2010年01月13日

どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座 小宮一慶

◆「時間力」養成講座



◆大切なのは、アウトプットの質と量!



時間をコントロールできる人だけが、お金もコントロールできる!

これが、年収2千万円と五百万円の人の違いである。


では、どうするか?

(1)時間を把握する
(2)やることを自分で把握している
(3)メリハリを持つ

この三つができると、結果的に、
時間をコントロールしている、という感覚を持つことができる。


「時間をコントロールする力」が「時間力」である。


時間をコントロールできれようになれば、
すばらしいアウトプットを生むことができる。

すばらしいアウトプットを通じて、
実はお金をコントロールできるようになる。



◆本日のオススメ!


どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009-11-19
売り上げランキング : 3120

おすすめ平均 star
star考え方が大切。
star強いて言えば、著者が言う所の速読向けの1冊か?
star個々のノウハウよりも著者の仕事に対する意気込みに共感を覚える

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

経営コンサルタントとして、毎月、北海道から九州まで十数社の顧問先の経営会議等に出席するかたわら、年平均200カ所での講演、月に2回ほどのテレビ出演、さらには、月10本以上の連載と年に数冊の単行本の執筆、そして、毎年欠かさない家族との長い夏休みと、常人の5倍は仕事をこなす著者が、満を持して著した、究極の時間術。量ではなくて、質が肝心。あなたの単位時間当たりのアウトプットとインプットの質量を飛躍的に上げる90分。


人気ブログランキングへ ■感謝!

◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 経営コンサルティングのプロフェッショナル 小宮コンサルタンツ 


◆著者の『交友関係』(SPYSEE)はコチラ


>> 小宮一慶|あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]



◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座|活かす読書

小宮一慶さんの養成力講座シリーズ第6弾。

今回は「時間力」です。

ただし、時間そのものの効率的な使い方には
あまり多くのページが割かれていません。

むしろ本書の真のテーマは
「仕事力」と言ったほうがいでしょう。

例えば、1日の細切れ時間をいかに有効に使おうとも、
24時間以上を捻出することはできません。

あるいは、今まで1時間でやっていた仕事を
半分の時間で仕上げることは可能かもしれませんが、
ゼロにすることはできません。

いずれにせよ、効率やスピードのアップには
物理的な「上限」があります。

小宮さんが注目するのは「上限」がないもの。

それは仕事のアウトプットの「質」。

質を高めるには、限界がありませんから、
改善することで、最も影響が大きく現れます。

  「どれだけ働いているかではなく、どれだけアウトプットを出したか、
  それも質の高いアウトプットを出したかなのです。」



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。





◆【続きを読む】で、気付きメモ、目次メモ、著者履歴などが見れます!




人気ブログランキングへ ■応援!

続きは ↓

◆内容メモ


量ではなくて、質が肝心!

あなたの単位時間当たりのアウトプットとインプットの質量を飛躍的に上げる90分!


同じ時間をかけても、生み出すものの質量は大きく違う!
年収500万円と2000万円、時間の使い方の最大の違いは?
投入時間ではなくて、アウトプットの質と量が問われる
前向きの時間と後ろ向きの時間。
後ろ向きの時間を減らすには?
コントロールすべきは、時間ではなくて「やる気」
時間をコントロールできる人がお金もコントロールできる!
「重要度ー緊急度」に代わる画期的小宮式マトリクスとは!?
アウトプットとインプットの質量を高める技
時間力の最大の敵は?
インプットは記憶より理解で時間を節約
アウトプットはバリューとインパクトで生産性増大
正しい手帳の条件とは?
時間力を邪魔する最大の誘惑は、時間がありすぎること!
「スターの時間」を呼ぼう!

隙間時間の使い方とか上手なスケジュールの立て方とか、
目標管理の方法といった「時間の効率的な使い方」についての
本や研修は巷にあふれています。

けれども、いくら時間をうまく配分したところで、肝心の、
その時間を使って生み出すものの質と量が劣っているのだとしたら、
意味はないし、実際、投入時間に、アウトプットの質と量が比例するわけではない。

つまり、同じ時間をかけても人によって、あるいは、個人の中でも
そのときによって、アウトプットはまったく違う、
というのはどなたも経験していることでしょう。

だから、時間管理術というのは、結局、使えない……
これまでの時間管理術の本に、
こうした本質に至らぬもどかしさを感じている方がいるとしたら、
本書が、その漠然とした疑問に対する明快な答えを示します。

本書は、経営コンサルタントとして、
毎月、北海道から九州まで十数社の顧問先の経営会議等に出席するかたわら、
年平均200ヵ所での講演、月に2回ほどのテレビ出演、
さらには、月10本以上の連載と年に数冊の単行本の執筆、
そして、毎年欠かさない家族との長い夏休みと、常人の5倍は仕事をこなす──
それも、著者にあったことのある人ならよくご存じのように、
いつも明るくゆとりを持って──
著者が、満を持して著した、「時間の質」に注目した、究極の時間術です。



◆目次メモ


第1章 時間力を高める考え方
 やる気の高い時間を持つ
 後ろ向きの時間を減らす
 目的と目標を持つ
 スターの時間を呼ぼう!
第2章 インプット量を高めるための技
 「技」は時間の節約
 必要となりそうなことは、コンスタンスにインプットしておく
 フレームワークを勉強する
 読書力を高める
 人から情報収集
 インプットとリトリーブ時間を短くする
第3章 アウトプット力を高めるための技
 書く時間を短くする方法
 最大の成果を生む話し方
 話す、書く機会を増やす
第4章 時間力を阻害する七つの誘惑を実は大切なひとつのこと
 誘惑1:時間があること
 誘惑2:時間を決めないで残業をたくさんする
 誘惑3:簡単な仕事を速くこなして仕事ができると勘違いする
 誘惑4:適当に食える
 誘惑5:夜更かし、不摂生
 誘惑6:だれかが手伝ってくれるだろう甘えん坊症候群
 誘惑7:適当に仕事をする人をパートナーに選んでしまう
第5章 時間力を高める10のちょっとしたコツ
 コツ1:やるべきことを時間軸とともに正確に把握する
     空き時間を知る
     朝一番、週一番、月一番にToDoを書き込む
 コツ2:自分の事務処理能力を知る
 コツ3:自分の調子の良い時間帯をもっとも創造的な仕事にあてる
     いつも調子を高めておく
 コツ4:常にやるべきことをたくさん持っておく
 コツ5:なんでもかんでもやろうとしない
 コツ6:決まった時間に、毎日同じことをやれる時間を持つ
 コツ7:事前に準備をする
 コツ8:いつも少しだけ余裕を持つ
 コツ9:予備時間を持つ
 コツ10:正しい手帳を使う


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の履歴 氏名(ふりがな)


小宮 一慶 (こみや かずよし)

経営コンサルタント。株式会社小宮コンサルタンツ代表。
十数社の非常勤取締役や監査役も務める。
1957年、大阪府堺市生まれ。81年に京都大学法学部卒業。
東京銀行に入行。84年7月から2年間、米国ダートマス大学経営大学院に留学。
MBA取得。帰国後、同行で経営戦略情報システムやM&Aに携わったのち、
岡本アソシエイツ取締役に転じ、国際コンサルティングにあたる。

その間の93年初夏には、カンボジアPKOに国際監査員として参加。
94年5月からは、日本福祉サービス(現セントケア)企画部長として
在宅介護の問題に取り組む。

96年に小宮コンサルタンツを設立し、現在に至る。
主な著書に、
『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』
『ビジネスマンのための「数字力」養成講座』
『ビジネスマンのための「読書力」養成講座』
『どんな時代もサバイバルする会社の「社長力」養成講座』
(ディスカヴァー)、
『「1秒!」で財務諸表を読む方法』
『図解キャッシュフロー経営』
(東洋経済新報社)、
『「超具体化」コミュニケーション実践講座』
(プレジデント社)、
『お金を知る技術 殖やす技術』(朝日新聞出版)他多数。

印税寄付プログラム“Chabo!”参加著者。


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。




◆他のオススメ本はコチラ


小宮一慶の「深掘り」政経塾 ― 世の中がまるごとよくわかる、モノの見方、考え方
小宮一慶の「深掘り」政経塾 ― 世の中がまるごとよくわかる、モノの見方、考え方
プレジデント社 2009-12-10
売り上げランキング : 2990

おすすめ平均 star
star「疑う」「分けて考える」「つなげて考える」(本文から)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆本日のオススメ


どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
おすすめ平均
stars考え方が大切。
stars強いて言えば、著者が言う所の速読向けの1冊か?
stars個々のノウハウよりも著者の仕事に対する意気込みに共感を覚える
stars「スターの時間を呼ぼう!」本文P68
stars時間力=限られた時間の中でアウトプットの質と量を高めていくこと

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



では、また。





人気ブログランキングへ ■応援!



posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術・整理法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック