2010年01月02日

新・プラットフォーム思考―たった一人で組織を動かす 平野敦士カール

◆新・プラットフォーム思考



◆他人の力で“億”の成果を上げろ!



プラットフォーム思考とは、
「本体」というプラットホームを提供し、
そこにメーカーやユーザーに入ってきてもらうという考え方。

これを個人に当てはめると、勉強会の主催や合コンの幹事など。

他人の力を借りて、一人で組織を動かし、何倍もの効果をあげる。


いつもの「アライアンス」も詳細に解説。

自分が中心になって、周りを動かしていくリーダーが求められる時代に最適な一冊。

平易な文章とわかりやすい構成で、一気に読めます。


◆本日のオススメ!


たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考
たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考
朝日新聞出版 2009-12-18
売り上げランキング : 22

おすすめ平均 star
star人間力は一日にしてならず
starプラットフォーム戦略を個人に適用する
starフリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略の次に読むべき本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

oogle、楽天、ドコモ、任天堂…成功企業の社員が必ず備えているマネジメントとは?
“アライアンス”の達人が教える新時代の組織・チームづくりの秘訣。


人気ブログランキングへ ■感謝!

◆著者の公式ブログはコチラ


>> カールの新・プラットフォーム思考*アライアンスインサイト 


◆著者の『交友関係』(SPYSEE)はコチラ


>> 平野敦士カール|あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]


◆パワーブロガーの書評はコチラ


>> たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考@平野敦士カール|「継続は力なり」を実践している書評

アップ『半径3mからはじめる収入・キャリア10倍アップのアライアンス「自分成長」戦略 』などの
著書を出版本され、「おさいふケータイ」の生みの親とも言われる
平野敦士カール さんの新刊本で、これまた時代を先取りするようなキーワード
「新・プラットフォーム思考」


平野敦士カール さんといえば、何ていったって「アライアンス」
そう、自分ひとりが成功すればいいって考え方ではなくて
周りにいる人を、どんどんと巻き込んでいっていくやり方には
ビジネスをしていく上でも、重要な要素のひとつになるのではないでしょうか!?


この「プラットフォーム」という考え方は
私なんかには、とても新鮮に思えてくることもあるのですが
著書本の中にもあるように、ずいぶんと前からある考え方のようなんですね


かつては任天堂のファミコンしかり、楽天しかり
平野敦士カール さん自身も携わっていたiモード事業だって、
この「プラットフォーム」という
考え方を元に、大成功を収めた事業なんですって


恐れ多くも、この「新・プラットフォーム思考」は
これからのビジネスのスタンダードに
なるやもしれない叫び考え方なのではないかなぁ



◆平野敦士カールさんに、本ブログをご紹介頂きました 感謝!

>> 新刊に掲載のおすすめビジネス系メルマガ&ブログ 2009-12-14 10:13:21
>> http://ameblo.jp/mobilewallet/archive13-200912.html#main

私が毎日チェックするおすすめメルマガ&ブログのリストを掲載しています

勝手ながらこちらでご紹介させていただきます なおビジネス書系のものに限定しておりますので
ご了承ください(実際はもっとたくさん拝読しております^^)

この場を借りて御礼を申し上げます!

(中略)

読書を習慣に

    ビジネス本でバージョンアップ2.0




◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございます。





◆【続きを読む】で、気付きメモ、目次メモ、著者履歴などが見れます!




人気ブログランキングへ ■応援!

続きは ↓

◆内容紹介メモ


Google、楽天、ドコモ、任天堂など、成功企業の社員が実践する思考・仕事術とは?

他人の力で“億”の成果を上げる、新時代の組織・チームづくりの秘訣を、
「かかわる人すべてを味方にし、何倍もの効果をあげる」アライアンス的仕事術の
達人が徹底解説!

掲載した上司と部下をもつすべてのビジネスマン必携の書です。
かつて駿台一位をとった英語ノート・マスター法など、
さまざまな勉強の秘訣も合わせて紹介。



◆誰でもリーダーシップが身につけられる15の鉄則

【鉄則1】 若い人をひとりの人間として認め、リスペクトする
【鉄則2】まずはビジョン&ミッションを理解する
【鉄則3】ランチ雑談ヒアリングで、個々を把握する
【鉄則4】「自分の強み」を発見してもらう
【鉄則5】適材適所でプロを育てる
【鉄則6】放任と管理のバランスをとる
【鉄則7】3か月以内に、一目置かれる成功体験を作る
【鉄則8】小さな仕事をおろそかにさせない
【鉄則9】ベストプラクティスや情報、名刺を共有する
【鉄則10】ベストプラクティスを競い合う仕組みを取り入れる
【鉄則11】ほめてばかりいる必要はない
【鉄則12】仕事の最大の報酬は「仕事」。サラリーマン根性を捨てる
【鉄則13】苦手な上司や部下にこそ話しかける
【鉄則14】説得せず相談する
【鉄則15】自分だけの手柄にしないでまわりに感謝する



◆目次メモ


第1章 なぜいま新・プラットフォーム思考のリーダーが求められているのか?
第2章 「プラットフォーム」は億万長者のビジネスモデル
第3章 企業はなぜ中間管理職のリーダーを求めるのか?
第4章 誰でもリーダーシップが身につけられる15の鉄則
第5章 「プラットフォーム」を最大化する18のアライアンス術
第6章 時代を読むための知識が身につく「プラットフォーム」勉強法―経営・経済・英語はこう学ぶ


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の履歴 平野敦士カール[ヒラノアツシカール]


株式会社ネットストラテジー代表取締役社長、ハーバード・ビジネススクール招待講師、ビジネス・ブレークスルー大学院大学講師、CNETアルファブロガー。おサイフケータイのクレジット発案者(Mastermind)として世界的に著名であり、「ミスターおサイフケータイ」の異名もある。米国イリノイ州生まれ。麻布中学・高校を経て東京大学経済学部卒業。日本興業銀行にて国際業務・投資銀行業務のマネジャーを務める。1999年NTTドコモに転職、iモードの成長戦略プロジェクトのコアメンバーとなり、アライアンス担当部長としておサイフケータイ普及の責任者を務める。

◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございました。




◆他のオススメ本はコチラ


アライアンス「自分成長」戦略
アライアンス「自分成長」戦略
日本実業出版社 2009-04-09
売り上げランキング : 4564

おすすめ平均 star
star企業戦略まで学べてお得でした
star力まずにたゆみなく〜一つの実践法として役に立ちます〜
star自分にとって宝の本!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆本日のオススメ


たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考
たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考
朝日新聞出版 2009-12-18
売り上げランキング : 22

おすすめ平均 star
star人間力は一日にしてならず
starプラットフォーム戦略を個人に適用する
starフリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略の次に読むべき本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



では、また。





人気ブログランキングへ ■応援!



posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 能力開発・自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック