2010年06月14日

【書評】0 円で8割をリピーターにする集客術(あさ出版)一圓克彦【アマゾンキャンペーン中!:6/14〜16】 #0yen

◆0 円で8割をリピーターにする集客術


◆結局、リピーターは神様です!



【告知:アマゾンキャンペーン】『0円で8割をリピーターにする集客術』
2010年6月14日(月)9:00 〜 2010年6月16日(水)23:59まで
http://www.repeatz.jp/book1/


本書は、『お店のブランディング』の本です!

いざという時に、お客さんに思い出してもらうお店の作り方の本です。

思い出してもらうお店には、必ずリピーターがたくさん存在します。

リピーターが増えれば、次のメリットが生じます!

(1)集客コストが下がり、利益が増える
(2)売上げの見込みが立ちやすくなり、経営が安定する
(3)従業員の離職率が下がる

さらに、リピーターの域を通り越して、ファンとなれば、お客さんは神様となります。


しかし、多くのお店は、ああ勘違いの戦略をとっている!

自分がお客さんだったら、絶対にありえないやり方を、
売り手になったとたんに、勘違いしてやってしまっています!

例えば、安さを売りにするとか、ダイレクトメールをばんばん送るとか!

そんなことをしたら、お客さんは逃げていなくなるだけです!


では、そのために、具体的にどうすれば良いのか?

それは、WEBでいうところの「SEO対策」を真似れば良いのです。

SEOとは、Googleなどで検索した時に、上位に表示されるための方策。

当然、上位に表示されないと、選ばれる確率が極端に減ります。

なので、いかに選ばれるポイントを増やすか、これが勝負となります!

例えば、「あのお店」として思い出してもらうためのポイントは3つ。

(1)店名とサービスやコンセプトをマッチさせ、お店の強みを明確化する
(2)信用できる人やメディアからの口コミを発生させる
(3)お店の思いやメニューなどに関する情報を豊富に発信する

具体的なやり方は、次の5つ。

@お店のコンセプトを細分化して絞り込む(あれも、これもはダメ!)
Aお店の売りを明確にする(そぐわないものは徹底的に排除!)
Bいい口コミを広める
C口コミの信ぴょう性を高める
D強調するところを間違えない(本当に言いたいことは何!)


さらに、人はストーリー、苦労話しにより、ぐっと引き寄せられる!

そんな方法が本書内ではたくさん紹介されています。


極めつけは、10秒で効果が出る、リピーター獲得接客マニュアル!

なかなか、面白い内容です。なるほどと思います。


ということで、お店のブランディングをして、
リピーターを増やしたい方にオススメの一冊!


「パーソナル・ブランディングの手法」としても役に立ちます!



◆本日のオススメ!


0円で8割をリピーターにする集客術
0円で8割をリピーターにする集客術
あさ出版 2010-06-08



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

皆さんは、もうこれ以上
無理して安売りを続ける必要はありません。

今までしてきた努力の方向を変え、
皆さんが商売を始めた原点に立ち返ることで、
安売りせずともお客様が離れなくなるのです。

皆さんの十分すぎる努力が報われるよう、
私の持てるすべてのノウハウを、はじめて公開しました。

(「はじめに」より)




『アマゾンキャンペーン』はコチラ


> http://www.repeatz.jp/book1/campaign.html

期間:2010年6月14日(月)9:00 〜 2010年6月16日(水)23:59まで

特典:『4種のリピーター獲得チェックシート(PDF)』
   『職種を問わないリピーター創出のヒント50選(PDF)』
   『シートの利用方法解説音声ファイル』

申込方法:
 amazonで『 0円で8割をリピーターにする集客術』をお買い求め頂き、
 amazonより自動返信される注文番号とメールアドレスをお送りください。

送信先:info@repeatz.jp



人気ブログランキングへ ■感謝!






◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 株式会社リピーツ 


◆著者の『交友関係』(SPYSEE)はコチラ


>> 一圓克彦|あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]


◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> いろいろ使える「脳内SEO」 【0円で8割をリピーターにする集客術】 一圓 克彦|僕の問題は誰かが解決している

「脳内SEO」という言葉が
気に入りました。

お店のところを
「個人」に変えれば「人脈」に
「イベント」に変えれば「企画」にと
いろいろと応用がききそうな言葉です。

僕のブログを「思い出してもらう工夫」
をしないといけないなあ・・・。

そんな気にさせてくる本です。

・・・・

【ポイントと一言】

★お店の方が思うほど、お客様はお店を覚えていないのです
⇒お店に限らず、いろいろな「モノ」「ヒト」「情報」がそうかもしれないですね

★リピーター創出でいちばん大切なのは、「思い出してもらう」ことです。
⇒一番大切だけど、かなり難しいことじゃないだろうか。時間がたてばたつほどに。

★「なんでもあり」は売りにならない
⇒自分のブランディングでもそうですね。「なんでもできます!」はダメですもんね

★ストーリーは、こだわりを掘り下げていくと見つかるものです
⇒「こだわり」を掘り下げているかな? と考えてみたら、そんなに掘り下げていなかったことに気がつきました。

★ 自分のビジネスがお客様のどんなウィッシュを満たすものか考えるところからスタートしなければいけません。
⇒考えることが、足りてないことを痛感しました。何を満たすんだろうか、しっかりと考えます

・・・・




◆最新の『書評サーチ』の結果一覧はコチラ


>> 0 円で8割をリピーターにする集客術|Googleブログ



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。


◆【続きを読む】で、気付きメモ、目次メモ、著者履歴などが見れます!


人気ブログランキングへ ■応援!


続きは ↓

◆目次メモ


第1章 リピーターがいれば商売繁盛!
 あなたのお店にリピーターが必要な3つの理由
 リピーターは「獲得する」もの
 リピーターの種類は4つ
 
第2章 だからあなたのお店にリピーターがいない!
 「腕に自信のある店」にリピーターはいない!
 そんなアンケート、はっきり言って無意味です
 ダイレクトメール、反応ありますか?
 安売りは店の価値を貶めること
 よいリピーターを獲得するために

第3章 脳内SEO5つのポイント
 "脳内SEO"とは?
 脳内SEOの仕組みを作ろう!
 
第4章 あなたのお店に脳内SEOを定着させよう
 「どこへ向かうのか」を考えよう
 お客様がお客様を呼ぶ仕組みがある!
 あなたの心意気はお客様に伝わっていないかも
 お店はストーリーで輝く!

第5章 顧客情報はこうして使え!
 お客様の名前も連絡先も知らなくていい
 ニーズとウイッシュを分けて覚えよう
 ウイッシュとお店のコンセプトを合致させる
 お客様の本音を引き出すアンケートの取り方

第6章 「それでも出したい」という人のための、ダイレクトメール発信方法
 「ご来店ください」と言ってませんか?
 DMは"使い分け"が大切
 思い出してもらうDM&メルマガを
 
第7章 10秒で効果が出る!リピーター獲得接客マニュアル
 メソッド1「お客様を名前で呼ぶ」
 メソッド2「招かざる客を遠ざける」
 メソッド3「目を見て話す」
 メソッド4「サービスをしない」
 リピーターの定石「人質を預かる」
 ポイントカードの頭のいい活用法
 クレジットカード、使えますか?

第8章 最高のリピーターは「感動」演出の重要な担い手
 究極のリピーターは「手伝ってくれる」


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の履歴 氏名(ふりがな)


一圓克彦[いちえん・かつひこ]
株式会社リピーツ代表取締役社長。
製造業から福祉事業、IT事業さらに飲食業まで、大小7業種の
企業経営を経験した実践型「脱・安売り」リピーター創出コンサルタント。
リピーター創出により、たった6%の顧客離れ防止で利益率を21%改善、
離職率までもゼロにして各事業部を成長させる。
2008年、リピーター創出に特化した「株式会社リピーツ」を設立。
人間の脳をGoogleやYahoo!といった「サーチエンジン」に見立てた
独自メソッド「脳内SEO」によってリピーター創出を行っている。
顧問先の飲食店において、通常20〜30%といわれる顧客リピート率を
80%に引き上げるだどの実績が評価され、設立わずか1年で大手化粧品メーカー、
酒造メーカー、小売業や卸売業、カラオケ、飲食チェーンなどの要請を受け、
初年度より41社の顧問となってリピーター創出支援を行っている。
自社で実験運営した飲食店は3ヶ月で雑誌5誌・FM局に取り上げ
られるなど、注目を浴びている。


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。




◆本日のオススメ


0円で8割をリピーターにする集客術
0円で8割をリピーターにする集客術
あさ出版 2010-06-08



Amazonで詳しく見る
by G-Tools



では、また。



人気ブログランキングへ ■応援!


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 04:20| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | マーケティング・セールス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介ありがとうございます!著者の一圓克彦と申します。

「すぐできる!」「誰でも簡単に売上UP!」というノウハウが氾濫し、結局右往左往してしまった末、安売りに走らざるをえない状況の経営者様のため、一生懸命書かせて頂きました!

Posted by 一圓克彦 at 2010年06月11日 09:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック