2012年05月28日

【書評】処世術の基本を学べ!「サムスン式 仕事の流儀 5年で一流社員になる」 ムン・ヒョンジン (著), 吉原育子 (翻訳)

◆サムスン式 仕事の流儀 5年で一流社員になる


サムスン式 仕事の流儀 5年で一流社員になる
サムスン式 仕事の流儀 5年で一流社員になるムン・ヒョンジン 吉原育子

サンマーク出版 2012-01-09
売り上げランキング : 318


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆仕事の結果を変えたかったら「仕事のやり方」を変えろ!


サムスン独自の秘蔵の仕事のやり方を公開した本かと
思っていたが、そうではなかった。

意外や意外、内容はひと昔前のモーレツ時代の日本人
の仕事のやり方を、今の時代でも愚直に行っている、
といった内容であった。

ただ、今の日本の会社では、ここまで社会人としての
処世術を教えてくれる先輩がほとんどいなくなっている。

視野が狭くなっているからか、時代の変化のスピードが早くて、
新しいモノに目が向いてしまっているからかもしれない。

そういう意味では、いつの時代でも、社会生活の基本は同じで
変わっていないことを確認することができる良い本である。

タイトルが入社5年目となっているが、30歳ぐらいまでには、
本書の内容を理解して、会社内で、失敗しないクセと昇進を
意識した良い習慣を身に付けておくことが必要であろう。

基本的な習慣と考え方を学ぶのであれば、まず、序章に書いて
ある基本ルールを身につけることをオススメしたい!


◆本日のオススメ!



◆アマゾンの内容紹介から ↓

なぜ、サムスンの社員はズバ抜けて仕事ができるのか?
サムスンの元スーパー管理職が明かす、
「結果を出す社員」を育てる驚天動地のプログラム。

サムスングループの中でも、仕事の過酷さにおいて1、2位を争っている
といわれるサムスンSDIの元管理職が、サムスンで行われている仕事の
やり方を伝授する一冊。

会社に勤める人なら誰もが経験する仕事の内容、たとえば、業務報告の仕方、
商談のテクニック、上司との付き合い方、時間や服装の管理まで、サムスン
ではどう行われているかが、「入社1~5年目」という時期に絞って具体的に
明かされる。

仕事力をアップし、どんな会社であっても能力を認められて昇進し、そのこと
によって「人生の質」を高めたいと考えるビジネスパーソン必読の書。


◆目次メモ


序章 サムスン入社前―なぜ「五年」が大切なのか?
 「入社五年目」は、仕事人生の大きな分岐点
 時間を制する者が、成果と利益を制す
 報告書は、自分の顔であり人格である
 業務をスピードアップさせる「報告」の仕方
 サムスンの「会議」とはどんなものか?
第1章 サムスン一年目―基本で圧倒しろ
 「業務の証拠」を残すことを忘れるな
 個人イメージが企業イメージを左右する
 「残業」に対する立場と行動を決定せよ
第2章 サムスン二年目―誰にも文句を言わせない強力な仕事力
 デスクの整理整頓が徹底させる理由
 社長のように忠誠を尽くして仕事をせよ
 出張を成功させるための奥義
 役員タイプ別対応方法を知っておく
 「接待」と「手土産」がビジネスを芸術に変える
第3章 サムスン三年目―完璧主義と勝利へのあくなきこだわり
 人間的魅力が備わっていてこそ真のプロ
 「交渉力」はビジネスパーソンの最大の能力
 トレンドを先取りできなければ敗北する
 会社で生き残るための自分の「武器」
 「結婚」でシナジー効果を生み出す
第4章 サムスン四年目―すべては関係によって完成する
 上司への対応の鉄則
 敵をつくらないことのメリット
 昇進に必要なのは、業務能力プラスアルファ
 ビジネスパーソンのネットワークづくり
 部下をリードできる「強み」を持っているか?
第5章 サムスン五年目―バージョンアップで自分だけの成功神話を
 ビジネスパーソンに必要な「節制」とは?
 「精神的な内面の特技」を身につける
 人生を輝かせる「夢のナビゲーション」
 自分をグレードアップさせる方法
 健全な緊張感が「成功神話」をもたらす
 幹部候補の資質が備わっているか?
付録 サムスンの評価法―幹部資質と面接における具体的な評価方法

◆著者の履歴 


ムンヒョンジン[ムンヒョンジン]
オクラホマ州立大で学士号およびMBA取得。高麗大大学院の修士課程修了。大学在学中にSemester at sea プログラムで世界中を船で旅し、旅行記を東亜日報に連載。MBA取得後、サムスンSDIのPDP(プラズマディスプレイ)事業本部に入社、グループ長として、対フィリップスの売り上げを300億ウォンから5000億ウォンに伸ばす実績を残した。退職後は、サムスンで学んだことを活かして各方面の企業で成果を上げている。現在は、自動車部品企業のAuto Genでグローバル新規ビジネス業務を総括する専務理事として在職中。

吉原育子[ヨシハライクコ]
新潟県生まれ。埼玉大学教育学部音楽科卒業。成均館大学などで韓国語を学ぶ。2008年、韓国文学翻訳院短期集中課程修了。

◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ


あたりまえだけどなかなかわからない 働く人のルール (アスカビジネス)
あたりまえだけどなかなかわからない 働く人のルール (アスカビジネス)前川 孝雄

明日香出版社 2012-03-13



Amazonで詳しく見る
by G-Tools


では、また。



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 能力開発・自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック