2010年01月12日

心理パラドクス / 365の法則 水野俊哉 (003)

◆絶対成功法則 【003】



恋人のご先祖様まで感謝する。



◆出典

誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則(気づき)誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則(気づき)
水野俊哉

きこ書房 2009-12-22
by G-Tools

>> 誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則(気づき) |ビジネス本でバージョンアップ2.0

>> 全210冊公開 誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則|ビジネス本でバージョンアップ2.0



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂き、ありがとうございます。



◆水野俊哉のオススメ参考本


心理パラドクス―錯覚から論理を学ぶ101問
心理パラドクス―錯覚から論理を学ぶ101問
二見書房 2004-10
売り上げランキング : 38549

おすすめ平均 star
star確かに論理的思考力が鍛えられる
star3部作完結編。物事の根底にある「論理学」に着目できる本
star論理パラドクスの姉妹本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


心-直観や錯覚-にまつわるパラドクス。それが本書のモチーフです。
哲学や科学の有名な諸問題をリンク付けて体系化した問題集という点では、前著「論理パラドクス」「論理サバイバル」と同じですが、視点というか、出題方法が異なっています。
パラドクスの解決を読者に直接求めた「論パラ」「論サバ」に対し、本書では、解決以前の「問題の成り立ち」をたびたび問いかけました。
つまり、各問題の表題になっている「心の会計簿」「パーキー効果」等々といった学術用語を知る人にとっては知識だけで解ける問題が大半ですが、そうした用語を知らなかった人は、頭を使いながらパラドクスを自ら構成する楽しみを味わえるでしょう。



◆目次はコチラ

第1章 ヒューリスティクス3部作―“みんな”はどう答えるか?
第2章 フレーミング3部作―“みんな”にどう問おうか?
第3章 常識vs論理の巻―罪、星巡り、掟。どこでどうズレたのだろう?
第4章 知らぬが仏の巻―予期と投機とゲームの理論
第5章 下手な鉄砲も数撃ちゃ進化論の巻―自然選択、観測選択、取捨選択
第6章 急がば確率の巻―偶然と必然と愕然と
第7章 論証を尽くして天命を待つ巻―憶説から仮説そして定説へ
第8章 天然情緒と人工知能の巻―心への3つの関門:脳/文化/対話
第9章 オメガ点の巻―無限に速く、無限に小さく、無限に確かに


◆著者はコチラ

三浦俊彦[ミウラトシヒコ]
1959年、長野県生まれ。小説家。東京大学文学部美学芸術学科卒業。89年、同大学院大学院比較文学比較文化専門課程修了。現在、和洋女子大学教授。研究分野は、分析哲学、形而上学。


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。

人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ






posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 11:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 法則・トリセツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック