営者には情報責任がある
第2章 経営者は鳥に、虫に、魚になれ―経営者が持つべき視点と情報
第3章 パリの町はなぜ美しいのか?―実現したい目的を最初に明らかにする
第4章 すべては20対80の法則に支配される―大事なことに集中する
第5章 美容院と1,000円カットでは、どちらが儲かるか?―限界利益と固定費の関係を知る
第6章 カーナビゲータは、手放せない―リアルタイム情報を実現する経営ダッシュボード
第7章 匂いは、元から断て―仕事のやり方を改善し、ムダを省く
第8章 足がしびれたままでは、立ち上がれない―2つの予算責任
第9章 シンプルなほど美しい―必要なものだけを残し、不要なものは捨てる
終章 祝杯


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の履歴 林總[ハヤシアツム]


公認会計士、税理士、LEC会計大学院教授(管理会計事例)、日本原価計算学会会員、株式会社林總アソシエイツ代表取締役。

1974年中央大学商学部会計科卒業。外資系会計事務所、監査法人勤務を経て独立。

経営コンサルティング、一般会計および管理会計システムの設計・導入活動、講演活動などを行っている

◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございました。




◆他のオススメ本はコチラ


つぶれない会社には「わけ」がある
つぶれない会社には「わけ」がある
角川学芸出版 2009-02-14


おすすめ平均 star
star社長と経理関係者には、必須の内容
starわかりやすい臨場感
star著者の信念を結晶化した逸書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆本日のオススメ


美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?―できるビジネスパーソンになるための管理会計入門!
美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?―できるビジネスパーソンになるための管理会計入門!
ダイヤモンド社 2008-02-01
売り上げランキング : 56661

おすすめ平均 star
starERPシステムの導入・活用がメインな管理会計の話
star管理会計の入門として
star今後の昇給について、予想できますか?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



では、また。





人気ブログランキングへ ■応援!



posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・経済・会計・人事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック