2010年03月19日

対話で心をケアするスペシャリスト精神対話士の ほめる言葉 財団法人メンタルケア協会

対話で心をケアするスペシャリスト精神対話士の


◆ほめる言葉


◆「ほめる」ことは相手の存在を認めること!



生き生きとさせること。
やる気を引き出し、信頼を築く“ほめる”言葉。
ほめ上手185の表現をご紹介!


ちなみに、精神対話士とは、、
認知症を患っている高齢者、うつ病で苦しむ主婦、
イジメが原因で登校拒否となった少年などの対応をするのが仕事。


その対応している方々の誰もに、共通して言えることは、
「自分のことをわかってほしい」と思っていること。
そして、その人なりに「必死で毎日を生きている」ということ。


精神対話士の仕事は、
一生懸命に生きている相手のことを理解しようとすることから始まる。


存在を認め、気持ちに寄り添い、共感の言葉を相手に贈ることで、
すべての人間関係の築きを始めるのです。


この精神対話士の方々が、経験から学んだ「ほめ言葉」の数々が、
本書には詰まっています。


★人間関係は「暖かいひと言」があれば変えられる!



◆本日のオススメ!


対話で心をケアするスペシャリスト精神対話士の ほめる言葉
対話で心をケアするスペシャリスト精神対話士の ほめる言葉財団法人メンタルケア協会

宝島社 2008-03-22
売り上げランキング : 67267

おすすめ平均 star
star相手の存在を認めるための...

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

人の欠点やアラは見ようとしなくても自然に目についてくる。
自分のことは棚に上げて、他人に厳しい―これが凡人の常。
だから、相手を「ほめよう」と意職しないと、ほめにくい。

では、どうしたらほめ上手になれるか

“Stand By You”
―すなわち、「わたしはあなたのそばにいます」
「いつも応援しています」という気持ちが「ほめる」基本。

いつも相手を見てあいさつを投げかける、
話しかけられたら気持ちよく応える。

こういう精神の働きがあれば、
相手の長所やいい仕事ぶりが自然に目について、
「ほめる」ことが自然にできてくる。

「何をほめるか」「どうほめるか」 ―相手により、ケースにより、
さまざまなバリエーションで「ほめ言葉」と「ほめワザ」を網羅。


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 財団法人メンタルケア協会 < トップページ 


◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> 対話で心をケアするスペシャリスト精神対話士の ほめる言葉(メンタルケア協会)評判掲示板〜レビュー、感想、書評、口コミなど紹介|人気評判ランキング

●まわりを見る

誰もが必死に毎日を生きているということです。

一生懸命に生きているからこそ。

悩んだり苦しんだりするのでしょう。

(対話で心をケアするスペシャリスト精神対話士の ほめる言葉)

自分だけが一生懸命に

生きているわけではありません

みんな同じです。

自分だけを見ようとせずに

まわりを見てみましょう。

あなたは自分だけを見ていませんか?


◆最新の『書評サーチ』の結果一覧はコチラ


>> 対話で心をケアするスペシャリスト精神対話士の ほめる言葉 |Googleブログ



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。


◆【続きを読む】で、気付きメモ、目次メモ、著者履歴などが見れます!


人気ブログランキングへ ■応援!


続きは ↓

◆内容メモ


多くの企業や教育において、
「叱る」のではなく「ほめる」ことによってモチベーションを高める、
やる気を引き出すコミュニケーションが求められています。

しかし実際には〈ほめるノウハウ〉を持たない人が大半です。

そこで心の病を抱える人やひきこもり、末期がん患者など、
前向きに生きる希望を失いかけた人々の精神的ケアに従事し、
生きるモチベーションを引き出す究極の技術を持つスペシャリスト
「精神対話士」の対話術に、具体的なスキルを学びます。

人をほめる 5つのパターンでまとめた100の「ほめ言葉」を、
実践例とともに紹介します。



◆目次メモ


第1章 相手の存在を認める「ほめ言葉」
    〜『相手の存在を認めることからすべてがはじまる』

「あなたの気持ちは〜ですね」まず感情を共有する
「○○さん、こんにちわ」挨拶は相手の存在を認めているというサイン
「最近、どう?」頻繁に声をかけることで新密度が増す
「今日はいい天気だね」視線やしぐさでアピールする「ほめしぐさ」
「お元気でしたか?」相手との距離を縮める言葉
「お会いするたびに、お若くなりますね」できるだけポジティブな表現を使う
「○○さん、ありがとう」人間関係を親しみあるものにする言葉
「いつもありがとう」感謝の言葉はできるだけ頻繁にかける
「大変だったろうな」仕事の苦労を理解していることを示す
「本当によくやってくれた」仕事の成果と表情をねぎらう
「そうか、そんなことがあったのか」相手の話にじっくりと声を傾ける
「ああ、そうだね」相手に同調することで意識を合わせる
「つまり、こういうことだね」相手を尊重しているという姿勢を見せる
「私もそうしたでしょう」100%あなたの味方であるという態度で接する

第2章 相手の言動に関心を持つ「ほめ言葉」
    〜『相手をよく観察すれば、とっかりの言葉は見つかる』

「さすが!」その場でほめる
「やるじゃないか」相手に関心を持って接する
「笑顔がいいね」観察していればほめる言葉は見つかる
「誰よりも早く出社するね」事実を伝えるだけでも「ほめ効果」は期待できる
「創業100年だそうですね。さすがに老舗の風格がありますね」事実に
プラス評価を付け加える
「慎重なタイプだから安心だよ」個性をほめる
「よく知っているね。感心させられるよ」知識をほめる
「キミの報告書は、いつもデータがしっかりしているね」具体的にほめる
「いつも一生懸命だね」プロセスをほめる
「わかっていてもなかなかできないことだよ」当たり前のことでもほめる
「キミならやれると思っていたよ」相手のプラス面に目を向ける
「驚いたよ!」驚きと感動を伝えてほめる
「感動した!」揺り動かされた気持ちを伝えてほめる
「さっきのプレゼン、迫力がありました」客観性のあるほめ方をする
「ひときわ目立っていたね」人より優れているとほめる
「とてもよく似合うよ」ほめ言葉は自分に返ってくる
「恰幅がいいですね」言葉を言い換えてほめる
「おれも鼻が高いよ」言い回しを変えてほめる
「華があるね」表情の引き出しを増やす

第3章 相手の成長をうながす「ほめ言葉」
    〜『相手の小さな進歩を見逃さない』

「あなたの挨拶は職場を明るくするね」―言葉に気持ちを乗せる
「ご苦労さん。忙しいのに、よくまとめてくれた」―気配りを言葉に変える
「行動力がありますね」積極的な気持ちをほめる
「先月より10%も成績が伸びているな」過去と現在を比較してほめる
「言葉に説得力が出てきたな」成長をうながすほめ言葉
「〜にかけては天下一品だね」慣用句でほめる
「センスがいいですね」相手の繊細な感性をほめる
「筋がいい」有望な将来をほめる
「飲み込みが早いな」初心者を力付ける言葉
「この部分は前よりもずっといいよ」まず出来上がった仕事をほめる
「助かった。間に合ってよかったよ。ありがとう」遅いじゃないかと頭ごなしで叱らない
「キミらしくないなぁ」仕事のミスを叱るほめ言葉
「大丈夫だよ。心配するなって」相手を励ますほめ言葉
「課長に比べたら、まだまだです」へりくだった表現でほめる
「決断力がありますね」上司を賞賛する言葉
「やっぱり経験が違いますね」年輩者の存在価値を認める言葉
「ちゃんと、やってくれたね」やればできるじゃないかは誤解される
「運を引き寄せる人ですね」運がいいは努力が否定されたように受け取られる
「今日は本当に楽しかった」別れ際のほめ言葉は強い印象を与える
「一緒にいると楽しい」私を主語にして気持ちを伝える

第4章 相手のやる気を引き出す「ほめ言葉」
    〜『人は是認されたとき喜びを感じる』

「高いポテンシャルを持っている」潜在能力をほめる
「将来有望だな」明るい未来をほめる
「評判は聞いている。待ってたぞ。」新しい人材をほめる
「どこへ行っても大丈夫。ボクが保証するよ」先行きの不安を取り除く
「もっと上を目指せる」頑張れと励まさない
「ちょっと教えてくれないかな」自尊心をくすぐる
「あなたがいてくれて、本当に助かったよ」感謝の言葉でやる気を引き出す
「若い連中のお手本なんだから、頼むぞ」期待を伝えてやる気を引き出す
「やりやすいように、自分で目標を立ててやってみるといい」消極人間のやる気を引き出す
「みんなの協力のおかげだよ」おかげさま、でほめる
「脱帽するよ」器の大きさを感じさせるほめ方
「午後から雨になるそうだから、傘を持っていけよ」気遣うことでモチベーションを高める
「ぼくは自慢に思っているんだ」未来の姿をほめてモチベーションを高める
「もしも○○さんが本気になれば、いつ独立開業しても問題ないですね」仮定表現をほめる
「腕のいい医者みたいだ」比喩表現でほめる
「キミの営業力なら、日本を丸ごと売ってこれるだろうな」ユーモアを交えてほめる
「おっ、それいいじゃん!」相手のタイプに合わせてほめる

第5章 相手のことを高く評価する「ほめ言葉」
    〜『自分が言われて一番うれしい言葉を相手に贈る』

「キミに任せておけば大丈夫だ」厚い信頼を伝える
「キミの考えどおりに進めてくれ」責任感を高める
「この仕事を任せられるのは、あなたしかいないと思ったんだ」仕事の重さや困難さを伝える
「キミじゃなきゃ」大事な存在であることを伝えてほめる
「彼は若いけど、優秀なんですよ」人に紹介するときにほめる
「部長がとてもほめていましたよ」上司の権威を借りてほめる
「クライアントが、あなたのことを頑張り屋だとほめてたよ」第三者の口を借りてほめる
「あいつは見どころがあるよ。でも、調子の乗ると困るから本人には言わんでくれよ」口止めしながらほめる
「祝!目標達成、よく頑張った」メモでほめる
「あたながいてくれて助かったよ」助けられた気持ちを素直に表現する
「相談に乗ってほしいんだが」相談でほめる
「キミよりマーケティングに詳しい人がいなくて・・・」依存する言い方でほめる
「誤解される言い方をして悪かった」直ちに訂正して誤解を解く
「そんなことを言われたことがないので、ホントうれしいです」ほめられたら素直に喜ぶ


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の履歴 氏名(ふりがな)





◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。




◆他のオススメ本はコチラ


対話で心をケアするスペシャリスト###LT!!!精神対話士###GT!!!の人の話を「聴く」技術 (宝島SUGOI文庫)
対話で心をケアするスペシャリスト###LT!!!精神対話士###GT!!!の人の話を「聴く」技術  (宝島SUGOI文庫)
宝島社 2009-03-05
売り上げランキング : 70946

おすすめ平均 star
star事例が多くてよい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆本日のオススメ


対話で心をケアするスペシャリスト精神対話士の ほめる言葉
対話で心をケアするスペシャリスト精神対話士の ほめる言葉財団法人メンタルケア協会

宝島社 2008-03-22
売り上げランキング : 71809

おすすめ平均 star
star相手の存在を認めるための...

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


では、また。



人気ブログランキングへ ■応援!


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生論・教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142955275
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック