2010年10月09日

【推薦本】千円札は拾うな。 安田 佳生

◆本日の『人生を変える一冊!』


【82点】 (195) 『千円札は拾うな。』 サンマーク出版 06年1月 ※08年に文庫化 安田 佳生
千円札は拾うな。安田 佳生

おすすめ平均
starsiPad版もありますよ
stars皆がみんなコレ実行したら・・・。
stars「「捨てられるものの量」がその人の「変化値」を決めている」
starsタイトル勝ち。
starsちょっと著者の自己陶酔のような気が・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆【点数】 ○76〜85点 極めて優れたビジネス本

残業をやめれば、給料は増える。

見えてる人には見えている、常識の「半歩先」の考え方。

『採用の超プロが教えるできる人できない人』から3年、
読者待望の「安田式・人生を劇的に変えるビジネスバイブル」。

千円札を拾うと得をする― ― これは一見常識的なこと。

でも、千円札を拾った人は本当に得をするんでしょうか?

もしもその千円札の隣に一万円札が落ちているとしたらどうで
しょう。誰しも、もちろん一万円札を拾いたいと思いますよね。

でも現実には、千円札にばかり目をとらわれて一万円札に気づ
かない、大きな利益を得たつもりになっているけれども実際に
は一万円札ではなく千円札を拾ってしまっている、ということ
は非常に多いのです。

そんな「これはこうするもの」「こうやれば得をする」という
既存の常識にとらわれたあなたの固い頭を、ふっと解き放って
くれるビジネスバイブルがついに登場です。

累計35万部を超えるベストセラー『採用の超プロが教える〜』
シリーズで話題となった、著者のユニークな戦略や経営、人材
育成に対する考え方の根幹にあるものはこれだったのかと、
読む人は目からウロコ。見えてる人には見えている、新しくて
本質を突く内容に、思わずうなってしまうはずです。

若いビジネスマンや経営者はもちろんですが、ひとりでも部下
を持つ人ならぜひ読んでほしい一冊。頭の固い上司のデスクに、
こっそり置いておくのもいいかもしれません。




◆目次はコチラ

1章 成果を生み出す「時間」のとらえ方―時間の常識はゴミ箱へ
 勤勉は悪、努力は報われない
 残業をやめれば給料は増える ほか

2章 利益をもたらす「お金」の上手な使い方―お金の常識はゴミ箱へ
 経営とは買い物だ
 「お金は血と汗と涙の結晶」という考えを捨てる ほか

3章 大成する「いい男」「いい人材」の見抜き方―人を見る目の常識はゴミ箱へ
 男性アイドルの頂点は髪型でわかる
 変化値は捨てられるものの量で決まる ほか

4章 トレンドを捨て、「本質」を貫く考え方―常識を捨てる勇気ある決断
 即決にこそ、価値がある
 大きいことはもはや安定ではない ほか


◆著者はコチラ

安田佳生[ヤスダヨシオ]
株式会社ワイキューブ代表。1965年大阪生まれ。
18歳でアメリカに渡り、オレゴン州立大学で生物学を専攻。
帰国後、リクルートでの営業職を経て、90年株式会社ワイキューブ設立。
主に中小・ベンチャー企業を対象とした経営戦略立案、
人材・営業コンサルティング事業を展開している。
独自の手法による戦略立案と、それに基づいたツール製作、
コンサルティングサービスの提供により、多くのクライアント
企業の業績アップを実現。
その確かなノウハウが、経営者やビジネスマン、そして学生
からの絶大な支持を集めている。


◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> 千円札は拾うな。|たつをの ChangeLog

なぜ「千円札は拾うな」なのかというと、
「千円札を拾うと目線が下がり、他のものが見えなくなるから」、
とのこと。
目先の小さな利益よりももっと価値のあるものに目を向けよう、
ということでしょうね。

以下、読書メモ。もりだくさんかも:

優秀な人材には仕事をさせない、という話 (p.28)。
優秀な人にたくさんの仕事をさせると、こなしてくれはするけど、
それだけで終わってしまう。
優秀な人の最も大切な能力は「新しいものを生み出す能力」なのだから、
自由な時間を与えて、新しいものを出してもらうのが吉。
大企業に埋もれている優秀な人の話を思い出した。

自分でできることは自分でしない、という話 (p.36)。
やる人によって生産性があまり変わらないことは外注せよ、と。
私から補足すると、外注するときは、なるべく「やれば自分でもできること」
を外注するべきだと思います。外注での成果をきちっと検証するために。

ビジネスは、頑張って努力して百メートルを九・五秒で走るより、
全く別の方法で百メートルを五秒で移動した者が勝つ世界なのだ。
(p.40)

「研究さん」(http://0xcc.net/misc/kenkyu-san.html) を思い出しました。
どの世界でも、ひらめき・アイディアで努力を回避するのが最強ですね。

売り上げを伸ばすために「嫌な」顧客を捨てる、という話。
嫌なお客一割を断ると結果的に売り上げが増える、と。

 お客の一割を断るのだから、売り上げも一割落ちると思われるだろうが、
実際にはそうではない。実際にやってみるとわかるが、
残りの九割の会社だけで九十五%前後の売り上げになる。
 なぜ一割下がらないのかというと、現実にはいちばんうるさい客が、
いちばん儲からない客だからだ。(p.44)

・・・・




◆最新の『書評サーチ』の結果一覧はコチラ


>> 千円札は拾うな|Googleブログ


◆本日のオススメ!

【82点】 (195) 『千円札は拾うな。』 サンマーク出版 06年1月 ※08年に文庫化 安田 佳生
千円札は拾うな。安田 佳生

おすすめ平均
starsiPad版もありますよ
stars皆がみんなコレ実行したら・・・。
stars「「捨てられるものの量」がその人の「変化値」を決めている」
starsタイトル勝ち。
starsちょっと著者の自己陶酔のような気が・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



◆他のオススメ!

検索は、するな。
検索は、するな。安田 佳生

おすすめ平均
starsひたすら考えを巡らせること。
starsまず表紙のデザインがいい。
stars「自分の頭で考える。」 ことがますます大事になってきた。
starsタイトルは釣りだが思考法にフォーカスして読めば価値あり
stars自分の頭で考えろ!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


採用の超プロが教えるできる人できない人 (サンマーク文庫)
採用の超プロが教えるできる人できない人 (サンマーク文庫)安田 佳生

おすすめ平均
starsまともな人は転職市場に出てこない?
stars参考までに
stars採用担当者へも、社会人へも
starsチャレンジャー的な企業を目指すならば有用?
stars売れまくったシリーズ第一弾

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


採用の超プロが教える仕事の選び方人生の選び方 (サンマーク文庫)
採用の超プロが教える仕事の選び方人生の選び方 (サンマーク文庫)安田 佳生

おすすめ平均
stars就職活動生にもオススメ!
stars日々気をつける点とは?
starsできていないが当たり前のことを認識し実践するために
stars胸が熱くなった
stars安田佳生は言ってることがわかりやすい。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


下を向いて生きよう。
下を向いて生きよう。安田 佳生

おすすめ平均
starsカミングアウト
stars人生は99%あとづけ
starsタメになった気はしないが少し笑えた
stars下を見させてもらった
stars変化するのが人間じゃないかと思う。。。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


嘘つきは社長の始まり (サンマーク文庫 B- 113)
嘘つきは社長の始まり (サンマーク文庫 B- 113)安田 佳生

おすすめ平均
stars楽しく読める本です。安田さん最高です!
stars自分の中にまた新たな感覚が生まれた。
stars前作「下を向いて生きよう」かどちらか読めば大丈夫です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。

人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ



◆出典

ビジネス本作家の値打ちビジネス本作家の値打ち
水野 俊哉
扶桑社 2010-06-18
おすすめ平均
stars役に立ちます。
stars作家の選定に偏りあり
stars辛口に、ビジネス書会を憂う気持ちが伝わる1冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆点数の見方は以下の通り 【点数】
 ◎86〜100点 ビジネス本のマスター
 ○76〜85点 極めて優れたビジネス本
 □61〜75点 平均レベルのビジネス本
 △50〜60点 買うのに勇気がいるビジネス本
 ▲49点以下 ポンチビジネス本

◆『全作品一覧(前半20名・119冊)』 はコチラ

>> 全作品一覧(前半)|ビジネス本でバージョンアップ2.0!

◆『全作品一覧(後半26名・112冊)』 はコチラ

>> 全作品一覧(後半)|ビジネス本でバージョンアップ2.0!


★本日のブログランキング情報



 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!

★3千ビュー/日を超えました! みなさまに感謝!

 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 ジャンル別:1位!  

            にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 ジャンル別:10位!  

            人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ジャンル別:15位 



posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生論・教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック