2010年09月06日

【推薦本】ハイパワー・マーケティング ジェイ・エイブラハム 金森 重樹

◆本日の『人生を変える一冊!』


【86点】 (050) 『ハイパワー・マーケティング』インデックス・コミュニケーションズ 05年2月 ジェイ・エイブラハム著  金森 重樹
ハイパワー・マーケティングジェイ・エイブラハム 金森 重樹

おすすめ平均
starsセールスに関係ない部署にいても一読の価値あり
stars優秀な教科書。
stars原典がお薦め
starsいかにも海外(アメリカ)という感じを受けるマーケティング本
starsダイレクトマーケティングの雄

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆【点数】 ◎86〜100点 ビジネス本のマスター

卓越の戦略、アップセル/クロスセル、USP、先制のマーケティング、
リスク・リバーサル、BTRF、A/Bスプリット、紹介システム、
ジョイント・ベンチャー…すべてはこの1冊から始まった。

IBM・シティバンク・マイクロソフトなど全米400社以上の
有力企業のマーケティング・コンサルタントを務めた著者による、
少ない元手で高収益を達成する具体的なアクションの仕方と
成功事例を説いていく。




◆目次はコチラ

第1部 今あるものを最大限に増やす方法
 成功へと続くすばらしい旅が始まる
 ブレイクスルーを生み出していく
 自分の強みと弱みを知る
 「卓越の戦略」をマスターする
 再購入システムを確立する ほか

第2部 最大限にしたものをさらに増やす方法
 ジョイント・ベンチャーを仕掛けていく
 紹介システムを導入する
 関係の途絶えたクライアントを取り戻す
 ダイレクトメールは一万人の営業部隊
 可能性の高い見込み客を特定しよう ほか


◆著者はコチラ

エイブラハム,ジェイ[Abraham,Jay]
全米NO.1コンサルタント。IBM、マイクロソフト、シティバ
ンク、チャールズシュワブをはじめとする400社以上のコンサル
ティングに携わり、その業績拡大に大きく貢献をする。カリスマ・
コンサルタントとして、世界中に熱烈なファンを持ち、1回のセミ
ナー参加料金は100万円を超えるほど。カリフォルニア州パロス
ヴェルデスで妻子とともに暮らしている。

金森重樹[カナモリシゲキ]
ビジネスプロデューサー。1970年生まれ、東京大学法学部卒業。
六本木在住。パソコン一台で億を超える収入をつむぎ出すマーケ
ティングの達人。ジェイ・エイブラハムなど米国流DRMに学び、
天才的マーケティング手法で、顧問先の販売する不動産を半年で9億
円売るなどの記録をつくる。その発行するメルマガ『回天の力学』
(まぐまぐID0000086027)は読者数8万人を超え、
マーケティング部門で読者数日本一。コンサルティング会社、不動産
会社、法務事務所など数社を経営するオーナーでもある。中小企業診
断士、一級販売士、行政書士。


◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> ハイパワーマーケティング|フォトリーディング体験記

「クライアントの数を増やす」「クライアントあたりの販売額を増やす」
「クライアントあたりの販売回数を増やす」等のマーケティング手法に
とどまらず、「自分自身のUSPは何か」「自分の強みと弱みを知る」等、
自分自身をライバルよりもはるか高い位置に引き上げるにはどうすれ
ばよいかについても書かれています。

○クライアントの数を増やす
USP・・・USP(ユニーク・セリング・プロポジション=独自の売り)を
明確にし、インパクトのある表現にする。例えば「常時168種類をご
用意」「色はきっと気に入っていただける10色展開」等。

テレマーケティング・・・さらなる情報も求めて返信してくるような、
ダイレクトメールをまず先に送付。反応のあった見込み客にターゲット
を絞って電話する。

紹介システム・・・費用が安く、リスクが低く、新規クライアントを
得る可能性がもっとも高い方法。クライアントがあなたに新しいクラ
イアントを紹介したくなるような論理的、感情的な理由を与える。

ダイレクトメール・・・2%の反響でもきちんと利益があがる。とに
もかくにも見出しが鍵となるので、読者の心を掴む文章でなければな
らない。そして単刀直入に、読者に、何をすればいいかを伝える。
「売り切れる前にぜひご注文を」

○クライアントあたりの販売額を増やす
アドオン・・・思わず選んでしまうようなアドオンをつける。例えば
クリーニング料金が、スーツ1着なら5ドルだが、3着まとめてなら
12ドルに設定等。

○クライアントあたりの販売回数を増やす
クライアントを取り戻す・・・例えば状況が変化したことにより付き
合いが途絶えたクライアントへは、クライアントの身におきた状況が
何なのかをとらえ、それが好転ならば、お祝いの言葉を述べ、祝福し
てあげる。

自分の消費活動を振り返ってみると、上記に記したようなマーケティ
ング戦略は、すでにいたるところで見られることかもしれません。

この本から一番学ぶべきポイントは「テストーマーケティングを繰り
返す」ということだと思いました。

・同じものに対する違う表現の仕方
・違うキャッチコピー
・どの雑誌に載せればいいか
・ラジオで宣伝するならどの時間に流すか
・最適な価格はどれか

つまり「すべてのアプローチ手法を今すぐテストしてみる」という
ことです。

これはマーケティングに限ったことではないかもしれません。

・・・・




◆最新の『書評サーチ』の結果一覧はコチラ

>> ハイパワー・マーケティング|Googleブログ


◆本日のオススメ!

【86点】 (050) 『ハイパワー・マーケティング』インデックス・コミュニケーションズ 05年2月 ジェイ・エイブラハム著  金森 重樹
4757302878



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。

人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ



◆出典

ビジネス本作家の値打ちビジネス本作家の値打ち
水野 俊哉
扶桑社 2010-06-18
おすすめ平均
stars役に立ちます。
stars作家の選定に偏りあり
stars辛口に、ビジネス書会を憂う気持ちが伝わる1冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆『全作品一覧(前半20名・119冊)』 はコチラ

>> 全作品一覧(前半)|ビジネス本でバージョンアップ2.0!

◆『全作品一覧(後半26名・112冊)』 はコチラ

>> 全作品一覧(後半)|ビジネス本でバージョンアップ2.0!


★本日のブログランキング情報



 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!

★3千ビュー/日を超えました! みなさまに感謝!

 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 ジャンル別:1位!  

            にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 ジャンル別:25位  

            人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ジャンル別:15位 



posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・セールス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック