2012年09月30日

【書評】人生の成功は、お金?名誉?権力? 『成功のトリセツ』 水野俊哉

◆成功のトリセツ


◆お金・仕事・時間・使命・精神・人脈!


トリセツ本シリーズで有名な水野俊哉さんの久々の新刊です。

今回は「サブカル」「ビジネスエッセイ」というスタイルで、
得意分野である成功法則の豊富な知識と3億円借金体験をベースに、
成功の定義、成功するためのトリセツを語られています。

そのベースとなっているのは、世の中の成功本を読んだだけでは、
ほとんどの人は成功しない!という真実!

「それを読んだだけで、絶対に成功できる特別なルールなどない」

しかし、ゼロではない!一部の成功本を読んだ人は成功する!
その確率は1%。これが「成功のゴールデンルール」。

世の中の成功したいという人達のピラミッドがあり、
頂上側の1%になるか、それ以外の99%の踏み台側になるかの
分かれ目には黄金法則(ゴールデンルール)あるのだそうです。

本書は、成功本や自己啓発書を4千冊以上読破した水野さんが、
自身の成功モルモット体験(?)と実際の成功者の生の声や体験
から抽出した共通点やエッセンスを語られています。

本当に成功するために必要なことを、本書から学ぼう!

ただし、成功本を読んだだけでは、ご利益はほとんどなく、
その結果「どんな行動を起こすか」がポイントだそうですよ!

実践あるのみ!皆さんも頑張りましょう!

やってやれないことはない!やらずにできることはない!

◆本日のオススメ!


「成功」のトリセツ (角川フォレスタ)
「成功」のトリセツ (角川フォレスタ)水野 俊哉

角川学芸出版 2012-09-25



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

「成功」という、実態はないが皆が欲しがる不思議な事象がある。
自身の成功法則モルモット体験と多くの成功者から得た生の情報、
共通点などから「なぜ成功本を読んでも成功しないのか?」という
ジレンマを解決。

「成功のトリセツ」は、サブカルビジネスエッセイとして
・なぜ、高級ホテルでカップラーメンを食べるとお金持ちになるのか?
・嵐がブレイクした理由など 
最新理論を駆使して回答します!



◆オススメの書評はコチラ


●「新刊JPトップ」 > 特集 >「成功」のトリセツ
⇒ http://www.sinkan.jp/special/torisetsu/index.html
●「マインドマップ的読書感想文」 >「成功」のトリセツ
⇒ http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/52038326.html
●「一流への道」 >「成功」のトリセツ
⇒ http://ichiryuublog.blog110.fc2.com/blog-entry-1264.html

◆購入者向けキャンペーンの応募はコチラ 10月1日〜31日


⇒ http://pubca.net/cam/success/

 「成功のトリセツ」の出版を記念して、購入者キャンペーンを開催します。
 各種セミナーへの招待/著作のプレゼント/インタビュー音声
 のみならず、会食会参加件/出版セミナー参加権など、豪華プレゼントもあります。

 この機会に購入し、是非キャンペーンに応募下さい!
 サンプル原稿はこちらから読めます!(はじめに〜1章の一部)
 ⇒ http://pubca.net/cam/success/sample.pdf

◆目次メモ


はじめに
・「なにが『思考は現実化する』だ、バカバカしい」と思っていた
・成功本はエロ本である
・成功のジレンマ
・成功とは何か?
・年収1億円の成功者との会話
・成功する方法を教えます
・何度でも成功できる
・成功のゴールデンルール

第1章 お金の奴隷から抜け出す

・有名になることは成功か?
・あの金で何が買えたか?
・高級ホテルのスイートルームでカップラーメンを食え!
・筋トレならぬ金トレ
・ギャンブルは時給が低い人間の娯楽(麻雀の法則)
・お金の本質
・お金を受け取る勇気
・バブル崩壊はワイドショーで読める
・お金について真剣に考える
・これからの「お金」の話をしよう

第2章 仕事を支配する 75

・人生はサバイバル
・クライアントもビジネスも分散させろ
・見る前に、考える前に、感じて飛べ!
・時給100万円の仕事
・美女に対してルックスで勝負するな!
・ゲリラ戦を制するものはビジネスを制す
・学歴や職歴にこだわるアホにはビンタを食らわす
・リアルビジネスとネットビジネス

第3章 時間の檻から脱出する

・時間とお金は等価交換できる
・朝4時に起きて午前中に仕事を終わらせてみる
・時間を4分割して管理する
・時間を忘れてハマることの大切さ
・時を止める
・集中力を持続させる
・なぜ年をとると時間の流れを早く感じるのか?
・小田原移住計画
・テレビは捨てろ!

第4章 本当の自分を探す

・成功本を読んだら成功できるのか!?
・成功法則のモルモット
・成功法則はあてにならない?
・前のめりな努力で男は一点突破
・幸せはすでにあなたの心に宿る
・本当の自分に出会う
・夢・目標を立て、紙に書く
・夏のスーパーダイエット術

第5章 人間関係を掌握する

・人間関係の目的は「モテ」と「名声」(あるいは金)である
・「ドミノ倒し」と「センターピン」
・人脈の先にあるものとは
・安住しない
・ダイヤモンドの原石がタダでみつかる
・成功は大義に宿る
・身近な人を全力で応援してみる
・子供にはサラリーマンにだけはなるな と教えている理由
・人脈の時給を考える

あとがき

◆著者の履歴 水野俊哉(ミズノ・トシヤ)


1973年生まれ。
 
大学卒業後、金融機関を経て、億単位のカネが怒濤のように流れては消え、
また流れ込んできていた2000年代初頭のITバブル期に、
若手起業家としてベンチャー起業し、この世の春を謳歌していた。

しかし、人生のすべてを捧げ目標としていた「上場」の直前で、
内紛をきっかけに取締役を解任され会社から追放される。

その時に、個人保証を入れていた3 億円の負債を抱える。
月々の返済額は500 万円。

仕事もなく、返す当てもないままに利子だけが膨らんでいく
悪夢のような現実と向き合い、すべてを失う。

予定もなく、膨大な時間だけが残されたあげく、
吸い寄せられるようにビジネス書や成功本と出会い、
自分自身が成功本のモルモットになることを決意し、 
実際に「ベストセラー作家になる」と紙に書いてみる。

その後、絶望から再生し、経営コンサルタントとして
数多くのベンチャー企業経営に関わっていると、
たまたま友人に誘われた麻雀の雀荘に編集者がいて……
 
という不思議な形で執筆のチャンスをつかむと
その本がいきなりベストセラーになり、
執筆依頼が殺到するという思いもよらぬ事態に見舞われるとともに
紙に書いた夢が現実のものとなる。

それからは、世界中のありとあらゆる成功本、ビジネス書、
自己啓発書を4000 冊以上読破し、成功法則の研究と執筆の日々が続く。
現在は、作家活動を中心として、セミナー、講演などの活動も行っている。

◆著者の『公式ブログ』はコチラ


水野俊哉オフィシャルサイト:http://mizunotoshiya.com/
水野俊哉の日記(公式ブログ):http://d.hatena.ne.jp/toshii2008/
メールマガジン:http://www.bshonin.com/mizunotoshiya/

◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆合わせて読みたい本はコチラ


知っているようで知らない 法則のトリセツ
知っているようで知らない 法則のトリセツ水野 俊哉

徳間書店 2009-02-26



Amazonで詳しく見る
by G-Tools


幸福の商社、不幸のデパート 〜僕が3億円の借金地獄で見た景色〜
幸福の商社、不幸のデパート 〜僕が3億円の借金地獄で見た景色〜水野 俊哉

大和書房 2011-10-28



Amazonで詳しく見る
by G-Tools


では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 法則・トリセツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!はじめまして。

勢古浩爾さんの「ビジネス書大バカ事典」に水野俊哉さんのことが結構批判的というか、面白おかしく書かれていて、どうかなという印象でした。

でも結構修羅場をくぐった人だったんですね。

本屋で見かけたら手にとって見ます。良い情報をありがとうございました。
Posted by まさ@1962 at 2012年10月07日 11:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック