2010年01月15日

囚人のジレンマ / 365の法則 水野俊哉 (006)

◆絶対成功法則 【006】



綺麗な場所には、人の心を明るくする効果がある。

理由もわからず、気分が落ち込んだり、イライラする時は、

部屋の窓を開けて、大掃除をしてみよう。



◆出典

誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則(気づき)誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則(気づき)
水野俊哉

きこ書房 2009-12-22
by G-Tools

>> 誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則(気づき) |ビジネス本でバージョンアップ2.0

>> 全210冊公開 誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則|ビジネス本でバージョンアップ2.0



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂き、ありがとうございます。



◆水野俊哉のオススメ参考本


囚人のジレンマ
囚人のジレンマ柴田 元幸/前山 佳朱彦

みすず書房 2007-05-24
売り上げランキング : 75141

おすすめ平均 star
starすいません私としては
starとにかく読んでみてください
star世界と対等であるには

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


戦争は、終わらない。父エディの謎を追って、ホブソン一家は最大のパラドクスに直面する
― 前作『舞踏会へ向かう三人の農夫』と同様に三つの物語が錯綜しながら展開する。
果たして最後に、物語のパズルのピースは納まるのか!?

2006年に最新作 The Echo Maker で全米図書賞を受賞し、いまや現代アメリカ文学を代表する作家リチャード・パワーズの感動の第二長編。待望の翻訳!



◆著者はコチラ

パワーズ,リチャード[パワーズ,リチャード][Powers,Richard]
1957年アメリカ合衆国イリノイ州エヴァンストンに生まれる。11歳から16歳までバンコクに住み、のちアメリカに戻ってイリノイ大学で物理学を学ぶが、やがて文転し、同大で修士号を取得。80年代末から90年代初頭オランダに住み、現在はイリノイ州在住。Three Farmers on Their Way to a Dance(1985、柴田元幸訳、みすず書房)で作家として出発。最新作The Echo Maker(2006)で全米図書賞受賞

柴田元幸[シバタモトユキ]
1954年東京都に生まれる。東京大学教授。専攻、現代文芸論。

前山佳朱彦[マエヤマカズヒコ]
1972年和歌山県に生まれる。翻訳家。東京大学大学院博士課程単位取得退学。専攻、現代アメリカ文学。


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。

人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ






posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 11:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 法則・トリセツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック