2010年02月12日

人生百年 私の工夫 日野原重明

◆人生百年 私の工夫



◆60歳の人が100歳まで生きるためのヒント集!



今や、「人生百年」の時代。

長い時間を充実して過ごす知恵「人生百年の計」が必要になってくる。

60歳で現役の人生が終わるのではなく、この年齢を超えた後半の人生こそ、

自分が自由にデザインできる希望のある人生があります。

本書を手にとって、「自分の人生の計」を考えてみてはいかがでしょうか。


*本書は、日野原さん(1911生)が、91歳時の著作です(スゴイ!)



以下、抜粋です。(どのコトバにも、日野原のパワーを感じます)


人生の折り返し「地点」を考える

老いは、生き方の選択が自由になるチャンス

「いつかはああなりたい」と憧れる”生きた教科書=モデル”を探そう

現代は、先を急がず「八十歳にして天命を知る」時代

肩書きを失うことで、新しく得られるものもたくさんある

若いころ好きだったことを、もう一度再開してみるのもいい

ボランティア活動に専念できるのも、老いの特権


死を意識してこそ、充実した老いの人生計画を立てられる

”歩け歩け”が、ストレスに勝つ最善の手

若い友人をつくることで”二倍の人生”が生きられる

六十歳からは、体の使いすぎよりも”使わなすぎ”の心配を

病気とのつき合い方は「恐れすぎず」「あなどらず」

自分の体の限界を知り、「疲労の定期貯金」に注意する

自分の気の持ちようで、補聴器はイヤリングにもなる

(本書のウラ表紙より)




◆本日のオススメ!


人生百年 私の工夫
人生百年 私の工夫
幻冬舎 2002-06
売り上げランキング : 568706

おすすめ平均 star
star60才からこそ、第二の人生!100歳まで夢を大きく持って計画して生きよう!
star後悔したことを、先取りしてみたら?
star今を一生懸命に

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

クヨクヨしたときは、とにかく歩く。
その週にためた疲れは、その週のうちにとる。
静かな自然の中より、ストレスの多い都会に住む等々、
90歳現役医師「生き方上手」が贈る、しあわせの処方箋。


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> ドクター日野原オンライン 


◆著者の『交友関係』(SPYSEE)はコチラ


>> 日野原重明|あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]


◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> 「人生百年私の工夫」日野原重明|【本ナビ】一日一冊読書感想集


●「年寄りのシワとシワの間には、理屈ではない宝石のような"経験"がはさまっている」
と言いますが、90歳現役医師日野原さんの経験にもとづく知恵はたいしたものです。


●六十歳以上のかたを対象にした本ですが、しっかり人生の成功法則が入っています。
両親に読んでもらいたい本ですね。(上のリンクから買ってね!)


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・自分の二十年先のモデルを探すのです。・・・人生で目指すゴールは、
いくら書物などを読んでも、本の中にはありません。こうした人と出会い、
リアリティに触れることによって、より現実に近づくのです。(p58)

<昔の人をモデルにしたら本を読むしかないのですが、
やはり本では限界があるようです。
本も読みつつ、実際の人間との出会いにお金をかける段階に入ってきたような気がします>


◆最新の『書評サーチ』の結果はコチラ


>> 人生百年 私の工夫 |Googleブログ



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。


◆【続きを読む】で、気付きメモ、目次メモ、著者履歴などが見れます!


人気ブログランキングへ ■応援!


続きは ↓

◆内容紹介メモ


60歳からは新しい人生が始まる。

仕事や子育てに忙殺される人生は終わり、

自分の生き方を選べる自由を初めて得られる。

長年、医療の現場で得てきた智恵が満載の、

生き方上手へのヒント集。



◆目次メモ


1 長く、豊かな「人生の午後の時間」が始まる
   つねに、上り坂をのぼっている気持ちで
   自分で自分を育てていく季節
   六十歳は老年期ではない。老年への準備が始まる
   「中年期」にあたる
   人生の「折り返し地点」を考える

2 年とともに、自分の人生を自由にデザインできる人
   老いは、生き方の選択が自由になるチャンス
   老いを充実して生きるには、「子離れ」がだいじ
   ”戦艦”の乗組員から”ボート”の船長になる
   残り三十年の毎日を充実させるための「人生の羅針盤」
   「いつかはああなりたい」と憧れる”生きた教科書=
   モデル”を探そう
   サークルやボランティア、クラス会には積極的に参加する
   ”モデル”になりそうな人を見つけたら、積極的に声を
   掛けてみる
   私の”モデル”オスラー博士との出会い、そして私が
   実践したこと
   目標にする人は作家でも、歴史上の人物でもかまわない

3 生きるということはアートである
   六十歳からこそ、二十年、三十年先の夢を目標にして
   生きる
   現代は、先を急がず「八十歳にして天命を知る」時代
   肩書きを失うことで、新しく得られるものもたくさんある
   新しいことを創められる人は、いくつになっても老いることがない

4 ライフワークを持つことが若さの秘訣
   新しい習慣作りが「新しい発想」「新しい緊張」を生み出す
   好奇心を持ち続けられれば、余生を惰性で生きることはない
   ”六十の手習い”は、あえていままで敬遠していたことに挑戦したい
   若いころ好きだったことを、もう一度再開してみるのもいい
   六十歳からの人生を豊かにする”投資”のすすめ
   第一線ではないからできる「給料」より「生きがい」の仕事選び
   柔らか頭で探せば、やりがいのある職場もたくさんある
   知識や経験を伝えるのは、人生の先輩のだいじな仕事の一つ
   ボランティア活動に専念できるのも、老いの特権
   歳をとるにつれて、「ライフワーク」もしぜんに成長する
   「死」を意識してこそ、充実した老いの人生計画も立てられる
   「どう死ぬか」を考えるのは、「どう生きるか」を考えること

5 ストレスを楽しみ、活かすことで脳も若返る
   中年期以降の生活に必要な、”新鮮なストレス”とは
   ストレスのある環境づくりが、後半の人生にハリをもたせる
   ”歩け歩け”が、ストレスに勝つ最善の手
   シルバーライフの”いい環境”づくりは、”いい友”つくりから
   若い友人をつくることで、”二倍の人生”が生きられる
   若者の”エキス”が吸収できる、マンガ本の効用
   家の間口をちょっと広げるだけで、人間関係の間口はどんどん広がる
   六十歳からは、体の使いすぎよりも”使わなすぎ”の心配を
   物覚えが悪くなったのを、歳のせいにしていませんか

6 人生後半の健康づくりは「怠けず」「慌てず」「油断せず」
   病気とのつき合い方は、「恐れすぎず」「あなどらず」
   体を”いたわる”ことと”甘やかす”こととはちがう
   自分の体の限界を知り、「疲労の定期貯金」に注意する
   自分の気の持ちようで、補聴器はイヤリングにもなる
   毎日の自己流健康チェック法が、病気に先手を打つ秘訣
   年に一度行われる「人間ドッグ同窓会」の効用
   六十歳を過ぎたら、近所に”ホームドクター”を
   医師は肩書きではなく、「どれだけ時間を割いてくれるか」で選ぶ


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の履歴 氏名(ふりがな)


日野原重明[ヒノハラシゲアキ]
1911年山口県生まれ。
京都帝国大学医学部卒業。現在、聖路加国際病院理事長・同名誉院長、
聖路加看護大学理事長・同名誉学長。99年文化功労者。
早くから、血圧の自己測定運動など地域の健康運動、ターミナルケアの普及、
医学教育・看護教育などに力を尽くしてきた。
また、成人病は悪い習慣によってつくられるものであるということから、
「習慣病」という呼び方を提唱し、健診による二次予防よりも、
よい習慣づくりで病気を予防することが大事と呼びかけてきた。


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。




◆他のオススメ本はコチラ


いのちの絆―ストレスに負けない日野原流生き方
いのちの絆―ストレスに負けない日野原流生き方
ダイヤモンド社 2009-08-28
売り上げランキング : 25016

おすすめ平均 star
star生きる知恵を語る!
star心を懐
star大切ないのちの事がぎっしりこの本とCDに詰まっています

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆本日のオススメ


人生百年 私の工夫
人生百年 私の工夫
幻冬舎 2002-06
売り上げランキング : 568706

おすすめ平均 star
star60才からこそ、第二の人生!100歳まで夢を大きく持って計画して生きよう!
star後悔したことを、先取りしてみたら?
star今を一生懸命に

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


では、また。



人気ブログランキングへ ■応援!


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法・気功・太極拳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック