2010年02月03日

小宮一慶の「深掘り」政経塾 ― 世の中がまるごとよくわかる、モノの見方、考え方 

◆小宮一慶の「深掘り」政経塾



◆もう一歩先を読み、もう一段深堀せよ!



新聞を、ただ読んでいるだけでは、仮説力、論理的思考力は身につかない!

その仮説力、論理的思考を身につけるための3つのポイントを紹介!

@「疑う」ポイント
A「分けて考える」ポイント
B「つなげて考える」ポイント


ホントウなのかな?と疑い、多面的に分けて見る。

そして、時間軸や広がりを関連付け、最後につなげて考える。

本書の実例を通して、仮説力や分析力をアップできます。

まずは、18個の事例を元に、自分の深堀度レベルと比べてみましょう!



◆本日のオススメ!


小宮一慶の「深掘り」政経塾 ― 世の中がまるごとよくわかる、モノの見方、考え方
小宮一慶の「深掘り」政経塾 ― 世の中がまるごとよくわかる、モノの見方、考え方
プレジデント社 2009-12-10
売り上げランキング : 5780

おすすめ平均 star
starわかりやすい!腑に落ちる!ニュースや新聞の【虎の巻】!
star非常に読みにくい
star「疑う」「分けて考える」「つなげて考える」(本文から)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

景気、雇用、選挙、環境…社会の「本当」が見えてくる。


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 経営コンサルティングのプロフェッショナル 小宮コンサルタンツ 


◆著者の『交友関係』(SPYSEE)はコチラ


>> 小宮一慶|あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]


◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> 『小宮一慶の「深掘り」政経塾』|精神科医が読み解く、ビジネス・投資・自己成長のヒントになる本

本書は著者の目から眺めた政治、経済、教育など、日本の社会問題について掘り下げられています。今までは経済的な視点の本が多かったと思いますが、本書では政治的な内容についても言及されているのが著者の今までの本とは少し違う点です。

タイトルに「深堀り」とあるように、本書では意識的により深く分析されている書き方がされています。本書で述べられていることは、たとえば以下のようなものがあります。


* 景気が回復すると日本は大ダメージを受ける
* 税金は、消費税に統一すれば不公平感がなくなる
* 日本の食糧自給率はぜんぜん低くない
* 太陽電池が普及すると戦争が起こりやすくなる

本書は一読すると意外に思われることがよく書かれていますが、その意外に思われるところに深堀りが必要な部分があります。また本書では著者のやや厳しめな口調が感じられるところがあります。


◆最新の『書評サーチ』の結果はコチラ


>>  小宮一慶の「深掘り」政経塾|Googleブログ



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



◆【続きを読む】で、気付きメモ、目次メモ、著者履歴などが見れます!



人気ブログランキングへ ■応援!

続きは ↓

◆内容紹介メモ


2009年夏に政権党が変わって以来、
活発な政策論争が繰り広げられています。

しかし、ただメディアから情報をとっているだけでは
仮説力、論理的思考力は身につきません。

「もう一歩」「もう一段」掘り下げて考えるためには、
訓練が必要です。

本書は、政治経済の話題を
「疑う」「分けて考える」「つなげて考える」という
3つの「深掘りポイント」を埋め込みながら解説しています。

読みながら自分のアタマで考えることで、
世の中で起きているこの「本質」を捉えるための
モノの見方、考え方が身につきます。

たとえばこんな問題をとりあげます。

なぜだかわかりますか?

■最低賃金を上げる→百貨店に閑古鳥が鳴く
■景気が回復する→日本は大ダメージを受ける
■高速道路を無料化する→道州制が加速する
■太陽電池が普及する→戦争が起こりやすくなる
■監査法人の不祥事→監査法人がますます儲かる

本当にそうでしょうか?

■日本人の金融リテラシーは低い
■日本の食料自給率は低い
■介護、医療市場を活性化すれば内需が拡大する
■消費税に一本化すると低所得者に不利
■地球温暖化はすべての国にとって問題
■一人一票は当然の権利である



◆目次メモ


1 経済問題を深掘りする
 日本人は金融リテラシーが高いから「投資より貯金」する
 JALの行く末は、ダイエーのきた道を見よ
 なぜ規制緩和も規制強化もタクシー業界を救えないのか ほか

2 政治問題を深掘りする
 高速道路を無料にすると道州制が加速する
 一票の格差を是正するより、票数の格差をつけよ
 私が首相公選制を推す理由 ほか

3 教育、安全保障を深掘りする
 日本の食料自給率はぜんぜん低くない
 大学進学率五〇%の時代に大学を半減させるという考え方
 「憲法九条を維持しながら仮想敵国を爆撃すること」はできるか ほか


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の履歴 氏名(ふりがな)


小宮一慶[コミヤカズヨシ]
経営コンサルタント。1957年、大阪府生まれ。
京都大学法学部卒業後、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。
86年、アメリカのダートマス大学エイモスタック経営大学院にてMBA取得。
帰国後、経営戦略情報システム、M&A業務に携わったのち、
岡本アソシエイツ、日本福祉サービス(現セントケア)を経て、
96年、小宮コンサルタンツを設立。
2005年4月〜2009年3月、明治大学大学院会計専門職研究科特任教授。


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。




◆他のオススメ本はコチラ


決算書速習教室
決算書速習教室蒼田山

PHP研究所 2010-01-16
売り上げランキング : 367


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



◆本日のオススメ


小宮一慶の「深掘り」政経塾 ― 世の中がまるごとよくわかる、モノの見方、考え方
小宮一慶の「深掘り」政経塾 ― 世の中がまるごとよくわかる、モノの見方、考え方
プレジデント社 2009-12-10
売り上げランキング : 5780

おすすめ平均 star
starわかりやすい!腑に落ちる!ニュースや新聞の【虎の巻】!
star非常に読みにくい
star「疑う」「分けて考える」「つなげて考える」(本文から)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


では、また。



人気ブログランキングへ ■応援!


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・経済・会計・人事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック