2011年09月23日

【書評】炎上はどこまで広がるのか?『ソーシャルメディア炎上事件簿』小林直樹

◆ソーシャルメディア炎上事件簿


◆つい「うっかり」が取り返しのできないことに!



情報発信の敷居が低くなり、誰もが自由に意見を発信できるます。
ブログ、ツイッター、Facebook、mixi、などなど。

しかし、個人の自由だからといって、何でも発信して良いわけでは
ありません。その内容によっては、『炎上』という事態に発展します。

例えば、
来店した有名人の中傷やホテルでの宿泊をツイッターで流したり、
AKB48のメンバーがブログで「江口愛実CG説」を暴露したり・・・

ツイッターは匿名なので、
本人は「バレないだろう」「友達に自分だけが知っている情報を教える」
という感覚で、お気軽に流した情報(つぶやき)が、あっという間に、
本人が特定され『炎上』、所属会社が謝罪という事態に発展しています。

つまり、従業員がソーシャルメディア上で個人的に発信した内容が不適切
な場合、バッシングを受け、その勤務先や発信者個人がすぐに特定され、
そのクレームがあっという間に企業に押し寄せ、『大事件』となるのです。

本書は、そういう「30の実話事件」を取り上げ、それらの炎上事件を
6つのパターンに分類、何が人々を怒らせるのかを考察したものです。

その上で、自分自身が「火種」となって炎上しないために、知っておきたい
知識や対策を、個人向け、企業向けに解説してくれます。

スマートホンなどの簡便な情報発信ツールが、ますます流行る中、
企業内において、単なる注意点だけ伝える社員教育だけでは不十分で、
結果としてこういう「炎上」→「謝罪」が起きる具体的な事例を教える
情報リテラシイー教育が必要になってきているのでしょう。

本書にて、過去の失敗に学び、その失敗を自分や会社の中の社員が、
同じような失敗を繰り返さないように気をつけることが重要です。

まさに「口は、災いのもと」ですね! 
特に、暴言や機密情報には、ご注意のほど。

参考に、本書に裏表紙の紹介文を抜粋すると、こんあ言葉が。

ソーシャルメディアで炎上?なんて自分には関係ない。
会社勤めをする、そんなあなたにこそ読んでいただきたい。

同僚と飲みに行くのは会社近くを裂ける。そんな慎重な人も
ツイッターなどのソーシャルメディアへの投稿でついうっかり。
そして炎上。翌日、会社が謝罪する。

いずれも実話であり、
それらを具体的社名で綴ったのがこの事件簿。

12年前から炎上現場を追い続けた専門記者による
炎上回避のための指南書でもある。




出版社様から献本頂きました。ありがとうございます。

◆本日のオススメ!


ソーシャルメディア炎上事件簿
ソーシャルメディア炎上事件簿小林 直樹 日経デジタルマーケティング

日経BP社 2011-08-25



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

アディダスでも、九州電力でも、ウェスティンホテルでも
事件は毎日起きている!

三越伊勢丹の内定者がツイッター暴言で窮地に/イオングループ
役員の“なりすまし"が孫正義に噛み付いた/グルーポン「スカスカ
おせち」騒動/「テレビは地震ばかり」発言でTSUTAYAが謝罪…

「うっかり」ではすまされない!

顧客情報が社員個人のケータイから簡単に漏れ出し、社員やアル
バイトによる“Twitter放言”で企業は謝罪に追い込まれる時代。

あなたの身にも降りかかる、ソーシャルメディア時代特有の“炎上”
トラブル30事例を取り上げ、パターン別に解説。

『匿名なのにナゼすぐ特定されるの?』『鎮火のお手本を教えて』
など、個人のため、会社のための“炎上”防止Q&A付き。



◆目次メモ


第1章 毎月起こるソーシャルメディア事件―事件簿1〜7
 12月−来店した勝間和代さんを飲食店店員がツイッターで中傷
 1月−ウェスティンホテル店員が大物カップルの来店・宿泊を暴露
 2月−三越伊勢丹内定の大学4年生がツイッター暴言で窮地に
 3月−「テレビは自身ばかり」発言でTYTAYAが謝罪
 3月〜4月−東京電力社員ブログが「上から目線」と批判を浴びる
 5月−アディダス店員が来店した契約Jリーガー夫妻を中傷
 6月−AKB48のメンバーがブログで「江口愛実CG説」を暴露!?

第2章 典型的「炎上」パターン6分類―事件簿8〜30
 炎上パターン(1)やらせ・捏造・自作自演
  ・九州電力、原発再開やらせメールで自爆
  ・ソニー「ウォークマン体験日記」3日で閉鎖
  ・TBSが架空のネット掲示板「偽造」に批判
 炎上パターン(2)なりすまし
  ・イオングループ役員騙るツイッターが孫正義氏に噛み付き大暴走
  ・都知事選で石原氏を礼賛?褒め殺し?
 炎上パターン(3)悪ノリ
  ・米ドミノ・ピザ、不衛生な動画に批判殺到
  ・日本のドミノはイケメン投票で逆効果
  ・毎日新聞、英文コラムに低俗記事で信用失墜
 炎上パターン(4)不良品、疑惑、不透明な対応
  ・グルーポン「スカスカおせち」とポンパレ開始初日の炎上劇
  ・東京電力の迷走会見に生中継視聴者が怒り
 炎上パターン(5)コミュニティ習慣・規制の軽視
  ・UCC上島珈琲、告知botがスパム的と批判
  ・エイベックス、2チャンキャラ酷似事件
  ・NTTドコモ、「プッシュトーク」@ミクシィ事件
  ・KDDI、会見用ハッシュタグ巡りプチ炎上
 炎上パターン(6)放言・暴言・逆ギレ
  ・産経記者「民主党さんの思う通りには・・」ツイッター「暴走」で謝罪
  ・店舗、イベント従業員による客への放言・暴言
  ・「ユッケ社長」の逆ギレ、土下座会見、YouTube 配信でイメージ悪化
  ・すべてはここから始まった、東芝ビデオ修理「クレーマー」事件

第3章 炎上防衛Q&A知っておきたい20の知恵
 個人編
  ・匿名で投稿しているのになぜ個人が特定される?
  ・小さな火種が一気に大炎上に発展するのはなぜ?
  ・不用意な発言で失敗しないためには? など
 企業編
  ・「炎上」のターゲットになりやすい企業は?
  ・お詫びする際の注意点は?
  ・「炎上」後の鎮火方法、挽回策は? など

◆著者の履歴 小林直樹[コバヤシナオキ]


1971年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、94年日経BP社入社。
「日経ネットナビ」「日経ビジネスアソシエ」などを経て、
現在「日経デジタルマーケティング」記者。

◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> 明日は我が身かも・・・【書評】小林直樹(著)『ソーシャルメディア炎上事件簿』(日経BP)|一流への道

今日ご紹介する本は、「軽い読み物感覚でお読みください」といっていただいた本。
ですが、読んでいて最初は面白かったのですが、ブロガーとしてはだんだん恐ろしく
なってきました。

明日は我が身という・・・

SNSを活用している皆さん。読んでおいたほうがいいですよ。

・・・・

【感想など】

本書は前半部分で、ソーシャルメディアにまつわる炎上事件の実例を30。
そして、後半部分で炎上防衛のための20の知恵を掲載しております。

個人として読むのであれば、前半部分の炎上事件の実例は、「ああ、こんなことあったなぁ」とか、
「なんでこんなことつぶやくの?アホちゃうん」といった感じで、エンタメニュースを楽しむ感覚
で読んでしまいそうなのですが・・・。

これねぇ、人ごとじゃないですよ。

ワタクシもこうしてブログをやってるし、ツイッターもFBも使っているわけで、
いわば明日は我が身。

企業の炎上事件の方が、社会的影響力は大きいでしょうが、会社という組織が守ってくれる
部分もあるので、むしろ個人で炎上したときの方が恐ろしいような気がしました。

・・・・



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ


Twitterアクティブサポート入門 「愛される会社」時代のソーシャルメディアマーケティング
Twitterアクティブサポート入門 「愛される会社」時代のソーシャルメディアマーケティング河野 武

インプレスジャパン 2011-08-24

ザッポスも、ソフトバンクモバイルもすでにはじめている、
ツイッターを使って「消費者を正しく理解する」マーケティング手法。
運用・解析・検索に役立つツイッターツール一覧収録。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



では、また。



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★出版を目指す方へのオススメ はコチラ ↓


=================================
 ベストセラー ビジネス書作家 水野俊哉主催

 「出版セミナー 理論編」が、ついに音声ファイル化 !
 
〜 聞いた人の出版が続々と相次ぐ 伝説の出版セミナーとは!? 〜
 
  全国500名以上が受講し、書籍化され大ヒット! 
  
 小人数制ゼミからも15名が出版デビューしている伝説の講義がついに音声化!
==================================
  
「水野俊哉のベストセラービジネス書がすらすら書けるセミナー理論編」(収録3時間)

==================================
  ◆出版セミナー 理論編 音声ファイル お申し込み はコチラ ↓

  お申し込みフォーム  http://form.os7.biz/f/940f0f0d/
 
  お問い合わせ セミナー事務局 happynews@live.jp (金子)まで
=================================

★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 ジャンル別:3位!  にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 ジャンル別:40位  人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ジャンル別:3位! 


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 13:00| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生論・教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック