2010年05月10日

【書評】思いどおりに人間関係を操る 黒マナー・裏ルール 内藤誼人

◆思いどおりに人間関係を操る 黒マナー・裏ルール


◆世の中の物事には、必ず裏と表がある!


これが正しいという確実なマナーなど、世に中に存在しない!

また、万人ウケするマナーなど、絶対にあるはずがない。
なぜなら、自分が良いと思っていることでも、その良し悪しを判断するのは、
結局のところ、相手だからである。

どんなによかれと思っても、相手がそれを不愉快に思うのであれば、
それは悪いマナーである。

杓子定規なマナーではなく、現実的で、正しいマナーのことを、
本書では「黒マナー」と呼んでいる。

ブラック・マナーというと、なんだか、とても変な世界のことを、
説明しているように聞こえるが、
本書の内容は、いたってまともな「本音マナー」本である。

建前の「本音マナー」は、知っておかないといけないが、
それだけでは、複雑な人間関係の世の中を巧みに泳いでいくことはできない。

例えば、「表マナー」では、
「上司の命令は、返事だけしておいて、無視しちゃいなさい」。

これが、「裏マナー」では、
「ロクでもない上司の命令は、返事だけしておいて、無視しちゃいなさい」
なのである。

きれいごとだけの「表マナー」ではなく、さらに一歩踏み込んだ、
「裏マナー」に興味のある方は、一読の価値のある本です。

なにごとも、「表」と「裏」の両方を知り尽くさないといけないですね。
そして、海千山千の「マナーの達人」になりましょう!


やっぱり、本音トークは面白いです! (うなずくこと、しきり)




◆本日のオススメ!


思いどおりに人間関係を操る 黒マナー・裏ルール
思いどおりに人間関係を操る 黒マナー・裏ルール
ダイヤモンド社 2009-06-19
売り上げランキング : 174792

おすすめ平均 star
star黒くもないし裏でもありません。
starあたりまえのことも多く書いてある。が...
starビジネスで結果を出すための、常識を覆すテクニックが満載!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

誠実さだけで勝てるほど、ビジネスは甘くない。

「よく思われるため」でなく、「結果を出すため」に必要な、
必勝心理テクニック。



人気ブログランキングへ ■感謝!



◆著者の『交友関係』(SPYSEE)はコチラ


>> 内藤誼人|あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]


◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> 思いどおりに人間関係を操る黒マナー●裏ルール(内藤誼人)|いいね〜おいしいね〜(旧「株☆子育て☆本☆車など」)

この本は、題名が「黒マナー●裏ルール」とあり、本も黒っぽいので、
非合法的な本なのかと勘違いしてしまいますが、そうではありません^_^;)

心理学者の内藤誼人(ないとう よしひと)さんが、実体験を踏まえながら、
もちろん心理学の実験結果を用いながら分かりやすく、
実践的に簡単にできて効果があるマナーやルールを紹介したものです。

目から鱗のような内容が多く、とてもオススメです!

特に、「相手の気持ちなどわからないまま、でいい」
「落ち込んでいる人を、慰めなくていい」「「とりあえず」
「一応」を使わない」「返事がこないときには、催促もしない」
「お土産を渡すときには、「つまらないもの」などいうな」
「定時になったら、遠慮せずに帰る」などかなり参考になりました。


以下はこの本のポイントなどです!とてもオススメですよ!!

・「女の子の気持ち」とか「女の子のホンネ」などを一生懸命に読もう
としている男は、残念ながら、問題を自分で複雑にしてしまって、何の
行動もとれなくんる。なぜなら、女の子の気持ちなど、どう逆立ちして
も読めないからである。恋愛の達人は、女の子の気持ちなど読まない。
ただ、女の子の喜ばせ方をたくさん知っているだけなのである。

・・・・



◆最新の『書評サーチ』の結果一覧はコチラ


>> 黒マナー・裏ルール |Googleブログ



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。


◆【続きを読む】で、気付きメモ、目次メモ、著者履歴などが見れます!


人気ブログランキングへ ■応援!


続きは ↓

◆内容紹介メモ


仕事を行ううえで、暗黙のうちに守るべきと考えられているルールがある。
常識やマナーとも言えるその枠をはみ出さないようにすることが重要なことと考えられている。

だが、そのルールは決してマストではない。また、捉える人によって違ってくる。

たとえば、「上司たるもの、部下にはたえず声をかけてあげましょう」という、
一見するだけでは、もっともらしい常識がある。

しかし、女子社員が席を立つたびに、
「どこにいくの?」といちいち尋ねる上司はどう思われるだろうか。

また、「人に対して誠実・率直であれ」というマナーがあるとする。

ある仕事を依頼するとき、
正直に「予算は10 万円でお願いしたいのですけれども…」と言うのと、
「今回の出来が予想以上に素晴らしかったので、当初は7万円と
お伝えしましたけれども、10万円の謝礼をお支払させていただきます」
と言うのとでは、その後の関係がどう変わるだろうか…。

本書は、一般的に言われているルールを、心理学的な側面から検証。

最新の学術研究をもとに、意味のないルールやマナーを
ぶった切り、真逆の“黒ルール”を解説する。


◆目次メモ


まえがき
第1章 黒マナーを身につけて人間関係を操れ
 仕事などそっちのけで、黒マナーに力を入れろ
 相手の気持ちなどわからないまま、でいい
 失敗をくり返して、黒マナーに磨きをかけろ
 自己流で、あれこれ試してみろ
 ごまをするのをためらうな
 ヘンな気の遣い方は失礼にあたる
 無料で教えるな、金をとれ
 心から人を愛せなくとも、気にしない
 苦手なモノも、喜んで口に入れろ
 【コラム1】マナーは、それほど重要でもない!?

第2章 上司・部下関係で気をつけるべき黒マナー
 部下の身だしなみを口うるさく指導しない
 「禁止言葉」の禁止をやめる
 落ち込んでいる人を、慰めなくていい
 嫌がられるほど、くどい人間になれ
 「ホウ・レン・ソウ」は義務ではなく、権利である
 上司の命令でも、おいそれとは従わない
 尊敬できる人のいうことなら、何でも聞いてやれ
 怒られたときにも、反省しない
 【コラム2】アクセサリー類はすべて不可

第3章 だれとでもソツなくつきあうための会話の黒マナー
 敬語を使うのをやめて、“自分の言葉”で思いを伝える
 いらぬアドバイスをしない
 正直者になりすぎない
 趣味についての話題は慎重に
 謝罪するのではなく、ひょうきんにごまかす
 言い訳は絶対に禁止
 誤解されたら、相手ではなく、自分を責めよ
 返信メールでは、相手の文章をわざわざ消す必要はない
 【コラム3】電話をかけ直さなくとも大丈夫

第4章 仕事力をみるみるアップさせる魔法の裏ルール
 子どもみたいに、自分の“権利”ばかりを主張するな
 仕事の話を抜きにした接待はない
 お客が退出しても、しばらく片づけはしない
 「数分の遅刻こそ危ない」と認識せよ
 返事がこないときには、催促もしない
 相手が見せたがっているものは、きちんと手にとって見る
 添付ファイルはひとつだけで送る
 お客が選びたがっているものを勧める
 会議の時間は、20分に設定しろ
 ご褒美を用意して、はりきって仕事をせよ
 【コラム4】何でもメモにとっていると、頭が弱くなる

第5章 職場で上手に立ち回るための裏ルール
 職場イジメがあるのは当然だと思え
 イジメにあったら、“ロボット”になりきれ
 イジメてから、かわいがる
 職場以外での恋愛を見つけろ
 睡眠などいらない、朝まで遊んで出社しろ
 会社のパソコンを使うときの諸注意
 お土産を渡すときには、「つまらないもの」などというな
 【コラム5】流行の「ビジネス理論」を捨て去る

あとがき
参考文献

人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の履歴 氏名(ふりがな)


内藤誼人[ナイトウヨシヒト]
心理学者。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。
有限会社アンギルド代表取締役社長。
豊富な心理学のデータを用い、ビジネスや対人関係、
マネジメントなどで好結果を出す方法を研究。
心理学を踏まえた実用的なアドバイスで好評を博す。


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。




◆他のオススメ本はコチラ


「心理戦」で絶対に負けない本(文庫) 敵を見抜く・引き込む・操るテクニック
「心理戦」で絶対に負けない本(文庫) 敵を見抜く・引き込む・操るテクニック
アスペクト 2009-11-10
売り上げランキング : 4439

おすすめ平均 star
star色々応用できます
starもっと早く知っていれば

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆本日のオススメ


思いどおりに人間関係を操る 黒マナー・裏ルール
思いどおりに人間関係を操る 黒マナー・裏ルール
ダイヤモンド社 2009-06-19
売り上げランキング : 174792

おすすめ平均 star
star黒くもないし裏でもありません。
starあたりまえのことも多く書いてある。が...
starビジネスで結果を出すための、常識を覆すテクニックが満載!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



では、また。



人気ブログランキングへ ■応援!


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 19:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術・整理法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック