2011年12月20日

【書評】『笑いの凄ワザ』仕事が変わるコミュニケーション・スキル 殿村政明

◆笑いの凄ワザ


◆「賢いアホ」になれる人ほど仕事はうまくいく!



ビジネスにもなぜ「笑い」が必要なのか?

それは、仕事や笑いやユーモアのエッセンスを取り入れることで、
コミュニケーションを円滑にして、仕事も人生もハッピーになって
もらうためです。

具体的な効果としては、「笑い」があれば、親近感を持ってもらう
までの時間を一気に短くすることができます。

そして、相手の心を少しずつではなく、いっぺんに開いてしまうこ
ともできるのです。

でも、「お笑い」のセンスやテクニックは超難しいのでは、と
思ってしまいますが、そもそも「お笑い」と「笑い」は、別モノ!

「お笑い」とは、お金を払って聴いてくれる人を、いかに笑わして
帰ってもらうか、ということ。

それに対して「笑い」とは、ビジネスコミュニケ−ションとして、
使われるものなので、基本的に「ユーモア」を伴う「笑い」です。

その「笑い」は、センスはなくても、スキルなので、誰でもが身
につけることができるそうです。

でも、元芸人である著者から見ると、多くのビジネスパーソンに
共通して欠けているものがあるそうです。

それは「人間力」。これが基礎にないと、難しい!

つまり、相手のことをよく思いやって本音で付き合うこと!

返事、挨拶に始まり、相手と本気でコミュニケーションを取る気
があるかどうか。相手を気遣う気配りがあるかどうか。

まず、これらの基礎ができてはじめて、「笑い」の段階に入れる
そうです。

でも、その基礎とは、返事をする、大きな声で挨拶をするといった、
その気さえあれば直せる部分だから大丈夫です!


笑いのテクニックを生きたものにするために、そのベースとなる
人間力が必要です。
(P8)


仕事における「笑い」は、単なるテクニックでも、ただふざける
ことでもありません。それは、相手を思いやる気配りあふれた行為
なのです。そいう意味で本書は、「笑いのスキル」をテーマにしつつ、
実は「気配りの教科書」
でもあります。(P207)

ということで、みなさんも本書を読んで、
「仕事も人生も笑いで充実!」を目指してみましょう!


◆ウラ表紙の言葉より

こんなあなたに読んでほしい!

気の利いた一言が浮かばない。
会話がすぐ途切れてしまう。

お客様の心がつかみたい。
スグに仲良くなりたい。

分かりやすくて、
面白いプレゼンがしたい。

明るく営業成績をあげたい。

ピンチを笑いでしのぎたい。

会社の重いムードをなんとか変えたい。

笑いのセンスはなくてもスキルは身につく
誰でもマスターできる「秘訣」を一挙公開


◆本日のオススメ!


笑いの凄ワザ
笑いの凄ワザ殿村政明

大和出版 2011-12-09



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

営業・プレゼン・交渉・接客・職場の人間関係、
「賢いアホ」になれる人ほど仕事がうまくいく。

1万人をスキル・アップさせた伝説の講師が伝授。

吉本芸人からトップ営業マンを経た後、笑いの研修「笑伝塾」
を主宰する塾長が、
基本スキルであるツカミ、ネタフリ、オチ、テンドンをベースに、
初対面のビジネストークからプレゼンまで、
誰でも活用できる笑いのテクを一挙公開。



◆目次メモ


まえがきに代えて ビジネスになぜ“笑い”が必要?
プロローグ 笑いは大人の上質な気配り
 笑いは相手の心だけではなく自分の心まえ開いてくれる
 笑いはスピードコミュニケーシションの武器
 笑いのスキルがあればイケメンにも勝てる!

講座1 笑いを支える人間力 賢いアホとほんまのアホ
 「笑いのチカラ」の土台、コミュノケーション能力テスト
 座っているだけで愛されるのは映画スターとパンダだけ
 自分だけの興味や笑いのツボで話すのはアウト ほか

講座2 笑いの気概と心構え 心のカラを破ってナンボ!
 プラスの想像力でデキるようになった自分をイメージ
 語意を「たずねる言い方」にしてみる
 1か月に10人に会う「声掛け運動」 ほか

講座3 笑いで極める仕事力 ツカんで、ボケて、ツッコむ!
 ボケは「変化球」、ツッコミは「放っておかない愛情」
 「ツッコミ+いじり」で相手の魅力を引き出す
 プレゼンの極意。YESと言わせて、次のはNO! ほか

講座4 笑いが生み出す突破力 場の空気が一気に変わる
 シーンとして固まった場を好転させる「空気悪っ!」
 「怖い上司」の心をどうツカむ?
 相づちを意識した電話やメールの文面を作ろう ほか

講座5 笑いで磨け!自分の流儀 仕事も人生も自由自在!
 決まりきったフレーズを自分流にくずしていく
 今田耕司さんに学ぶ、思いやりのリセット術
 「伝える」ためにもっとジェスチャーや擬音を使おう ほか


◆著者の履歴 殿村政明[トノムラマサアキ]


「笑伝塾」塾長。(株)ヒューマンコメディックス代表取締役社長。
1968年兵庫県明石生まれ。19歳で「オール阪神・巨人」に弟子入り。
その後、吉本総合芸能学院(NSC)に11期生として入学、「心斎橋2丁
目劇場」で5週連続勝ち抜いて吉本興業の所属タレントになる。
同期は陣内智則、中川家、ケンドーコバヤシなど。コンビ解散後、
ハウスメーカーの営業となり、入社3ケ月で全社売上げトップに。
この時「笑い」の威力を実感。28歳で独立開業。

◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 笑伝塾|笑いを科学した実践型コミュニケーションスキルアップ研修 


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ


一瞬で相手の心をツカむ!笑いのスキルで仕事は必ずうまくいく
一瞬で相手の心をツカむ!笑いのスキルで仕事は必ずうまくいく殿村 政明

小学館 2010-05-11

元吉本興業所属のお笑い芸人で、現在は、ビジネスパーソン向けの
コミュニケーションセミナー『笑伝塾』を実施している著者が、
会話で使える「笑いのスキル」を紹介します。
「ツカミ」「ボケ&ツッコミ」「アクション」「喩え力」「ネタ作り」「プレゼン力」の6つに
笑いのスキルを分解し、誰でも身につけられる方法で解説。
売り込みトークに今ひとつ自信がない営業マン、会話がとぎれがちな接客業の人、
会社の雰囲気を良くしたい人など、コミュニケーションに悩みを抱く人に向けて、
相手の心の壁を取り除く笑いの技術を大公開します。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ

posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック