2010年06月23日

アイデアパーソン入門 加藤昌治

◆本日の『人生を変える一冊!』(No.166/210)


アイデアパーソン入門 (講談社BIZ)
アイデアパーソン入門 (講談社BIZ)加藤 昌治

おすすめ平均
starsブレストや企画会議でいつも奇抜なアイデアを出
starsアイデアを生む「教科書」
starsアイデアの出し方を「シンプルに」「体系的に」教えてくれる。
stars先取りQ&Aってすごくイイ!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アイデア=スポーツ!
アイデア出しは練習できる。練習すれば、上達する。

24時間、アイデアがあふれ出てくる体質になる方法を説く、
ベストセラー『考具』の副読本。

キーワードは「たぐる」。
「ぶつかる」「思い出す」「押さえる」「ほる」

生活の中のあらゆる出来事を自分の関心事に置き換える行動習慣を
身につければ、通勤も、カラオケも、新聞や雑誌を読むのも、
映画を観るのも、あっという間に「アイデアの素」に早変わり!

『アイデアパーソン入門』には、3つの顔があります。

●『アイデアパーソン入門』は、初級者の「教科」書。
  練習の仕方、教えます。

→新入社員から入社2~3年目の人、企画部に異動したばかりの人のために、
 アイデア出しの基礎と要点が理解でき、上達する練習法が書かれています。

● 『アイデアパーソン入門』は、中級者の「強化」書。
  復習の仕方、教えます。

→入社数年を経て独り立ちした人や、中小企業で組織をぐいぐい引っ張る
 立場にある人のために、次から次へとアイデアの素が飛び込んでくる
 行動習慣が書かれています。

●『アイデアパーソン入門』は、上級者の「教化」書。
  指導の仕方、教えます。

→企画部の部長やチームリーダーを務めている人、人事部や人材開発
 セクションで若手の育成に従事している人のために、単に
 「アンテナを張れ!」と言うだけではなく、具体的な手足の動かし方
 を教えるコツが書かれています。

「著者に訊きたい!」疑問が氷解!
読者代表の質問に答えた「先取りQ&A」付き。

装幀はクラフト・エヴィング商會。アイデアの本のデザインに、
斬新なアイデアが盛り込まれています。




◆目次はコチラ

このキーワード、まずは覚えていただけますか?
仕事とはリーグ戦。
プロフェッショナル・アイデアパーソンは「打率」にこだわる
プロフェッショナル・アイデアパーソンにとっての「ヒット」とは?
プロフェッショナルは練習の虫?
大人はアタマとカラダの両方で練習する
考えるとは、選ぶこと。
アイデアと企画とは別物である
わがまま→思いやり
アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせにしか過ぎない〔ほか〕


◆著者はコチラ

加藤昌治[カトウマサハル]
大手広告会社勤務。1994年、大手広告会社入社。
情報環境の改善を通じてクライアントのブランド価値を高めることを
ミッションとし、マーケティングとマネジメントの両面から課題解決
を実現する情報戦略・企画の立案、実施を担当。


◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> アイデアパーソン入門 |蔵前トラック U

「考具」で有名な加藤昌治氏の一冊。本書はどうやら「考具」の副読本として読まれたほうがいいというが、私自身「考具」を読んだことがないので、いきなり副読本からのアプローチになる。

それはさておき、本書の最初を読むといきなりこのような文言が、
「最初に宣言してしまいましょう。

 あなたはすでに「アイデアパーソン」なのです。(p.3より)」

本書はこれを前提にして始まる。

とはいえアイデアパーソンと言っても当然「初級者」「中級者」「上級者」と分かれているためたとえ「アイデア」を出すことが苦手な人でも本書を読めばどんどんアイデアが浮かんでくる。

中級者でも上級者でもアイデアについて学ぶことができるように作られているところがなかなかすごい。

アイデアに関しての「一生モノ」をつくっているのだから。

さて本書は全部で「50考」ある。

1考1考全部紹介するのは難しいためここではいくつか掻い摘んで紹介する。

第0考「このキーワード、まずは覚えていただけますか?」

本書では「アイデア」「アイデアパーソン」「たぐる」という言葉をよく使う。

これ自体全部解説してしまうと本書を買う意味がなくなってしまうのでここでは割愛する(後半出てくるかもしれないが)。

それにしても「たぐる」は「手繰る」と言う感じがあるのだが、独自に定義されている。

「たぐる」と言うのは本書において重要なワードの一つであるがそれについてはまた後ほど。

・・・・




◆最新の『書評サーチ』の結果一覧はコチラ

>> アイデアパーソン入門|Googleブログ



◆出典

誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則(気づき)誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則(気づき)
水野俊哉

きこ書房 2009-12-22
by G-Tools

>> 誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則(気づき)



水野俊哉の日記


なんと、巻末のブックリスト全210冊の

リンク集を作成していただきました!

ご苦労様です。ありがとうございます。

全部読んだら人生変わります。



>> 全210冊公開 誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。

人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ




◆本日のオススメ

166:アイデアパーソン入門 (講談社BIZ) 加藤昌治 講談社 2009-01-08



★本日のブログランキング情報



 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!

★3千ビュー/日を超えました! みなさまに感謝!

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ジャンル別:15位 

 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 ジャンル別: 第1位!  

            にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 ジャンル別:25位  

            人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 法則・トリセツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック