2011年09月01日

【書評】ドラッカーで売上を増やす方法!『ビジネスで大切なことは、すべてドラッカーが教えてくれた』 藤屋伸二

◆ビジネスで大切なことは、すべてドラッカーが教えてくれた


◆ドラッカー理論で業績を上げる実践編!



本書は、ドラッカー理論の理解だけが目的ではなく、
その理論を使って業績を上げることに軸足を置いて書かれています。

ドラッカーの理論を深く理解するよりは、
その「使い方」を学ぶための本です。

例えれば、自動車の詳細な構造を知らなくても、交通ルールと、
運転技術を学べば、便利に使いこなせること、と同じだそうです。

著者いわく、

『すべての理論は手段(道具)ですから、「何に使えるか」
 「どのように使うか」を知っていれば良いのです』

内容は、そのドラッカー理論の中でも、業績アップに直結する部分
に焦点を絞って、解説がされています。

後半の「実践編」では、そのまま使えそうな実例や少し変更するだけ
で使えそうなヒントが書かれています。

業績アップの3ステップは、次の通り。

(1)自分の会社の「強み」に気づくこと
(2)「チャンス」を見つけること
(3)その強みとチャンスを「合致(マッチング)」させること

とはいえ、本書を読んだからといって、すぐに良くなるわけではありません。

現状をよく分析して、「ないものねだり」的な発想ではなく、
「発想を変える」「行動を変える」ことで、
目の前の現実をいかにチャンスに変えれるか、にかかっています。

これまで結びついていなかった「既存の何か」と「既存の何か」
を結びつけて「新しい何か」をつくり出すことが必要なのです。

その結果、「強み」や「再構築した強み」を見つけ出し、
市場のお客さまの現実からは「チャンス」を見つけ出す。

でも、なかなか「強み」なんて見つからないよ、となげいている方へ。

ドラッカーの着眼点から自社の「強み」を見つけるのも本書に目的に
なっているそうですから、ご安心を!

非常に読みやすく、実践編で実例の紹介もある内容となっていますの、
オススメの一冊です!

著者の本は、本書にて累計100万部を突破され、記念セミナーも開催
されているようです。


◆本日のオススメ!


ビジネスで大切なことは、すべてドラッカーが教えてくれた
ビジネスで大切なことは、すべてドラッカーが教えてくれた藤屋 伸二

中経出版 2011-06-24



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

商品開発、販売戦略、市場開拓、ライバルとの競争方法…

ドラッカーで「売上を増やす方法」がわかります。



◆目次メモ


戦略編 チャンスと強みを見つける

1.購入の決定権は100%お客様がもっている
  会社の目的は「お客様の創造」
  マーケティング思考9つの視点
  ニーズの把握に巨額投資は必要ない
2.改善改革しないと市場から追放される
  マーケティングとイノベーションはセットである
  イノベーションに天才的なヒラメキは必要ない
3.気づいていない強みを見つける
  強みは顧客満足と競争力の源泉
  売上高・顧客の数だけ強みがある
  「強み」は応用や転用が可能
  自社も気づいてない「強み」を知る方法
  明確なセールスポイントを打ち出す
4.業績アップする差別化戦略の作り方
  困ったをチャンスに変える
  顧客満足と競争優位は「同時に実現」する
  差別化には「選択と集中」が欠かせない
  対象市場を競争優位になるまで絞り込む
  強みを特定する
  専門化と多角化を同時に進める
  Win-Winの関係を築く
5.戦略で会社の命運が決まる
  大きな市場を狙う「競争戦略」
  事業の領域を絞る「ニッチ戦略」
  競争を避ける「市場や商品の意味を変える戦略」
  個人商店でも戦略を使いこなせる

実践編 チャンスと強みをマッチングさせる

1.他社の成功を創造的に真似る
  他社の成功商品をマネる
  他社の力を利用する
2.ニッチに利益が眠っている
  勝てるまで市場を絞る@下請から元請けへ
            A小型案件に特化
            B競争が少ない市場
  特定市場のプロになる
  核となるノウハウを応用する
3.お客様のもっとOOを満たす
  あと一歩の便利さを追求する
  真の購入目的を商品化する
  お客さまの「支払い」に焦点をあてる
  購入を邪魔する要因を取り除く
4.自社の弱みをチャンスに変える
  生産工程の弱みをチャンスに変える
  業界の弱みをチャンスに変える
  市場の弱みをチャンスに変える
5.成果とコストのアンバランスに注目する
  「生産活動のアンバランス」をチャンスに変える
  「流通のアンバランス」をチャンスに変える
6.脅威をチャンスに変える
  中国の台頭をチャンスにする
  ある市場の縮小は別な市場の拡大につながる
7.予期せぬ成功を分析する
  予期せぬ成功は市場の変化に気づくチャンス
8.予期せぬ失敗を分析する
  「商品」と「流通チャネル」のズレに注目する
  失敗から画期的な商品が生まれる
  失敗をきっかけに信用を勝ち取る

◆著者の履歴 藤屋 伸二(フジヤシンジ)


藤屋マネジメント研究所所長/差別化戦略コンサルタント。
1956年生まれ。ドラッカー理論を応用した差別化戦略・中期経営計画
・組織構造・目標管理・社員教育など、経営をひとつのシステムとみ
なす独自のコンサルティングで、企業の業績向上を支援している。
また、セミナーや講演、執筆活動などにも注力している。

◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 藤屋式ドラッカー経営 藤屋マネジメント研究所 

◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> ビジネスで大切なことはすべてドラッカーが教えてくれた,藤屋伸二氏のセミナーに参加|ヒット商品企画請負人石川朋雄のブログ

藤屋さんは「もしドラ」以前からドラッカーを研究されて体系化された方です。

「もしドラ」ブームの流れに乗り,ドラッカーに関する書籍を出版され,
100万部を越える実績をお持ちです。

難しいドラッカーの考え方を会社経営に焦点を当てて,
どのようにしてゆくかを体験を交えて学びました。

セミナー受講者の例を交えてどのように対策するか。
具体的に説明があったことが非常にわかりやすい内容でした。

セミナーの冒頭
「お客様の困ったの解決手段が商品,サービスである」

日本が,今ほど困っている時代はない。
お客様のニーズはどんどん変わっている。
市場構造も産業構造も変化している。

このようなお話をされました。


原理原則は非常にシンプルです。
実際にお客様へ向けてのメッセージになっているか。

・・・・



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ


20代から身につけたい ドラッカーの思考法
20代から身につけたい ドラッカーの思考法藤屋 伸二

中経出版 2010-07-14


リーダーになってからでは遅い。
ビジネスで必要なことは、すべてドラッカーが教えてくれる。
ドラッカーが語る「仕事の本質」。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools



では、また。



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★出版を目指す方へのオススメ はコチラ ↓


=================================
 ベストセラー ビジネス書作家 水野俊哉主催

 「出版セミナー 理論編」が、ついに音声ファイル化 !
 
〜 聞いた人の出版が続々と相次ぐ 伝説の出版セミナーとは!? 〜
 
  全国500名以上が受講し、書籍化され大ヒット! 
  
 小人数制ゼミからも15名が出版デビューしている伝説の講義がついに音声化!
==================================
  
「水野俊哉のベストセラービジネス書がすらすら書けるセミナー理論編」(収録3時間)

==================================
  ◆出版セミナー 理論編 音声ファイル お申し込み はコチラ ↓

  お申し込みフォーム  http://form.os7.biz/f/940f0f0d/
 
  お問い合わせ セミナー事務局 happynews@live.jp (金子)まで
=================================

★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 ジャンル別:3位!  にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 ジャンル別:40位  人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ジャンル別:3位! 


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・セールス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック