2010年04月22日

脳を休める 脳科学と睡眠の新しい常識 西多昌規

◆脳を休める 西多昌規


◆よく学び、よく休む!


睡眠は、脳に欠かすことができない栄養源である!

本書では、「精神科医」である著者が「睡眠」と「脳」との関連を、
最新の研究結果と自分の臨床経験を交えてわかりやすく解説した本です。

その中には、世の中で間違った事実が通説として流布、もあります。

例えば、「レム睡眠が記憶に重要」といった内容。

これは、実は、正確な表現ではないのです。


そこで、「睡眠」と「脳」に関心のある人を対象として、
素朴な質問に答えるQ&Aの形式で、50問を用意しました。


対象は、睡眠時間や仕事の効率などで悩んでいるビジネスパーソンです。


どうですか? みなさん。興味がわいてきませんか?

いいたいことはシンプルです!


@よく眠ることで、学んだことをしっかりと身につける
Aよく眠ることで、こころも安定する
Bよく眠ることで、からだも健康となり、人生も充実する


良質の睡眠は、「からだ」の健康を維持するために重要です。
それだけではなく、気分や情緒など「こころ」の健康、
そして記憶力や判断力、実行力といった「脳」の機能の向上にも、
睡眠は欠かすことができないものです。


本書にて、自分の「睡眠」と「脳」に関する知識の再確認をしましょう!



★合わせて読んでもらいたい、オススメ本はコチラ
脳は眠らない 夢を生みだす脳のしくみ アンドレア・ロック
> http://okane-up.seesaa.net/category/6887771-1.html


◆本日のオススメ!


脳を休める
脳を休める
おすすめ平均
stars昼寝を少しと、深い眠りを充分取る事が、健康と賢明につながる。
stars昼寝は効率アップには良いことなのですね。
stars目指せ!脳美人
stars脳美人を目指します☆
stars睡眠の脳・からだ・こころへの影響を分かりやすく解説した良書です。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

睡眠の90分サイクル説ってホント?
寝不足になると料理がマズくなる?
日本人は、世界で最も睡眠時間が短い?

ハーバード・メディカル・スクールで学んだ精神科医が
説明する脳と睡眠をめぐる50の疑問。



人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> Dr.西多昌規のブログ 


◆著者の『交友関係』(SPYSEE)はコチラ


>> 西多昌規|あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]


◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> 西多昌規「脳を休める」|システムエンジニアの晴耕雨読

西多昌規「脳を休める」

2009年刊



 「レム睡眠が記憶に重要」・・は、正しくない!

 
 より正しくは、

 「ノンレム徐波睡眠のときに、記憶が整理され固定される」
 


 「よく学び、よく休む」・・

 頑張って学習して経験したら、休息もそれだけ十分に必要になる。
 睡眠中の記憶固定は、ビッグウェーブ(=徐波)が大切になる。


・・・・



◆最新の『書評サーチ』の結果一覧はコチラ


>> 脳を休める |Googleブログ



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。


◆【続きを読む】で、気付きメモ、目次メモ、著者履歴などが見れます!


人気ブログランキングへ ■応援!


続きは ↓


◆内容紹介メモ


ビジネスパーソン、受験生、主婦は必見!

脳を最大限に活性化させる睡眠科学のすべてがわかる。



・睡眠の老化は、30代から始まっていた?

・寝不足になると太る?

・日本人は睡眠時間が短い?

・レム睡眠中に記憶されるのはまちがい?

・うつ病になると、眠れなくなる?

・少しくらい寝不足なほうが、効率がよくなる?

・味の決め手は睡眠にあり?



本書は、実際に臨床現場にいる現役の精神科医が、
日々寄せられる悩みや相談をベースに、
睡眠科学と脳科学に関する50の疑問に、明快に答える。



◆目次メモ


<目次>

1 こんなに怖い寝不足の真実 - ミスを誘発し、大事故を起こさせる原因


Q1 世界で最も睡眠時間が短いのはどこの国?(A:日本、韓国、台湾)

Q2 寝不足になると、料理がマズくなる?(A:○)

Q3 最近、寝不足が続いています。
  このまま仕事を続けていて大丈夫なのでしょうか?(A:×)

Q4 寝不足が続くと早死にする?(A:△)

Q5 寝不足のイライラが、脳を「キレ」やすくするってホント?(A:○)

Q6 日本では寝不足による経済損失が3兆円を超える?(A:○)

Q7 テレビドラマにはよく、睡眠不足の医者が出てきますが、誇張しているんじゃないですか?(A:×)

Q8 短眠人間は実在する?(A:○)

Q9 名門ビジネス雑誌『ハーバード・ビジネス・レビュー』に、
  睡眠が取り上げられている?(A:○)

Q10 活躍中のビジネスパーソンも睡眠を大切にしている?(A:○)


2 「脳」と睡眠 - よく学び、よく休む


Q11 寝ている間にテープを聴くと、よく覚えられる?(A:×)

Q12 一夜漬けは有効?(A:×)

Q13 「イヤなことは寝て忘れろ」と、
   よくいいますが、本当に忘れられるのでしょうか?(A:△)

Q14 睡眠の90分サイクル説、信じていい?(A:×)

Q15 なぜ、ひとは夢を見るのでしょうか?(A:まだわかっていない)

Q16 夢を見ているときに記憶が定着するの?(A:△)

Q17 レム睡眠中に、脳の代謝は活発になる?(A:○)

Q18 記憶定着に重要な「シータ波」が睡眠中も出ているってホント?(A:○)

Q19 深い睡眠で脳を休めたほうが脳力アップにいい?(A:○)

Q20 「よく学び、よく遊ぶ」の脳バージョンは何でしょうか?(A:よく学び、よく休む)


3 「こころ」と睡眠 - 寝不足が先か、こころの病が先か


Q21 睡眠の老化は30~40歳代に始まる?(A:○)

Q22 わたしはメタボ体型で昼間かなり眠くなります。
   もしかしたら睡眠時無呼吸症候群でしょうか?(A:○)

Q23 うつ病になると、睡眠は浅くなる?(A:○)

Q24 うつ病の患者の脳は、寝ていてもちゃんと休めていない?(A:○)

Q25 この頃、寝不足ぎみで記憶力も落ちています。
   もしかして、ボケてきたのでしょうか?(A:○)

Q26 睡眠薬でよく眠れるようになる?(A:△)

Q27 朝起きられません。わたしは怠け者なのでしょうか?(A:△)

Q28 「断眠療法」はうつ病の治療に効果がある?(A:○)

Q29 最近流行りの認知行動療法。
   不眠症にも認知療法ってあるの?(A:○)

Q30 自宅で睡眠を監視することができる?(A:○)


4 「からだ」と睡眠 - 医者いらずの健康法


Q31 「寝ないと太る」と聞きました。
   逆のような気がしますが、本当なのでしょうか?(A:○)

Q32 元気のホルモンと睡眠のホルモンって、ホントにあるの?(A:○)

Q33 バランスの取れた食事は睡眠にもいい?(A:○)

Q34 不眠症対策に寝酒って効果がある?(A:×)

Q35 寝る前に熱いお風呂に入るのが好きです。
   熱いお風呂に入ってもよい眠りを得られますか?(A:×)

Q36 運動は、睡眠にも脳にもいい?(A:○)

Q37 電車の中でよく居眠りします。
   でも、なぜか降りる駅に着くと目が覚めます。
   どうしてでしょうか?(A:外部の刺激に敏感になっているから)

Q38 女性は生理前に眠くなるってホント?(A:○)

Q39 よい睡眠が肌美人・脳美人にする?(A:○)

Q40 朝、太陽の光を浴びると目が覚めます。
   どうしてでしょうか?(A:光は睡眠リズムに影響を与えているから)


5 睡眠科学を活かした快眠術 - 睡眠は脳に欠かすことができない栄養学


Q41 少しくらい寝不足のほうが効率がアップする?(A:○)

Q42 ワーク・ライフ・バランスと睡眠との関係が深い? (A:○)

Q43 フランスでは、政府が
   安眠推進行動計画を進めているってホント?(A:○)

Q44 睡眠を管理するなんてことができるの?(A:○)

Q45 光と睡眠導入剤で、
   時差ボケを解消できるってホント?(A:○)

Q46 スペインの伝統・シェスタが廃止される?(A:○)

Q47 昼寝すると、午後のパフォーマンスが向上すると聞きました。
   昼寝にそんな効果があるのでしょうか?(A:○)

Q48 昼寝は1時間以上、
   ベッドでゆっくりと寝た方がいい?(A:×)

Q49 アロマセラピーは快眠にも効果がある?(A:○)

Q50 ふとん、枕、ベッドにこだわるのは無意味?(A:×)


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の履歴 氏名(ふりがな)


西多昌規[ニシダマサキ]
1970年、石川県羽咋市生まれ。
1996年、東京医科歯科大学医学部医学科を卒業。
国立精神神経センター病院、茨城県立友部病院で精神科臨床に従事したのち、
2005年から2007年までハーバード・メディカル・スクールの
研究員として、睡眠と記憶、情動、脳機能について研究。
2008年4月より東京医科歯科大学大学院精神行動医科学分野助教。
専門は、うつ病など気分障害を中心とした臨床精神医学、睡眠医学、脳波を用いた精神生理学。


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。




◆本日のオススメ


脳を休める
脳を休める
ファーストプレス 2009-10-13
売り上げランキング : 70940

おすすめ平均 star
star昼寝を少しと、深い眠りを充分取る事が、健康と賢明につながる。
star昼寝は効率アップには良いことなのですね。
star目指せ!脳美人

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


では、また。



人気ブログランキングへ ■応援!

posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 18:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳科学・脳トレ・脳本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック