2010年12月10日

【新刊紹介】仕事に幸せを感じる働き方 横山 信治

◆夢は必ず実現する!


◆「For You」は幸福のパスポート!



幸せになるための極意、エッセンスを大公開!

それは、人を変えようとするのではなく、自分が変わること!

そして、自分のためではなく『For You』の気持ちを持って、
相手と接すること!


他人の悪口ばかり言っていても、何も良いことは訪れませんよね。

でも、いつもまにか、そういう人の輪の中に入ってしまうのも人間です。

しかし、その輪の中にいる限り、幸せや成功にたどり着くことはできません。

本当に、幸せになりたいのなら、思いきって、幸せに生きている人たちや
年下の方でも成功している方々へ近づき、その仲間に加わってみることです。

変なこだわりや嫉妬心は捨てましょう!

感動したい方にオススメの一冊!


◆本書の『購入者キャンペーン』はコチラ


>> ◆ 発刊記念 購入者・キャンペーン開催 ◆ 
    ★★★2010年12月11日(土)〜2010年12月13日(月)23時59分まで★★★


◆購入者特典
 1. 12月19日 「仕事に幸せを感じる働き方」出版記念イベント(抽選3名)
 2. 横山信治 x ビジネス書作家水野俊哉 の対談
 3. あさ出版の編集者があなたの出版企画に編集者が直接アドバイス
 4. 本に書けなかった幻の原稿
 5. 北尾吉孝「何のために働くのか」(致知出版社) にプレゼント(抽選10名)
 6. 水野俊哉 著書11冊の中からお好きな本にプレゼント(抽選10名)


◆本日のオススメ!


仕事に幸せを感じる働き方
仕事に幸せを感じる働き方横山 信治

あさ出版 2010-12-10
売り上げランキング : 5993


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆アマゾンの内容紹介から ↓

北尾吉孝氏(SBIホールディングス 代表取締役CEO)推薦!
仕事で迷っている人、転職を考えている人、仕事を楽しみたい人、必見!

著者が面接した3000人中、
「転職先で活躍できる」と感じられたのはわずか10人。

その10人に共通する「考え方」とは? 

「その考え方を身につければ、
 今の職場で、夢は必ずかなえられます。
 年収も上がることをお約束します」

元最年少プロ落語家(小学校6年生)、
現上場企業役員の語る、
今の仕事と前向きにつき合える方法!

笑福亭鶴瓶や、立川談志など、
著者が落語家時代に見たプロフェッショナルの仕事に向き合う姿勢からも、
ビジネスのヒントが見えてくる!



◆目次メモ


プロローグ まずは自分の「位置」を知ろう
第1章 転職しても不満は消えない
 01 不満はこうして起こる
 02 相性のよい上司に巡り会える確率は5%
 03 ステップアップは今の会社でもできる
 04 あなたの求める会社はどこにもない
 05 あなたの市場価値はいくらですか
 06 転職理由は、今の会社でできることばかり
 07 本当に自分がしたいことをわかっていますか
第2章 仕事の不満はこうしてなくそう
 08 不満はあなたの「考え方」にある
 09 人のアラ探しはそろそろやめよう
 10 「嫌いな仕事」はない
第3章 仕事に幸せを感じる働き方とは?
 11 あなたは今の会社で上位5%に入っていますか
 12 プラスワンの仕事ができる人は成功する
 13 仕事を好きになれる人が成功する
 14 なぜ、誰でも成功できると言い切れるのか?
 15 私の転職経験と今思うこと
第4章 大嫌いなあの人と、仲良くできる!
 16 人間関係をよくするために
 17 淀川長治の「私は嫌いな人に逢ったことがない」
 18 嫌いな上司とうまくやるには
 19 あのひどい上司を好きになれなんて……
 20 もし批判や中傷を受けたら……
第5章 プロフェッショナルの仕事の姿勢
 21 落語家になる熱意(私の経験)
 22 仕事も人生もうまくいく「For You」
 23 笑福亭鶴瓶に学ぶ奉仕の精神
 24 立川談志の確固たる自信
 25 つき合う人を変えると上位5%に入れる
 26 成功の秘訣は変化とスピード
 27 北尾吉孝の人間学
第6章 仕事で夢をかなえるために
 28 チャンスは目の前にたくさんあります
 29 まず夢と目標を決めよう
 30 感謝の気持ちが成功を呼ぶ


◆著者の履歴 横山 信治(よこやま・のぶはる)


SBIモーゲージ(株)取締役執行役員常務。

1982年、日本信販(株)(現三菱UFJニコス)に入社。
営業成績全国最下位のダメ営業マンだったものの、
本書で紹介する簡単な「コツ」をつかみ、
全国NO.1へ。

2001年5月に日本初のモーゲージバンク(証券化を資金調達手段とした
住宅ローン貸出専門の金融機関)となるSBIモーゲージ(株)(当時は
グッドローン)の設立に参加。

SBIモーゲージは当初4人でスタート。
現在、従業員200人、店舗数90、融資残高8,000億円に成長。
「フラット35」の取扱高、全国NO.1。

これまで3,000人以上の採用面接に立ち会うなかで、
転職で成功すると言える人は10人もいなかったことから、
安易な転職希望には厳しく接している。

また、本書で詳しく紹介する、
どんな仕事でも成功する人に共通する「考え方」を発見。
それを広めるべく講演等を行っている。

ライブドア事件でホワイトナイトとして登場した北尾吉孝氏
(SBIホールディングス (株)代表取締役CEO)から
高い評価を受けており、
マスコミが報じない北尾氏の姿を知る数少ない人物。

小学生の頃、落語家の笑福亭松鶴に入門し、
最年少プロ落語家としてテレビ、ラジオなどに多数出演した経験もある。
芸名は笑福亭手遊(おもちゃ)で、
笑福亭鶴瓶氏の元兄弟子。

人気ブログランキングへ ■感謝!

◆著者の『出版記念イベントのお知らせ』はコチラ


>> 水野俊哉「ビジネス用語の常識・非常識」&
横山信治「仕事に幸せを感じる働き方」2010年12月19日(日)
 


◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> 仕事の不満をなくすちょっとした考え方 - 451 仕事に幸せを感じる働き方|あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術

・・・・

仕事に幸せを〜と書いてありますが、いきなりそんな考えになるの
はおそらく無理です。

ではあなたの何を変えればその「不満」は去っていき、幸せという
よりは楽しさを得られるようになるのでしょうか。

・・・・

●最後に

結局のところ、幸せだとか楽しいだとかいう感情は人それぞれなわけで
一概に決め付けることはできないと思います。

それでも、今仕事をしているのであれば、あなたの人生の中で何かしら
の決断があったから今の仕事に就いているわけです。

今の仕事が天職だ!
なんて働いている人はごく稀でしょう。

ただ、不満を言って辞めてやるというのではなく、少しでも自分の仕事の
しやすいように現状を変えてみようと動くのも良いことだし、さっさとや
ることやって仕事を終わらせて、空いた時間を未来に向かって投資するこ
とだってできるはずです。

どちらにしても不満を言ったり、躊躇したりするほど人生は長くないのか
ななんて思います。


そもそも「悩む」こと自体がムダなんじゃない?


なんて言うと、このブログを長く読んでくださっている方には馬鹿にされ
そうですが、少なくとも仕事上では、「悩んでいる」暇があったら手を動
かす、自分からアクションを何かしら起こしてみるということが大切なの
かも知れません。

何かチャレンジングなことをしても命を取られる事はないですし、せっか
くの人生有意義に過ごしたいですからね。

・・・・



◆最新の『書評サーチ』の結果一覧はコチラ


>> 仕事に幸せを感じる働き方|Googleブログ

◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


人気ブログランキングへ ■感謝!

◆本日のオススメ


仕事に幸せを感じる働き方
仕事に幸せを感じる働き方横山 信治

あさ出版 2010-12-10
売り上げランキング : 5993


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆他のオススメ


ビジネス用語の常識・非常識 (双葉新書)
ビジネス用語の常識・非常識 (双葉新書)水野 俊哉

双葉社 2010-11-17



Amazonで詳しく見る
by G-Tools


では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。


★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!

★3千ページビュー/日を超えました! みなさまに感謝!

 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 ジャンル別:1位!  

            にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 ジャンル別:10位!  

            人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ジャンル別:15位 

posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生論・教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック