2011年04月01日

【書評】生きる勉強 ― 軽くして生きるため、上座仏教長老と精神科医が語り合う アルボムッレ・スマナサーラ 香山リカ

◆生きる勉強 アルボムッレ・スマナサーラ


◆人間が生きるために最もの大切なこと!


精神科医である香山リカが、日々接している患者さんに対する疑問を、
仏教家スマナサーラ長老に素朴な疑問として問いかけ、
それに対する回答という形で対談が進んでいく。

スマナサーラ長老は、テーラーワーダ仏教の長老。

テーラーワーダ仏教とは、2600年前にお釈迦様が弟子たちに語った
教えをそのままの形で受け継いだ仏教である。

一般的な新興宗教によくある、神秘的、呪術的要素は一切なく、
苦しみから逃れて、楽しく明るく生きていくための、
具体的かつ実践的な智慧だそうである。

香山さんのどんな質問に対しても、シンプルな回答が返ってくる。

昔から、人間は同じことに悩み、同じように苦しんでおり、
驚くべきは、それに対する考え方や対応が釈迦によって、
既に考えられていたということ。

日本の仏教はというのは、釈迦の死後100年以上経過してから発達
した宗派であり、信仰型の宗教に変わっているということ。

つまり、仏さまを拝んだり、念仏を唱えたり、といった形に変容
しているのだそうだ。

◆スマナサーラ(P11より抜粋)

お釈迦さまは「渇愛」という単語を使ってましてね。
「渇愛」というのは、生かされている衝動ですね。
三種類あります。

一つは五感から刺激を受けること。
食べたり、映画を観たり、結婚して家族をつくったりして
楽しむ世界。で、そのために生きてみるということ。

二番目は存在欲です。
とにかく生きていきたい、死にたくない、というね。

三番目は破壊欲なんです。
殺してしまいたい、という。


というような調子で、テーラーワーダ仏教での解釈が
いたるところで披露されています。

人間の奥深い本質を、自然な感じで語り合っているなと感じました。

香山さんの精神科医としての素朴な疑問もさることながら、
長老の答えに真摯に聞き入っている姿が新鮮です。

人間とは、心とは・・・を考える貴重なオススメの一冊です!


◆本日のオススメ!


生きる勉強 (サンガ新書)
生きる勉強 (サンガ新書)アルボムッレ・スマナサーラ 香山 リカ

サンガ 2010-11-26



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

私たちは、知らない間に余計なものを身にまとい、何かに縛られて生きてる。

だから、軽しくして生きること。

そのために必要なことは、人間としての勉強。----生きる勉強。

既成仏教への不満が広がるなか、注目を集める初期仏教。

その先導役たるスリランカ上座仏教長老スマナサーラ師と、
メディアの一線で活躍し続ける精神科医・香山リカがついに対談。

自殺、うつなど、閉塞する現代人の心に、斬新な発想の転換を
促す初期仏教の考え方。

現代の心の問題を問いつづける精神科医はそこに何を見るのか。

信仰、宗教、自我、子育て、豊かさ、ヒューマニズムなど、
人間が生きるために最もの大切なことを語り合った七時間。



◆目次メモ


第1部 仏教と医療は合流する
 死にたい」はなぜ?
 妄想と瞑想
 心の治療法
 医療の役割、仏教の役割

第2部 仏教を学ぶ
 「私」なんて幻だ
 仏教的な方法を学ぶ
 人間を学ぶ

第3部 宗教の役割
 危険な言葉たち
 宗教はピエロ
 すがらないで生きる
 宗教がやるべきこと
 ヒューマニズムとは

第4部 医療と仏教の共同作業
 正しい認識とは
 人間に向き合う技術
 生き方を教える科学

◆著者の履歴


アルボムッレ・スマナサーラ
スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老。1945年4月、スリランカ
生まれ。13歳で出家得度。スリランカの国立ケラニヤ大学で仏教哲学
の教鞭をとったのち、1980年に国費留学生として来日。
駒澤大学大学院博士課程で道元の思想を研究。現在は(宗)日本テーラ
ワーダ仏教協会で初期仏教の伝道と瞑想指導に従事。
メディア出演や全国での講演活動を続けている。

香山 リカ
1960年7月、北海道生まれ。東京医科大学卒。学生時代より雑誌等に
寄稿。その後も臨床経験を活かした、各メディアで社会批評、文化批評、
書評など幅広く活躍し、現代人の“心の病”について洞察を続けている。
専門は精神病理学だが、テレビゲームなどのサブカルチャーにも関心を
もつ。

人気ブログランキングへ ■感謝!


◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> 『生きる勉強』|陽 気 村

スマナサーラ長老と精神科医 香山リカさんとの対談です。

「こんなはずじゃなかった」「私はこんなことをしている人間ではないはずだ」とか

「何をしたいのかわからない」「打ち込めるものがない」という問いに長老は答えます。

大事なのは「今の瞬間」なんですよ。「今をしっかり生きよう」と。

・・・・



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ


テーラワーダ仏教「自ら確かめる」ブッダの教え
テーラワーダ仏教「自ら確かめる」ブッダの教えアルボムッレ・スマナサーラ Alumbomulle Summanasara

大法輪閣 2010-10

「仏教は心の科学」!
ブッダの教えとその実践方法の一つ一つを、当時のまま
今日まで伝えてきたテーラワーダ(初期)仏教が説く幸福への道。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


心は病気―役立つ初期仏教法話〈2〉 (サンガ新書)
心は病気―役立つ初期仏教法話〈2〉 (サンガ新書)アルボムッレ スマナサーラ Alubomulle Sumanasara

サンガ 2006-10

「誰の心も病んでいます」 お釈迦さまはそうおっしゃいました。
それだけではありません。
心を乗り越えることで、この上ない幸福に至ると説きました。
心を科学し知りつくしたブッダによる、心の取扱説明書。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆本日のオススメ


生きる勉強 (サンガ新書)
生きる勉強 (サンガ新書)アルボムッレ・スマナサーラ 香山 リカ

サンガ 2010-11-26

既成仏教への不満が広がるなか、注目を集める初期仏教。
その先導役たるスリランカ上座仏教長老スマナサーラ師と、
メディアの一線で活躍し続ける精神科医・香山リカがついに対談。
自殺、うつなど、閉塞する現代人の心に、
斬新な発想の転換を促す初期仏教の考え方。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


では、また。



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。


★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!

★3千ページビュー/日を超えました! みなさまに感謝!

 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 ジャンル別:2位!  

            にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 ジャンル別:20位  

            人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ジャンル別:30位 


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生論・教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック