2013年12月08日

【書評】「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」山田真哉 花輪陽子


◆本日のオススメ!


「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」
山田真哉 花輪陽子

祥伝社 2013-12-04
売り上げランキング : 725

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆知らないとヤバい!月収20万円以下でも賢く生きる方法!


表紙を飾るこんな言葉!

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』山田真哉と
超人気ファイナンシャル・プランナー花輪陽子が
給与明細、納税、住宅ローンなどを本音で解説!

実はこの本、ニコニコ生放送の超人気番組を書籍化したものです。
その番組名は『ニコニコ生活講座』
月に一度開催される、60分間の一本勝負!
当然、中身はアツイです。

主題は『手取り10万円台の俺たち』のための番組。
超生活密着型のお勉強番組であり、地味に見えたこの企画ですが、
わずか半年で12万人が参加したという、隠れたヒット番組に!

その人気番組が、ニコ生で類を見ない高速スピードで書籍化!

内容は、人気の高かった4回分(240分)の放送を収録。
「給与明細」「給与明細その2」
「消費税」「カード」

しかし、これらはあくまでお題としてもテーマ。
実際の視聴者さんとのやりとりは、
その枠を超えて多岐に渡っています。

健康保険、年金、所得税、住民税、ふるさと納税、
政治、住宅ローン、ポイント集め、などなど。

手取り10万円台でお金がない!
しかし、そんな人にも知ってトクする話はたくさんある!
著者からすると、意外にみんなが知らなかった話しもある!

そんな、トクするマネーのお話しを凝縮してお届け!


ニコニコ生放送で12万人が得したニコニコ生活講座がまとめて読める。
「保険」「年金」から「増税」対策、「クレジットカード」の選び方まで。

給料アップはもう期待できないんだから、
せめてお金の知識を身につけなくちゃ

「たしかに我々には金はない。しかし、トクする話はたくさんあるし、
 意外に知らなかった話もたくさんある。
 世界はまだまだ面白いし、マネーの話はもっと面白い。
 そんなことを感じていただければ、望外の喜びである。」山田真哉

「お金のことをしっかり勉強をし、身の丈にあった生活を心がければ、
 たとえ収入が低くても結婚も子育ても実現できると思うのです。
 実際に収入が低くても、時間と知恵という武器を活かせば家計は
 なんとかなることが多いのです。これは多くの家庭を見てきて
 断言できることです。」花輪陽子

ということで、一冊999円で値段もおトク!ぜひ!

◆アマゾンの内容紹介から ↓

知って俺得!
「保険」「年金」から「増税」対策、
「クレジットカード」の選び方まで240分。
ニコニコ生放送で12万人が得したニコニコ生活講座がまとめて読める

「同じ給料でも、親元に住んでいる人と家族5人を養っている人とでは
 生活費が全然違う。なのに同じ税金じゃかわいそうじゃないですか」(山田)

「ふるさと納税は所得税と住民税がダブルで控除されて、そのうえ
 プレゼントももらえるということなんですね」(花輪)

「消費税は複雑だといろいろ言いましたが、抜け道がひとつだけあります」(山田)

「住宅は、結論としては急いで買わなくてもいいのではないか、と」(花輪)

「はい、実は石ころなんですけど、その石ころを100万円で買うんです」(山田)

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』山田真哉と
超人気ファイナンシャル・プランナー花輪陽子が
給与明細、納税、住宅ローンなどを本音で解説!

知らないと、ヤバい。月収20万円以下でも賢く生きる方法

●「手取り額」だけ見ていちゃ危険

健康保険証は割引カード
ブラック企業か否かは給与明細からわかる
控除とはいったい何か
奨学金返済は控除の対象?


●「ふるさと納税」がお得なのには理由があってだな
所得控除は「国の思いやり」
税額控除は「キング・オブ・控除」
こんなにお得なふるさと納税
「すまい給付金」って何?


●消費税アップ前に、買っていいものムダなもの
消費税は、国家にとって最も都合のいい税
住居の家賃は非課税
消費税に抜け道があった!
消費税が非課税になるもの


●リア充、自宅警備員、お金大好き…タイプ別お勧めカードは?
カード会社の儲けの構造
お得なクレカを選ぶ3つのポイント
カードがつくれない人のために
リボ払いって、実はやばい?

盛りだくさんの内容で、お値段は驚異の999円(税込)!

給料アップはもう期待できないんだから、
せめてお金の知識を身につけなくちゃ



◆目次メモ


ニコニコ生活講座第1日 知って俺得、給与明細の読みかた
―「手取り額」だけ見ていちゃ危険
 身近な家計を通して経済を考える!
 給与明細、27%もの人が捨てている! ほか

ニコニコ生活講座第2日 知って俺得、給与明細の読みかたZ
―「ふるさと納税」がお得なのには理由があってだな
 番組スタッフも大興奮、合コンでモテ必至の情報だらけ!
 通勤手当が高くなると、何がアップする? ほか

ニコニコ生活講座第3日 増税直前!「ぐう畜消費税」
―消費税アップ前に、買っていいものムダなもの
 学校の授業料は非課税、では塾の授業料は?
 消費税増の際に家賃が値上がりしたら、それは便乗値上げ ほか

ニコニコ生活講座第4日 カード頂上決戦
―TポイントからVISAカードまで
 ニコ生ユーザー、一番人気のカードは何か
 クレジットカードはどの場面で使う? ほか

◆著者の履歴 氏名


山田真哉[ヤマダシンヤ]
1976年、兵庫県生まれ。公認会計士・税理士。一般財団法人芸能文化会計財団理事長。お金の問題を独自の視点で語るわかりやすい解説が、熱い支持を得ている。講演活動も日本各地で精力的に行なっている。

花輪陽子[ハナワヨウコ]
1978年、三重県生まれ。ファイナンシャル・プランナー。大学卒業後、外資系投資銀行に入行。新婚早々発生した「夫婦同時失業」という非常事態を経て、現職に至る。テレビ出演も人気。

◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 公認会計士 山田真哉工房 〜『女子大生会計士の事件簿』公式サイト〜

>> 花輪陽子 オフィシャルサイト

◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆合わせて読みたい本はコチラ


『影響力の武器』の使い方

突然ですが、「影響力の武器」(誠信書房)
という本を御存知ですか?


かなり有名な本なので
知っている方も多いとは思いますが
人の行動心理を解き明かした
バイブルみたいな本です。


この本を書いた社会心理学者の
ロバート・チャルディーニは


なぜ、人は詐欺に簡単に騙されるのか?

カルト教団に信者が全てを捧げてしまう理由は何か?

誰よりもたくさん契約を取ってくる
トップセールスマンの承諾誘導の技術


といった、人がなぜ自分にとって
明らかに不利益な事を受け入れてしまうのか?
という謎を6つの行動心理にまとめたのです。


ところがこの本、読んでみると分かりますが
詐欺や悪徳商法から身を守るための
「防衛戦術の本」として書かれており、

この心理技術をビジネスでどう使えばよいのか
といった視点では書かれていませんでした。


恐らくですが、本として出版する手前
あまり過激なことは書けなかったのでしょう。


ただ、チャルディーニ自身は研究結果を元に
本の著者としての活動以外にもアメリカで

ビジネストレーニングや講演セミナーなんかも
やっており、こうした活動の中では

承諾誘導の心理技術をビジネスに応用する方法
なんかを教えているのです。


そこで今回、ビジネスマンの多い
ダイレクト出版のメルマガ読者の方のために
チャルディーニ側と交渉して

チャルディーニが実際に
ビジネスで影響力と説得力を行使する方法を
暴露している講演セミナーの映像を
日本語字幕を入れて商品化しました。


本では書けない、ぶっちゃけた話なんかを
生のチャルディーニが話している
非常に興味深い映像です。


大変オススメですので
是非、チェックしてみてください。


http://123direct.info/tracking/cr/D0VtgwGy/156083/11694409



では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生論・教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/301337260
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック