2010年03月21日

夢が現実化する「1枚図解」 池田千恵

◆夢が現実化する「1枚図解」


◆要は図解でPPT実行あるのみ!



夢を実現するPPTの法則。それは次の3ステップから成る!

ステップ1 → Purpose(目的)/目的を明確化する
ステップ2 → Process(過程)/夢までの道のりを分析する
ステップ3 → Teamwork(チームワーク)/相手に協力してもらえる相手になる


身近な例では、料理を作る時のことを考えてみましょう!

ステップ1 → 何を作るのか(これ決めないで始める人はいない)
ステップ2 → どうやって作るのか(材料、料理法、時間など)
ステップ3 → 協力して実現する(ワインを買ってきてもらうなど)

まあ、こんな感じでしょうか。特に、なにが・・・と感じるでしょう。

しかし、これが目標達成とか、将来の自分の夢の実現となると、
これらのポイントを曖昧にしたまま、気持ちだけが先行している
ケースが多いのです。


本書では、大きなフレームワークとして、「PPT」「一枚図解」を使います。

図解の説明力は一撃必殺です。一瞬で相手に伝える力です。

図にするには、抽象化のレベルを一段上げる必要があります。

逆に言うと、図にできないものは、まとまっていない証拠!


さらに、それを補足する形で、いろいろなワザが多数紹介されています。

基本的なパターンは、ほぼ網羅的に押さえられていますので、
コレ一冊で十分です。(元は取れますよ!)


他の本と違うのは、自分目線、自分の言葉で語りつくしている所。

なので、上から目線の、説教調は一切ナシ!

読んでいると、何か自分でも、簡単にやれそうになるから不思議です。

皆さんも、小さな成功体験から大きな成功体験まで、
本書を片手にトライしてみませんか!



◆本日のオススメ!


夢が現実化する「1枚図解」
夢が現実化する「1枚図解」
明日香出版社 2010-03-19
売り上げランキング : 1491


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

夢は願い続ければ叶うわけではなく、戦略を立てて叶えていくもの。

日ごろからものごとをすっきり考えるための図解思考を身に付け、
問題を整理することによって、行動の道筋をつかめ、
実現へ着実な一歩を踏み出せる。



人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 図解化コンサル池田千恵の「人を動かす1枚図解」 


◆著者の『交友関係』(SPYSEE)はコチラ


>> 池田千恵|あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]


◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> 【図解】『夢が現実化する「1枚図解」』を読んで。|鹿田尚樹の「読むが価値」

池田千恵さんの新刊『夢が現実化する「1枚図解」』を読んだ。

図解なんて、学校教育で習ったのか?いや、習った記憶がない。

チャートや、図をたくさんノートに書いた記憶があるものの…
基本的には黒板の板書(その多くは文字)を、
そのままノートに書き写したもの。

いまさらながら、学校の先生が「図解達者」であって、
図解を使って教えてくれればもっと分かりやすいのに…
なんてことを思う。

図解すれば文字の羅列よりも、効果的に相手に伝わる。

そして、図解をして説明しようと思えば、
その本質を理解しようと「自分」に対しても学習効果がある。


何かを伝えようとする機会が多い人には、
積極的に「図解思考」を身につけることをオススメしたい。

そういえば、国会議員秘書のときに、
いわゆる「レク」という省庁の方が議員に法案説明などをする機会がある。

やはり省庁のいわゆる役人という人たちは、凄い。


難しい法案を説明するときに、
一瞬で図解をしてしまうシーンをよく見た。

あれは、法案とはなんぞや?もわからない私ですら、
理解できてしまったのだから…

その図解説明力たるや、絶大だったものだと記憶している。

だからこそ、難解な法案を作り、抜け穴は伝えない。
ということがお手の物だったような気も…

今更ながらに、思うところもあるわけで。


自分の思考が整理されないこと、
自分の思考が伝わらないことに悩んでいる方は、
ぜひ本書から「図解思考」を学んでみるといいことだと思う。

図解を活用するにしろ、しないにしろ「図解思考」は、
色んな場面で、きっとあなたを助けてくれるはずである。



◆最新の『書評サーチ』の結果はコチラ


>> 夢が現実化する「1枚図解」 |Googleブログ



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。


◆【続きを読む】で、気付きメモ、目次メモ、著者履歴などが見れます!


人気ブログランキングへ ■応援!


続きは ↓


◆目次メモ


はじめに
 追い詰められたときに助けられた「図解」
 PPTの法則に出会った!
 あなたの人生に役立ちたい「1枚図解」

第一章 なぜ図解すると夢が現実になるか
 自分の頭も、相手の頭も整理される
 自分が今、何に悩んでいるかがわかる
 全体を見渡せるから、今自分がどうして困っているのかが分かる
 自分の過去をじっくり振り返り、夢の根拠を見つけることができる
 自分の現在地と夢までの距離を正確につかむことができる
 図を眺めることがお守りになる
 図が、夢へのアンテナを高く保つ手助けになる
 夢を図にできれば応援してくれる人が増える
 振り返り進捗チェックもしやすくなる

第二章 夢は図解で戦略的に叶えることができる
 叶う夢には、「小さな目標達成」が積み重ねられている
 「勘違い夢語り」のままでは夢は叶わない
 図解で自分の頭を整理し、他人をうまく説得する
 図解を使って、目標達成レシピを作る
 会社で仕事をするように、夢も計画を立てて実行するだけ
 まずは徹底的に「型」に当てはめる
 図は文章よりも記憶に残りやすい
 図解で生まれたイメージの力でありありと詳細まで夢を描く

第三章 図解の前に覚えておきたいさまざまなコツ
 図で考える時は朝がおすすめ
 図解するときのおすすめノート
 メモ魔になることが図のアイディア醸成につながる
 テンプレートをスッキリ埋めるための3つのプロセス
 一見バラバラな要素から関連性を見いだす「5つの極意」
 文字を入れる際は「言葉のレベル感」を合わせる
 居酒屋のメニューブックからも図解化力は学べる
 居酒屋のメニューブックからも図解化力は学べる

第四章 Purposeを使った図を描いてみよう
 仕事ばかりで趣味や夢のことを考えられない:原材料分析
 打ち込めるものを探す:モチベーションチャート
 5W2Hより簡単! 自分の存在意義を確かめるWhy What Howの木
 どうしてこれをやらなければならないかの目的を見失ってしまったとき:NMPの天秤図

第五章 Processを使った図を描いてみよう
 明日からの行動計画を練る 夢スケジュール
 夢に近づくためにすべきことを書き出す:4色ToDoマトリクス
 やらなきゃ、を、やりたい! に変える、Have to Want to かけはしシート
 学びを行動に変える、行動フォーカスシート
 自分と憧れの人との違いを知る:ポジショニングマップ
 夢を叶えた人たちと自分との違いを知る:行動比較アクションボックス
 自分ならではの道を探す、ストーカー深堀りシート

第6章 Teamworkを使った図を描いてみよう
 図には、考えるための図と、伝えるための図の2種類がある
 シンプルな言葉で夢を語る準備をする:シソーラスで結晶化
 PREP法と5W2Hはツイッターで訓練する
 相手に刺さる資料を作る:GARPFS(ガルフス)メソッド
 相手に納得して動いてもらう、Yes / Noチャート
 チャンスの女神を逃がさない:「かげみ」のミッションシート

(出所:明日香出版社 http://bit.ly/bFyFmA


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の履歴 氏名(ふりがな)


池田千恵[イケダチエ]
Before9プロジェクト主宰/CONECTA代表。
福島県生まれ。2度の大学受験失敗を機に早起きに目覚め、
半年の早朝勉強で慶應義塾大学総合政策学部に入学。
起業家精神を鍛えるため、
社員270名(2009年4月現在4000名)の
当時のワタミフードサービス(現ワタミ)入社後、
外資系戦略コンサルティング会社に転職。
飲食の資格を複数取得し、教室を開催。
2008年に独立。朝の始業前の時間を有効活用する大人の
学び場「Before9プロジェクト」を主宰。


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。




◆他のオススメ本はコチラ


「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!
「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!
マガジンハウス 2009-07-23
売り上げランキング : 1655

おすすめ平均 star

star4時起き云々より著者の「ダメダメ社員」ぶりに好感(笑)
star等身大の成功が目指しやすい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆本日のオススメ


夢が現実化する「1枚図解」
夢が現実化する「1枚図解」
明日香出版社 2010-03-19
売り上げランキング : 1491


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


では、また。



人気ブログランキングへ ■応援!


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術・整理法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック