2010年09月13日

【推薦本】お金と英語の非常識な関係(上) 神田昌典&ウィリアム・リード、スペシャル対談CD付き 神田昌典

◆本日の『人生を変える一冊!』


【85点】 (058) 『お金と英語の非常識な関係(上) 神田昌典&ウィリアム・リード、スペシャル対談CD付き』フォレスト出版 04年7月 神田 昌典
お金と英語の非常識な関係(上) 神田昌典&ウィリアム・リード、スペシャル対談CD付き神田 昌典

おすすめ平均
stars「英語でビジネスをする中で、英語ができるようになる」
stars初級英語リスニング用としては有効・・・
stars今からでも間に合う英語勉強法!!
starsタイムマシンに乗れば、成功して当たり前!!
stars英語はできるようにならない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆【点数】 ○76〜85点 極めて優れたビジネス本

本書を読み終えた後、あなたには、10年後の未来が見える。

つまり、ほんの少しの英語力で、必ず当たるビジネスモデルが、
まる見えになるのだ。

これで成功できないわけがない!

ぶっちゃけた話、私がビジネスで成功できたのは、
全部このシンプルな方法のおかげ。

あなたに、そのすべてのノウハウを公開しよう。


「お金と英語の非常識な関係」とは?

お金持ちになりたいですか? 
英語ができるようになりたいですか?
「そりゃ、そうだよ」

誰もがこう思うけど、どちらか一つだけでも実現できる人は、
ほとんどいない。なぜか?

それは、これらの目標をそれぞれ別に設定しているからだ。

誰もが、こう思うことだろう。「二兎追う者は、一兎も得られず」

だが、こと「お金」と「英語」に関するかぎり、この常識は当てはまらない。
「一兎追う者は、一兎も得られず。二兎追う者こそ、二兎を得る!」

しかも、最短最速で、である。
これこそ、「お金と英語の非常識な関係」なのだ。

◎本書を読み終えた後、あなたには、10年後の未来が見える。
つまり、ほんの少しの英語力で、必ず当たるビジネスモデルが
丸見えになるのだ!

◎外交官大統領通訳⇒全米トップMBA⇒28歳にして外資系企業・
日本支社長⇒独立して4000社のカリスマコンサルタント⇒ベストセラー作家。

わずか数年で、富と自由を欲しいままにした著者が、最短最速
で成功するための全ノウハウをついに公開!

◎上巻には、実践的な英語学習のための「神田昌典&ウィリアム・
リード(ゲリラマーケティング・マスタートレーナー)スペシャル対談CD」付き。




◆目次はコチラ

第1章 お金になる英語の学び方
・ 「金のなる木」の種子は、どこにある?
・ 愚鈍なカメが、ガメラになれた理由
・ カギは、ほんの少しの英語力
・ タイタニック号が目の前にあっても、
 見ようとしなければ、何も見えない
 
●英語でチャンスが広がる理由1
 平成日本は、情報鎖国下にある。だから儲けられる
・ よい本ほど、日本では翻訳されない
・ 私の人生を変えた本
 
●英語でチャンスが広がる理由2
タイムマシンに乗れば、成功しないのは不可能だ
・ ダイレクト・レスポンス・マーケティングとの出会い
・ ダイヤモンドの原石はいたるところに
・ 神は手をあげるものにチャンスを授ける
・ 誰にも気づかれずにチャンスが放置されるわけ
 
●英語でチャンスが広がる理由3
 億万長者は言う。「時代の流れを読め」と。
それじゃ日本のこれからの一〇年は、どうなっていくのか?
・ 生き残りをかけての未来への選択
・ 歴史は七〇年周期でめぐっている
 冬の時代……一九四五〜一九六二年
 春の時代……一九六三〜一九七九年
 夏の時代……一九八〇〜一九九八年
 秋の時代……一九九八〜二〇一四年
・ いよいよ近づいた、ヒーローが大量に現れる日
・ 世界というステージへ

第2章 勉強しなくても、なぜか英語が使える人の秘密
・ なぜ松田聖子は英語が使えるのか?
・ この六つの常識を捨て去れば、英語学習は飛躍的に楽しくなる
 1 日常会話を捨てる
 2 専門外のトピックは捨てる
・ 複雑に見えるものほど、習得しやすい
・ あなたの人生は、テープ何本分か?
・ 動機が不純だから、速く学べる
・ 最高の、生きた勉強とは?
 3 単語力を増やす努力を捨てる
 4 文法的に正しく話すことを捨てる
 5 ペラペラしゃべることを捨てる
 6 キレイに発音することを捨てる

第3章 新しい現実を生み出すファースト・ステップ
・ 新しい現実を創るメカニズム
・ 世間の常識に浸かっていると、迷路にはまる
・ 最短最速ルートで行こう
・ 積み上げ式思考法 vs 結果先取り式思考法
・ 英語は、あなたに本当に必要なツールなのか?

●非常識な英語活用法ステップ?
未来先取りのイメージ化 実現しやすくなる目標の設定法
・ SMARTの原則
・ サイドブレーキを解除する
・ 英語ネイティブの頭に切り替える
・ 名前だけでも「ガイジン気どり」になってしまおう
・ 二度〜三度、打ち砕かれる体験が起こる
 ファースト・ステージ……努力がなかなか結果に現れない
 セカンド・ステージ……努力する程度は同じでも、実力がぐんぐん伸びる
 サード・ステージ……意識的に努力しなくても、実力が安定してくる


◆著者はコチラ

神田昌典[カンダマサノリ]
上智大学外国語学部卒、外務省経済局勤務。その後、ニューヨーク
大学経済学修士、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学
修士(MBA)取得。米国家電メーカー日本代表を経て、経営
コンサルタントに。
現在、起業家教育、心理カウンセリング、加速教育等の分野にて
複数の会社を経営。


◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> 読書日記 『お金と英語の非常識な関係(上)』|やすのぼやき

 まだ未読だった神田昌典さんの著書『お金と英語の非常識な関係』を。

この本は上下2巻で非常に長い。のですが、実際に読むべき重要
部分にしるしがついているんで、本書の重要な部分を把握するに
はほとんど時間はかかりません。

そうはいっても、内容が濃いだけに1回さらっと読んだだけでは
ちゃんと理解できないかも。逆に、神田さんの本意を間違って理解
してしまう人もいるんじゃないでしょうか。この点には注意です。

 タイトルに「非常識」とついているように、この本は英語学習と
いう面で言ってしまったら本当に非常識。

それよりも、英語をいかにビジネスに役に立てるかという面を
しっかり理解すべき。

英語マニアに陥って、実用性のない英語を覚えるより、英語を簡単
に使いこなして役に立てるというのが本書の目的だというこを忘れ
てはいけません。

 まず本書上巻では、「なぜ英語を学ぶ必要があるのか」を述べて
おります。

 簡単に言ったら、アメリカには日本では翻訳されていない良い本が
溢れており、良質な情報はほとんどが英語で書かれているため。

そして、神田さんが言うには、アメリカは日本よりも10年先を行った
考えを持っているという。

つまり、英語によって情報を集めることができれば、10年先の
ビジネスを日本でできるというわけ。

 これらの良質な情報は別に英語がペラペラにしゃべれなくとも手に
入れられるというのが本書のミソであります。

 次に英語の常識を覆す内容である、英語が使える人の秘密を暴露。
 神田さんが言う、英語学習を進めるうえで捨ててしまったほうが
 いいものは6つ。

1 日常会話を捨てる
2 専門外のトピックを捨てる
3 単語力を増やすことを捨てる
4 文法的に正しく話すことを捨てる
5 ペラペラしゃべることを捨てる
6 キレイな発音を捨てる

・・・・




◆最新の『書評サーチ』の結果一覧はコチラ

>> お金と英語の非常識な関係|Googleブログ


◆本日のオススメ!

【85点】 (058) 『お金と英語の非常識な関係(上) 神田昌典&ウィリアム・リード、スペシャル対談CD付き』フォレスト出版 04年7月 神田 昌典
4894511711




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。

人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ



◆出典

ビジネス本作家の値打ちビジネス本作家の値打ち
水野 俊哉
扶桑社 2010-06-18
おすすめ平均
stars役に立ちます。
stars作家の選定に偏りあり
stars辛口に、ビジネス書会を憂う気持ちが伝わる1冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆『全作品一覧(前半20名・119冊)』 はコチラ

>> 全作品一覧(前半)|ビジネス本でバージョンアップ2.0!

◆『全作品一覧(後半26名・112冊)』 はコチラ

>> 全作品一覧(後半)|ビジネス本でバージョンアップ2.0!


★本日のブログランキング情報



 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!

★3千ビュー/日を超えました! みなさまに感謝!

 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 ジャンル別:1位!  

            にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 ジャンル別:25位  

            人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ジャンル別:15位 



posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック