2012年10月28日

【書評】息は吐いてから吸う!『呼吸の極意』 永田晟

◆呼吸の極意


◆呼吸で心身を整える!絶妙なしくみ!


本書は普段、誰もが無意識で行っている「呼吸」で健康になる本です。
この呼吸は当たり前にできるため、意識的に考える人はほとんどいません。

しかし、この呼吸は、健康づくり、健康維持に深く関わっています。
内臓の働きを整えたり、血圧を抑えたり、ストレスを解消したり、
といったことを、実は呼吸を通してコントロールできるようです。

結果、昔から次のようなことに活用されてきました。
気功、ヨーガ、座禅、瞑想、自律訓練法、など。

本書は、こうした伝統的な呼吸法を含め、呼吸のしかたによって、
身体の調子が整い、健康になる理由を科学的に解説しています。

少し内容的に難しい部分もありますが、
呼吸と健康が結びつくポイントは2つあります。
自律神経系と有酸素運動です。

自律神経系は、心身の状態をコントロールする神経系で、
感神経と副交感神経があります。

特に、ゆっりと時間をかけて息を吐くことで、腹式呼吸となり、
横隔膜を上下させることで、副交感神経を活発化できます。

これが、呼吸で健康になることの理由であり、極意です!

ちなみに、息を吐くのを「呼息」、吸うのを「吸息」と言うそうです。
なので、「呼吸」は、息を吐いてから、吸うことになります。

有酸素運動は、ご存じのように健康維持にたいへん有効です。
特に呼吸に重点を置いたゆったりとした運動は有用です。

最近は、いろいろな不安感やストレスから、
いつの間にか、この呼吸が浅くなる傾向があるようです。

意識して、深く、ゆったりと呼吸をするようにしましょう!

オススメは、息を吐く時に、時間をかけること。
目安は「20秒間」だそうです!

20秒間、息を吐き続けると、ストレスが激減するそうです。

急にできるようにはならないので、10秒間ぐらいから始めて、
徐々に時間を長くするように練習しましょう!

本書には書いてありませんが、健康骨を大きく動かして、
胸を広げる呼吸法を行うとダイエットにも効くようです。

著者の前著「呼吸の奥義」では、吐く息の大切さに重点を置き、
主に呼吸のメカニズムとスポーツとの解説が中心でした。

呼吸の奥義―なぜ「吐く息」が大切なのか (ブルーバックス)

それに対して、本書は、呼吸と心身の健康にテーマを絞り、
最新の医学的な知見を追加して、呼吸運動により健康になる
ことに重点を置いています。

時間をかけて息を吐くという呼吸の形から入っても良いですし、
なぜ有効なのかを知りたい人向けの内容にもなっています。

何を行うにも、健康が第一! 
まず、息をゆっくり吐くことから始めましょう!


◆本日のオススメ!


呼吸の極意 (ブルーバックス)
呼吸の極意 (ブルーバックス)永田 晟

講談社 2012-05-22



Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆アマゾンの内容紹介から ↓

呼吸で体はここまで変わる!
なぜ呼吸のしかたが健康に深く関わっているのか?

息を吸って吐くという呼吸運動は、自律神経系を介してじつは
内臓の動きや血圧などに大きく影響を与えています。

呼吸と健康の関係を科学的に解き明かし、さらに心身のバランス
をベストな状態へと導く究極の呼吸法を紹介します。



◆目次メモ


第1章 呼吸のしくみ
 呼吸とは何か
 肺の働き
 眠っていても呼吸できるわけ
第2章 呼吸で自律神経系を整える
 からみあう2つの自律神経系
 内臓を整える呼吸法
 呼吸と自律神経系をつなぐ横隔膜
 ストレスをやわらげる呼吸
第3章 呼吸で体はここまで変わる
 有酸素運動の重要性
 血液をアルカリ性に保つ呼吸法
 「呼吸商」でわかるカロリー消費
 疲労をためない呼吸法
 血圧を下げる呼吸法
 健康の敵・活性酸素と呼吸
第4章 科学の目で見た呼吸法
 気功の呼吸法
 ヨーガの呼吸法
 座禅の呼吸法
 歌唱による呼吸と健康効果
第5章 健康と活力を生み出す呼吸体操
 腹式呼吸を会得するための呼吸体操
 癒しの長寿体操
 自律神経系のバランスを整える真向法
 ストレス解消体操の益気功
 腹式呼吸の簡単なトレーニング法

◆著者の履歴 永田晟[ナガタアキラ]


NPO法人・日本健康づくり協会代表。日本大学大学院総合社会情報研究科講師。NPO法人・日本大衆音楽協会最高顧問。医学博士。コンピュータ利用のバイオフィットネステストのシステム化など運動生理の研究で知られている。1936年島根県生まれ。1959年東京大学教育学部卒業。東京都立大学理学部助教授、新潟大学教育学部教授、早稲田大学人間科学部大学院教授、富山県国際伝統医学センター研究室長を経て、2002年より現職。この間、アメリカのサウスカリフォルニア大学やボストン大学神経・筋研究所などに留学した。

◆著者の『紹介ブログ』はコチラ


>> 永田晟先生 | 日本大学大学院総合社会情報研究科


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆合わせて読みたい本はコチラ


呼吸の奥義―なぜ「吐く息」が大切なのか (ブルーバックス)
呼吸の奥義―なぜ「吐く息」が大切なのか (ブルーバックス)永田 晟

講談社 2000-12-20



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

呼吸で心身をコントロールする法。深く、大きく、ゆっくり、息を吐くだけで心とからだによく効く!
武道ヨーガなどの東洋のスポーツは、息を吸うことよりも吐くことを意識した、深く静かな腹式呼吸を特徴とする。とくにヨーガの呼吸は、何とエアロビックよりも激しい!

では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法・気功・太極拳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック