2010年06月22日

アンガー・マネジメント - アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及! イライラ、ムカムカを一瞬で変える技 安藤俊介

◆本日の『人生を変える一冊!』(No.165/210)


アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及! イライラ、ムカムカを一瞬で変える技
アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及! イライラ、ムカムカを一瞬で変える技安藤 俊介

おすすめ平均
stars出来事と感情を直結させない
stars自分が変われば世界が変わる!
starsありがとうございます。
stars"怒り"を矯正
starsちょっと待て。その怒りには理由がある

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アンガー・マネジメントとは、
「マイナスの結果を引き起こしがちな“怒り”に正しく対処することで、
健全な人間関係をつくり上げる知識&技術」のこと。

これをビジネスに応用すれば、たちどころに快適に仕事ができ、
人望も成功も手に入る。

Fortune500企業で続々採用!
ストレスだらけの人間関係が劇的によくなる、
究極のセルフコントロール法本邦初公開。


最近、イライラ、ムカムカすることが増えてませんか?

それは、忙しいせいですか? 
それとも、腹の立つ上司のせいですか? 
はたまた、使えない部下のせいですか?

いいえ、違います。

「誰か」や「何か」のせいにしていても、
状況はなにも変わりません。
むしろ苛立たしいことが増えるだけ......。

だったら、イライラ、ムカムカを引き起こす
"怒り" という感情をもっとよく知って、
マネジメントするテクを身につけましょう!

そうすれば、もう、イライラに振り回されることなく
良好な人間関係を築くことができ、
"できる人"の道まっしぐらです。

「イライラするあまり、不機嫌な対応をしてしまった」
「ムカッときて、言ってはいけないことを言ってしまった」
そんな経験をして後悔をしたことが一度でもある人へ必読の一冊です!




◆目次はコチラ

はじめに アンガー・マネジメントがあなたの世界を劇的に変える!
序章 できるビジネスマンほどイライラ、ムカムカにふりまわされない
第1章 人間関係を劇的に変える!アンガー・マネジメントのしくみ
第2章 「なりたい自分」のイメージトレーニングから始めよう
第3章 「カチン!」「ムカッ!」ときたときの、感情の抑え方
第4章 記録することで、あなたの怒りを「見える化」しよう
第5章 無理せずできる!「怒らないしくみ」のつくり方
第6章 本心が伝わるコミュニケーション・スキルを身につけよう


◆著者はコチラ

安藤俊介[アンドウシュンスケ]
アンガーマネジメントセンター代表。アンガーマネジメントファシリテイター。
1971年群馬県生まれ。東海大学教養学部国際学科卒業。
外資系企業、民間シンクタンクなどを経て、渡米。
海外のセルフマネジメント技術に精通し、日本人として初めて
ナショナルアンガーマネジメント協会、アンダーソン&アンダーソン、
MFTNY公認のアンガー・マネジメント・ファシリテイターとなる。
メッセージのわかりやすさと丁寧さに定評があり、日本はもとより、
アメリカ、カナダなど世界中にクライアントを抱える。
経済産業大臣登録中小企業診断士。経営コンサルタント。


◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> アンガー・マネジメント|何かをすれば何かが変わる

p.8 アンガー・マネジメントは、「技術」であり、「教育」であるというところです。

p.18 「結果を出すためには、感情がジャマだと思っても、なくなることはない。だったらうまく利用するしかない。とくに“怒り”のような仕事にマイナスに作用しがちな感情については、きちんと取り組んでマネジメントしよう」

p.26 いろいろな人が、それぞれの立場から、自分の考えを最優先させようとすると衝突が起こります。
 この「意見や立場の違いを受け入れられないこと」が、しばしば「怒り」につながってしまうのです。

p.28 「べき」というのは、一見すると正しいことのように見えますが、実は自分の欲求でしかないことが多くあります。あなたにもありませんか。「べき」という考えをもとに、怒りを生み出してしまっていることが。

p.39 自分の中の怒りを受け止め、その怒りを目的達成に活かすこと。それこそが「アンガー・マネジメント」なのです。

p.39 怒りを感じたときにこそ、その「目的」を思い出してください。そうすることで、「怒り」をマネジメントすることに意味が生まれるのです。自分の目的を意識して、怒りをマネジメントするようにする。

p.52・54 怒りを抱くときに、とても重要なのが、「怒りの生まれる3段階」の2段階「出来事の意味づけ」なのです。
 私たちは出来事や誰かの言動を見たり聞いたりしたときに、自分の判断基準、コアビリーフに照らし合せて、それがどういうことなのかを考え、意味づけをします。

・・・・




◆最新の『書評サーチ』の結果一覧はコチラ

>> アンガー・マネジメント|Googleブログ




◆出典

誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則(気づき)誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則(気づき)
水野俊哉

きこ書房 2009-12-22
by G-Tools

>> 誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則(気づき)



水野俊哉の日記


なんと、巻末のブックリスト全210冊の

リンク集を作成していただきました!

ご苦労様です。ありがとうございます。

全部読んだら人生変わります。



>> 全210冊公開 誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。

人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ




◆本日のオススメ

165:アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及! イライラ、ムカムカを一瞬で変える技 安藤俊介 大和出版 2008-09



★本日のブログランキング情報



 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!

★3千ビュー/日を超えました! みなさまに感謝!

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ジャンル別:15位 

 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 ジャンル別: 第2位!  

            にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 ジャンル別:25位  

            人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 法則・トリセツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック