2010年08月03日

カネに死ぬな掟に生きろ 宮崎学

◆本日の『人生を変える一冊!』(No.207/210)


カネに死ぬな 掟に生きろ
カネに死ぬな 掟に生きろ宮崎 学

おすすめ平均
starsおもしろい本です、少し元気がでます。
stars最高の教科書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


負け犬になったらアカン!

「人生破産」を踏み倒す突破者流・土壇場の哲学。

「突破者」として生きれば、人生は楽しく華々しく充実する。

アウトローだろうがサラリーマンだろうが、こうすれば「突破者」への道が開ける。

キツいエピソードと強烈思想満載で贈る痛快人生への招待状。




◆目次はコチラ

第1章 男は闘う動物である
第2章 カネより大切なもんが世の中にはあると知れ
第3章 市民社会にツバを吐け
第4章 ケンカに勝つ方法を教えたろ
第5章 仲間と女がいるから闘えるんや


◆著者はコチラ

宮崎 学
1945(昭和20)年、京都生れ。早稲田大学では学生運動に明け暮れ中退。
「週刊現代」フリー記者を経て、家業の解体業を継いだが、ゼネコンへの
恐喝容疑で指名手配され逮捕。
グリコ・森永事件で「キツネ目の男」に擬され、警察に最重要参考人として
マークされる。
『突破者』がベストセラーとなり執筆業に転身。


◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> カネに死ぬな掟に生きろ/宮崎学/徳間文庫|書評:ためいき色のブックレビュー

作者はヤクザの親分の家に生まれ、長じて共産党員、週刊誌の記者、土建屋の経営、
地上げ屋などの仕事を経、グリコ事件の犯人に間違えられたこともあり、
多彩な世界を覗いてきただけの見識をもつだけでなく、
アウトローとして生きることに存分の自信を持っている。

 「アウトロー」を「突破者」とも称し、己の生きる世界を克明に、
具体的な例を引きつつ、世を渡る術と掟について、余すところなく語っている。

類書がないだけに面白いし、はっとさせられることもしばしばだが、
部分的には私自身の生き様とも通ずるところがあり、面映い気分にもさせられた。

とはいえ、逆に、納得のいかない部分もなくはない。

 「突破者」とは、人間関係や金銭関係に壁ができたとき、
これを突破する知恵をもつ者との意味である。

たとえば、借金した相手が友人や知己の場合なら恩義を踏みにじらず返すことに
懸命に努力するが、銀行なら、契約書がある以上、払わなければ差し押さえられるだけのこと、
相手がサラ金なら、利子自体が違法なのだから踏み倒してしまえばいいという。

 作者は「カネを貸さずに殺されるケースはあっても、相手がサラ金でも、
カネを返さずに脅迫されはしても、殺されることはない。

なぜなら、借金を踏み倒されたうえに、自分が殺人罪で懲役をくらうなどというバカな
ことはしないからだ」と言い、「ヤクザが脅かしにかかるとき、大声をだして
喚くのは、それが彼らの仕事であって、いわば『生業の口上』
セールストークに過ぎない。

むろん、金額がかさめば、ヤクザのボルテージはいやが上にも高まりはするが」と、
のたまう。

 私がこれは面白そうだと思った理由は上記した内容だけで十分に解ってもらえるだろう。

私自身も高校時代は番長気取りでいたし、ホテル業に従事したときは何度も
ヤクザと相対した経験がある。

 
 ヤクザとの対応といえば、以下のような経験もした。

以下は私の目を惹いた箇所を列挙したが、一部、表現や言葉の選択
を私が勝手に替えていることをお断りしておく。

1.人間というのは、ただの愚かな動物にすぎない。それが自分の
 基本的認識である。動物という原点に還ったほうが、人間はずっと
 楽に生きられる。いくら高度な文明、文化を開花させても、人間は
 根っこに「動物」を抱えて生きている。動物性を否定して、理性に
 よって行動にブレーキをかけることは、動物が本来もっている美点
 を消し去ってしまう。

 動物としての原点を喪失したところにストレスが生まれ、個とし
 てのアイデンティティーに危機が訪れる。

2.人間は生まれたときは一人だし、死ぬときも一人。
 その間の始末をどうつけるかだけが人生の問題。

・・・・




◆最新の『書評サーチ』の結果一覧はコチラ

>> カネに死ぬな掟に生きろ|Googleブログ




◆出典

誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則(気づき)誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則(気づき)
水野俊哉

きこ書房 2009-12-22
by G-Tools

>> 誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則(気づき)



水野俊哉の日記


なんと、巻末のブックリスト全210冊の

リンク集を作成していただきました!

ご苦労様です。ありがとうございます。

全部読んだら人生変わります。



>> 全210冊公開 誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。

人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ




◆本日のオススメ

207:カネに死ぬな掟に生きろ (徳間文庫) 宮崎学 徳間書店 2000-12



★本日のブログランキング情報



 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!

★3千ビュー/日を超えました! みなさまに感謝!

 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 ジャンル別:1位!  

            にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 ジャンル別:25位  

            人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ジャンル別:15位 



posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 愛知 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 法則・トリセツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック