2011年08月18日

【書評】学校も会社も教えてくれないお金のこと 中村芳子

◆学校も会社も教えてくれないお金のこと


◆20代の社会人、必読!お金の基礎!



就職をして社会人になり、お金をかせぐ。
ここまでは、誰もが特に疑問もなく、普通にやっています。

でも、そのお金をどう扱うか、という知識は、意外に持って
いません。だって、会社でも学校でも教えてくれませんから。

著者は、ファイナンシャルプランナーとして、個人のマネー相談、
特に20代、30代の方々への啓もう活動に力を入れているそう
です。

そんな中から生まれた本書は、新社会人、または、働き出して数年
の若者向けに、お金の基本的な扱い方を、わかりやすく、解説した
内容となっています。

「おわりに」には、さらに本音が書かれています。(必読)

 この本は、愛する娘たちへの遺言のつもりで書いた。
 なので、闇タイトルは「社会人になる我が子へ・・・」である。

 ・・・

 5年前に正しかったことが間違いになる。
 3年前の常識が非常識になる、1年後のことが予測できない。

 親も、学校の先生も、職場の先輩もわかっていないお金の世界に、
 学校を卒業したばかりの若者が放り込まれるのは、野獣が待ちか
 まえている「金融ジャングル」にうさぎが放たれたようなものだ。


カッコ良い言葉では「金融リテラシー」というになるでしょう。

でも、知っていて、かつ、実践する、しないで、65歳で1億円
の差がつくそうですから、読んでおいて損はないでしょう。


世界経済が不安定化を増し、日本国内もデフレ、円高、増税などで、
今後は、もっと厳しい生活になっていくものと思われます。

そんな中、必然的に、自分の身は自分で守るしかない状況になって
来ます。

そういう時代、お金の扱い方の基本を知っている、いないだけで、
大きな差が生まれます。

なんとなく、お金が余ったら、銀行に貯金しておけばいいやでは、
歳をとって気がついた時には、なんともならなくなりそうです。

特に、親の世代は、右肩上がりで、適当にやっていても、うまみ
を得られたのでしょうが、今後は絶対にうまくいきません。

ということで、自分のお金の使い方と貯め方の基礎を、
本書から、学びましょう!

非常にわかりやすく、すっきりと書いてあります!


◆本日のオススメ!


学校も会社も教えてくれないお金のこと
学校も会社も教えてくれないお金のこと中村芳子

徳間書店 2011-07-20



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

お金はスタートが肝心!

20代のうちに“お金の基本”を知っていれば、
1億円も夢じゃない!

雑誌やテレビで大活躍!ベストセラー本を数多く手がける
人気ファイナンシャル・プランナーの中村芳子が、先行き
の見えない時代を、豊かに楽しく生き抜くために、20代
の若手社会人に向けて「知っておくべき お金の基本」を
語ります。



◆目次メモ


第1章 お金入門
●お金はいいスタートを切れば、後が全然違う
●投資率、給与アップ率、運用率に気を配れば、「65歳までに1億円」貯まる。
●お金の情報は流す側に都合がいいものばかり。自己防衛しよう!
●お金はフローとストックの両面で見る!
●学校で習った算数で充分!お金のことは必ず自分で計算する

第2章 仕事とお金
●一生働く覚悟を決めたとたん、メキメキ実力がついてくる
●死ぬ気で働くは○、長時間労働は×
●上手に作戦を立てて正社員になろう

第3章 お金を貯める
●恋人を選ぶようにメインバンクを決めよう
●キャッシュの引き出しは週1回
●ATM、振替など、銀行の手数料はゼロを目指す
●銀行はお金のデパート、ネット銀行はブティックと考える

第4章 はじめての投資
●「種類、地域、時間」を分散させるとリスクを小さくなる
●投資をすれば、円安、インフレも怖くない
●20代の投資は、投資信託で決まり!

第5章 ライフプラン
●目の前のことを一生懸命やると、夢が見つかる
●20代のうち、デフレ時に不動産を買うのは危険!
●1つの目的に5つの具体的方法を考える
●子どもの教育費は全然怖がらなくていい

第6章 社会に仕組みとお金
●会社員でも「年末調整」「還付申告」はやらないと損!
●育児休業は国が定めた制度。そんな会社でも取得できる
●妻の年収が130万円を超えると世帯収入がダウン!の謎

第7章 やってはいけない
●クレジットカードは、「1枚」「1回払い」が基本
●リボ払いは絶対にしない。カード会社にのせられない
●家賃が払えなくなっても、すぐにアパートを出ない
●10人に1人は「保証人」で自己破産!

第8章 お金の使い方
●お金の感覚を養うには、現金生活が一番!
●月1万円を好きなことに使えば、節約は楽しくなる
●100円を節約して、100万円を無駄使いする!

◆著者の履歴 中村芳子


ファイナンシャル・プランナー。アルファアンドアソシエイツ 代表取締役。 
長崎市生まれ。早稲田大学商学部で国際経済を学ぶ。メーカー勤務を経て、
1985年独立系FP会社(株)MMIに入社。ファイナンシャルプランニング業務
全般に携わる。1991年(有)アルファ アンド アソシエイツ設立。個人の
マネー相談、特に20代、30代へのマネーの啓蒙に力を入れている。
複雑な金融や保険を、わかりやすく解説する記事や講演に定評がある。
テレビ・雑誌などで幅広く活躍中。
著書に「20代のいま、やっておくべきお金のこと」
「結婚したら、やっておくべきお金のこと」(ともにダイヤモンド社)
「女性が28歳までに知っておきたいお金の貯め方」(三笠書房)
「図解 生命保険のカラクリがわかる本」(東洋経済新報社)
「はじめての保険・年金」(共著/日本経済新聞社)
「聖書88の言葉」(ダイヤモンド社)など多数。

人気ブログランキングへ ■感謝!


◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> アルファ&アソシエイツ 

◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> 貯金したいなら 絶対やってはいけないこと|知識の泉 Haru’s トリビア

ないよりあった方がいいお金。世の中にはお金が貯まるための習慣や
仕組み作りについての本がたくさん出回っていますが、お金を貯める
際には、「やるべきこと」だけでなく「やってはいけないこと」も頭
に入れておいた方がいいでしょう。

今回は『学校も会社も教えてくれないお金のこと』(中村芳子/著、
徳間書店/刊)より、貯蓄をしたいなら絶対にやってはいけないこと
を紹介します。


副業、サイドビジネス

本業の合間に副業をして収入アップ、というのは貯蓄への近道のように
思えますが、本業に専念して勉強を重ね、経験を積んでキャリアアップ
を目指す方が、長期的にはより多くのお金を稼ぐことができます。

本業だけでは生活が厳しいのならともかく、貯蓄目当ての副業はあまり
おすすめできません。


複数のクレジットカードを持つ

「クレジットカードは一枚に!」とはよく言われますが、なぜクレジット
カードを複数持つことが行けないのでしょうか。

その理由はお金の管理がしにくくなること。それぞれのカードで締切日と
支払日がバラバラになり、どのカードでいくら使ったかわからなくなって
しまいます。

・・・・



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


人気ブログランキングへ ■感謝!


◆他のオススメ本はコチラ


20代で知っておきたいお金のこと
20代で知っておきたいお金のこと岡村 聡

中経出版 2011-06-01

【20代、今知らないと必ず後悔すること、53!】
「5000万円」、この数字が何かわかるだろうか?
これは君たち20代が、親世代と比較したときに、
お金について背負っているハンディだ。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


貯金ゼロ 借金200万円! ダメダメOLが資産1500万円を作るまで
貯金ゼロ 借金200万円! ダメダメOLが資産1500万円を作るまで花輪 陽子 ふじい まさこ

小学館 2011-05-30

著者は、テレビや雑誌でおなじみのファイナンシャル・プランナー。
いくら節約してもちっともお金が貯まらない......それには理由があるんです!
心機一転、「貯められる人」になるべく、生活のすべてを変えた。
今では、夫婦で資産1500万円を作るまでに至っている。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆本日のオススメ


学校も会社も教えてくれないお金のこと
学校も会社も教えてくれないお金のこと中村芳子

徳間書店 2011-07-20



Amazonで詳しく見る
by G-Tools


では、また。





◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。


★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 ジャンル別:3位!  

            にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 ジャンル別:40位  

            人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ジャンル別:3位! 

posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー本・資産運用・副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック