2010年07月06日

【書評】「できる人間」を目指すなら、迷うのはやめよう 22歳からの人生の法則 本田直之(監修)、安達元一(ストーリー原案)

◆「できる人間」を目指すなら、迷うのはやめよう


◆本田直之が4000冊の本の知恵を凝縮!!


本田直之の言いたいことを、夢ゾウ風に書いてみた!

なるほど!そういうことだったんだ、ということがわかります!

当たり前ですが、エッセンスは、変わりません!

だって、本田直之、そのまんま、なんですから。

でも、しかし・・・。

妙に納得してしまう。読みやすい。簡単に、のめり込んでしまう!

これが、放送作家のチカラ技、スゴ技なのでしょうか!

ダメダメの印を押された3名が、シンデレラストーリーに乗って、
なんと、いつの間にか、心入れ替わり、最後には宙に舞い上がる姿!

どれも、これも、感動的なお話しに、仕上がっています。

それも、いつもの、本田節「DMWL!」が炸裂!

DMWLとは、「Doing More With Less」の頭文字。

そう!「小さな労力で、より大きな成果を得る」ってやつです。


では、ひとつだけ、ネタバレのお話しを!

当ブログを読まれている方は、当然ビジネス書を読む方々。

そんな方々に贈る、本田直之の「読書の真髄」は、コレ!

「まずは読書の常識を捨てる。
 それから、どんどん書き込んで、どんどんページを折って、本を汚す。
 その際、本を読む目的を明確化する。本を選ぶ目的も明確にする!」

さらに、「読書に流れ」を理解する!

@制限時間を設ける!

 読み始める前に、この本はだいたいどれくらいの時間で読み終える
 ってことを決めておく。普通は1時間、多くて、せいぜい2時間!

A全体を俯瞰(ふかん)する!

 最初に、どこを読んで、どこを読まないかを見極める!
 本を読む目的に必要かどうかを基準に見極めていく。
 
 具体的には、1ページ目を読み始める前に、これを見ておく!

 ・著者プロフィール
 ・帯や袖
 ・まえがき
 ・目次
 ・あとがき
 ・ここまで読んでから、本文1ページ目へ

Bアウトプットして、知識を知恵に変える!

 読んだ内容を忘れずに、アウトプットするには、読書メモを作る。
 本を読みながら、書き込んだことを、箇条書きでメモする。
 
 そして、作ったメモを持ち歩いて、繰り返し読む!
 このメモが溜まってきたら、テーマ別に分類する!

 こうやって、単なる知識を知恵にバージョンアップさせる!
 
 「知識」ではなく「知恵」になると、
 その後の人生で応用することができるようになり、
 人生の選択肢が確実に広がる!


と、まあ、こんな風に、どこかで読んだ本田本のエッセンスが、
いたるところに、ちりばめられています。

楽しんで、「できる人間」を目指しましょう!
 


◆本日のオススメ!


「できる人間」を目指すなら、迷うのはやめよう 22歳からの人生の法則
「できる人間」を目指すなら、迷うのはやめよう 22歳からの人生の法則本田直之(監修)安達元一(ストーリー原案) 本田直之

おすすめ平均
stars決して総花的ではない。自己啓発書というよりビジネススキル向上
stars読みやすく分かりやすい
starsアイディア賞
starsドラマ仕立ての自己啓発本
starsストーリー仕立てでサクサク読めます!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

人生を変える方法がたった2時間で。

「目標設定」「情報収集法」「勉強法」「人脈づくり」

…目からウロコの考え方とノウハウを徹底解説。


4000冊の本の知恵を凝縮!人生を変える方法が、たった2時間でわかる!

『レバレッジ』シリーズの著者と「視聴率200%男」と呼ばれる
スーパー放送作家がなりたい自分になるノウハウをストーリー化!

●無料立ち読み版を配布中!
詳しくは、コチラへ!

『「できる人間」を目指すなら、迷うのはやめよう』公式サイト
http://www.ascom-inc.jp/dekiruningen/



人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 視聴率200%男! 安達元一 のテレビじゃ言えない!? - Yahoo!ブログ 


◆著者の『交友関係』(SPYSEE)はコチラ


>> 安達元一|あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]


◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> 【本田本集大成】『「できる人間」を目指すなら、迷うのはやめよう』本田直之(監修),安達元一(ストーリー原案)|マインドマップ的読書感想文

【本の概要】
◆今日ご紹介するのは、本田直之さんの「物語形式」の新作。

ただし、そのストーリーの原案は、放送作家として多くのヒット作を出された安達元一さんによるものであり、本田さんは監修というポジションです。

とはいえ、そこは本田さんですから、本書はノウハウてんこ盛り状態。

今までの本田さんの著作の「美味しいとこ取り」と言ってもいいくらいの力作に仕上がっています。

これ1冊読むだけで、「本田直之通(つう)」を名乗れるかも!?


・・・・


【所感などなど】
◆本書は冒頭でも触れましたように「物語形式」を取っている関係上、「ネタバレ」には極力注意したいと思っております。

そこで思うところをつらづらと。

気になるところで、やはり本田さん作の物語形式のご本、『走る男になりなさい』との比較。

『走る男〜』も、物語の合間合間に、本田さん特有のノウハウが凝縮されていましたが、本書の方が「ノウハウの注入度が高い」感じです。

これは『走る男〜』よりも本書の方が、より「ファンタジー的な要素」が強いため、ムチャができる(?)からではないかと。


◆また、『走る男〜』は、基本的には主人公が一人だったことにより、ノウハウを詰め込むのにも限界がありましたが、本書の主人公は3人(+α)。

キャラクターや、置かれている状況も3 種類設定できるため、結果的に、各人にあったノウハウをマスターする過程に違和感がありませんでした。

ネタバレ自重のため詳細は書けないのですが、3人それぞれが「何かしらに挑戦」し、その成功のカギを握るのが、その「ノウハウの習得」にあるというプロット。

彼らの驚異的な成長も、こうした目の前の目標があればこそ、と思えば納得です。

・・・・



◆最新の『書評サーチ』の結果一覧はコチラ


>> 「できる人間」を目指すなら、迷うのはやめよう|Googleブログ



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。


◆【続きを読む】で、気付きメモ、目次メモ、著者履歴などが見れます!


人気ブログランキングへ ■応援!


続きは ↓

◆目次メモ


はじめに あなたが“できる人間”を目指すなら、もう迷うことはやめよう!
序章 選ばれた3人、または3人のダメ人間
第1章 ゴブリンの章―変化の始まり
第2章 山下健三の章―人生が180度変わる読書術
第3章 早乙女美花の章―“世界”が広がる究極の英語習得法
第4章 日陰朋雪の章―人生が永遠に楽しくなる“人脈”の極め方
エピローグ 5年後の新たな“第一歩”


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の履歴 氏名(ふりがな)


本田直之[ホンダナオユキ]
レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO。
サンダーバード国際経営大学院経営学修士(MBA)。
シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に
参画し、常務取締役としてJASDAQへの上場に導く。
現在は、日米のベンチャー企業への投資事業を行うと同時に、
少ない労力で多くの成果をあげるためのレバレッジマネジメントの
アドバイスを行う。日本ファイナンシャルアカデミー取締役、
コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティング取締役。

安達元一[アダチモトイチ]
1965年群馬県生まれ。早稲田大学社会科学部卒。
放送作家として「踊る!さんま御殿!!」「奇跡体験!アンビリバボー」
「SMAP×SMAP」「とんねるずのみなさんのおかげでした」
などのヒット番組を数多く構成する。
1週間の担当番組の合計視聴率が200%を超えたことから
「視聴率200%男」の異名を持つ。
第42回ギャラクシー賞大賞、国連平和映画祭2007特別賞、
第49回国際エミー賞受賞。


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。




◆他のオススメ本はコチラ


走る男になりなさい
走る男になりなさい本田 直之

おすすめ平均
stars本田さんのエッセンスの詰まった小説です
stars初の小説!
stars自分の存在を信じ・感謝し、生きること!
stars「人生は軌道修正できる!」ポジティブな気持ちにさせてくれる本
starsレバレッジ本田氏の初小説

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆本日のオススメ


「できる人間」を目指すなら、迷うのはやめよう 22歳からの人生の法則
「できる人間」を目指すなら、迷うのはやめよう 22歳からの人生の法則本田直之(監修)安達元一(ストーリー原案) 本田直之

おすすめ平均
stars決して総花的ではない。自己啓発書というよりビジネススキル向上
stars読みやすく分かりやすい
starsアイディア賞
starsドラマ仕立ての自己啓発本
starsストーリー仕立てでサクサク読めます!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


では、また。



人気ブログランキングへ ■応援!


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 06:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 能力開発・自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック