2012年02月22日

【書評】継続はチカラなり!『1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術』 大田正文

◆1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 大田正文



◆手夢をかなえるコツは「先まわり」!


15年の歳月をかけて確立した、手帳によって人生を変える方法!

なんと、大田さんは15年間も継続して、日記風の手帳を
毎日毎日、書き続けて進化し続けています。

その結果、というか成果は、皆さんもご存じの通り。

「超・愛妻家」という肩書きを名乗り、日本経済新聞を読む朝食会
を主催。東京だけで会員数が2600名。名古屋・大阪・広島にも支部
があり、総計6千名を超える6つの勉強会・交流会を主催。

では、どんなことを考え、どういう風に手帳を活用してきたのか?

その実態が、本書で詳しく紹介されています。

そして、その一つでもマネして、手帳を書き続ければ、1年後には
あなたの人生が変わっているでしょう、と述べられています。

まあ、変な宗教の類ではありませんので、そこは心配する必要は
ありません。

まっとうな夢をかなえるための手段としての手帳の活用法です。


 手帳を活用すれば、人生を変え、夢をかなえることができる

 日々手帳に「書く」ということ
 手帳とペン1本あれば、誰でも簡単に、すぐ始めれる

 いきなり「全部」実践しようとしてはいけません

 ひとつだけでも真似してくれたら、その瞬間から、
 あなたの人生が変わります


考え方のポイントは『時代を先まわり』して行動すること!


 成果を出すための秘訣は、「自分自身が、時代に先まわりすること」

 変わり続ける時代の流れの『先』を読み、自分が時代に先まわりする
 その先まわりした自分に、時代が追いついてくること

 世界よりも、ほんの少しだけ先まわりして、あなたが変わえればいい
 変化に対応した者だけが生き残れる

 この変化に対応し、生き残ることを「進化」と呼ぶ

 手帳に日々「書く」ことで、あなたは変化しつづけることができ、
 進化します

 進化すれば、時代の流れを読み、時代に先まわりできるようになります

 そして、人生の成果を出すという夢がかなう


でも、本を読んで、納得して終わりではダメです。
最低限、何か、行動を起こすことが必要です。
考えているだけでは、何の変化も起きませんから。


 あなたが進化するには、この本を読んだだけで終わるのではなく、
 必ず、あなた自身が進化する「行動」を起こす必要があるのです


例えば、手帳に「失敗」を書く。そうすれば、同じ失敗を繰り返す
ことが少なくなり、失敗を書けば書く程、成功に近づくことになる。

さらに、毎日の小さな変化がわかり、人生に無駄な日は一日もない
ことに気付き、人は成長していることがわかる。

そこに、夢を設定し、その夢にたどり着く道のりを手帳に記録として
残していく。

人間、成長や達成感がないと続きませんね。

その対策としては、毎日3つの新しいことを実行する。
この小さな成功体験を積み上げ、自分をほめる仕組みを手帳上に作る。

1年間継続すれば、計1千個超の成功体験を積み上げれます!

そうすれば、自分が何がしか進化していることが記録として残り、
それが自信につながっていきます。

ヒントとして、後付けでも十分効果あり、だそうですから、敷居を
低くして、続けることと自分をほめることに力点を置きましょう!

「ライバルはいつも、1秒前の自分」なんてことも書いてあります。

日々前進ですね!


◆本日のオススメ!



◆アマゾンの内容紹介から ↓

あなたは、手帳に何を書いているでしょうか?
手帳とは、ただ予定を書くだけのものではありません。

目標や人生計画、その日の「まとめ」、感情……、人生のすべてを手帳
に書けば書くほど、あなたの人生において宝物がふえていくのです!

15年間、毎日手帳に書きつづけてきた著者が、手帳により人生を変え、
夢をかなえてきた「進化する方法」をあますところなく紹介した一冊です。

あなたもぜひ今日から、手帳にたくさん書き込んでみませんか?



◆目次メモ


プロローグ 先まわりできる人が夢をつかめる!
1章 なぜ、手帳はあなたを“進化”させるのか?
2章 ここで差がつく!手帳の選び方・始め方
3章 日々、書き込むほどに夢に近づく
4章 問題を解決し、夢の実現が加速する計画の立て方
5章 あなたの人生を「次のステージ」へ上げる手帳振り返り術
6章 人と、そして世界と手帳を「共有」しよう
7章 もっと人生が楽しくなる手帳のアイデア
エピローグ あなたが、次の世代によりよい世界を残すために

◆著者の履歴 大田正文[オオタマサフミ]


超・愛妻家。15年間、一日も欠かさず膨大な量を手帳に書きつづける
「手帳の達人」。その独自の手帳の使い方は、雑誌・テレビなど数々の
マスメディアで取り上げられている。
また、企業の社長や作家、学生、OL、主婦など、300人を超える人
の手帳の内容・活用法を見てきた経験をもつ。平日は大手IT企業に勤
める会社員であるとともに、休日は「おくさんとおなじ愛情を、お逢い
できたすべての方へ」を座右の銘に、「超・愛妻家」というユニークな
肩書きを武器に、手帳の内容・活用法を語り合う「手帳術朝食会。」、
会員数2600名を超える「日本経済新聞を読む朝食会。」をはじめ、
のべ会員数6000名を超える合計6つの勉強会を主宰する勉強会の
達人でもある。

◆著者の 『公式ブログ』 はコチラ


>> 勉強会・手帳術の達人 愛妻家 大田正文のblog


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ




では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。




★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ



posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生論・教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック