2013年05月05日

【書評】結局、感謝力が全てを決める!『一生食べていくのに困らない「人を味方にする」仕事術』 横山信治

◆本日のオススメ!



◆自分を変えれば楽になる!


まえがきの言葉です。

『今の職場や仕事に満足していますか?』

『今の仕事に満足感が得られない』
『もっと活躍したいが今の会社で限界を感じる』
『評価されないので転職したい』


もしも、このように考え、悩んでいる方は、まず本書を読むことを
オススメします。今の会社で活躍できないから転職をするという選択、
考え方では、決して活躍できる人になれません。

理由は、今起きている出来事や環境のすべては、あなたが考え、選び、
作りだした結果だからです。転職するだけでは何も変わりません。

著者の横山信治氏は「フラット35」の取扱高が日本一のSBIモーゲージ
で役員をされており、今までに3、000人以上の転職者の面接に立ち会った
経験がある方です。(実は、元落語家の肩書もあります)

また、20代、30代の若手の部下の方々からの相談を通じて、
「会社で満たされていない人」がたいへん多いことに驚かれたそうです。

そこで、日々の仕事を楽しくすることに力点を置いて、
『上司や周りの人々を味方にして仕事を進める方法』

について、考え方と実践方法を提唱されています。

自分だけではなく、周りの人もハッピーにして、一緒に働こう!
そのためには、どう考え、どう行動すれば良いのか?

その答えが、著者の知識と経験談を元に、本書で語られています。
だまされたと思って、読まれてはいかがでしょうか。

特に、現状に不満があり、転職を考えている方は、転職前にぜひ!
また、不完全燃焼で充実感が少ない方にもお勧めです。

まず最初のキーワードはこれです。

『誰しも世界を変えたいと思うが、自分を変えようと思う人はいない』

(トルストイ)

そうなんです。

自分を含めて誰もが、
『周りが悪い、周りが変われば良い』と考えています。

では、周りを変えるのと、自分が変わるのと、
どちらがやり易く、そして効果が上がるのでしょうか。

答えは、自分が変わるです。

(1)自分が変わる

それがわかっていても変われない自分がいたとすると、転職はNGです。
自分が変わらなければ、転職しても、結局は同じ状況になるからです。

では、自分を変えるとして、どう変われば良いのか?

(2)自分の変わり方を学ぶ

それは「周りの人を味方にする」人を見つけ、参考にすることです。

既に「人を味方にする人」は、意識してやっている、いないに関わらず、
自分目線ではなく、相手目線でモノゴトを考え、行動しています。

『仕事が楽しくなるために重要なのは、周りの人を味方にできる人、
 人のために行動でき、人を喜ばせることができる人なのです。』

このような人はどの職場に行っても、大切にされます。

逆に、今の職場に味方がいない人は、別の職場に行っても、
自分が変わらない限り、同じ結果になる可能性が大です。

根本は、職場を変える(含転職)ことではなく、
自分を変える、自分が変わる、ことなのです。

必要なのは、
素直な心、察する力、思いやり、勇気、行動力です。

・上司の言葉に耳を貸す素直さ
・上司や同僚の要望を察する力
・自分さえ取り立てられればいいというのではなく、
  皆のプラスになることを考えられる思いやり
・選択する勇気
・選択したことを、行動する意思

時には、自分を捨てて、人を立てる勇気も必要です。

そして、これからが一番重要なことです。

実行しないと意味がない!

(3)行動すること

本書では、(1)(2)(3)について順番に解説されています。

想定は、20代の若手で、上司や周りを味方にして、仕事を楽しく進める
方法が、実体験に基づき、具体的な事例を織り交ぜて書かれています。

20代で本書の内容の通り、自分を変えて、行動すれば、
タイトルのように「一生食べていくのに困らない」と思います。

また、若手以外の方にも、
人間の心理、コニュニケーションの原理原則から、複雑多岐にわたる
コミュニケーションをシンプルに説いた内容は、会社社会だけでなく、
すべての人間関係に応用できる内容だと思います。

中身は濃いです! 興味を持たれた方はぜひ!


◆アマゾンの内容紹介から ↓

仕事で成功している人は、どんな職場でも必ず周りの人を味方にしてしまう「人間関係」づくりの達人です。
では、そんなに難しいことをしているかと言えば、そうではありません。

信頼を得るための謙虚な姿勢、仕事も人生も充実してくる感謝の気持ち、そうしたちょっとした「アクション」を積み重ねることで、自信に満ちあふれた人生を送っているのです。

本書は、今の仕事に満足を得られない人、今の会社で評価されないので転職したいと考えている人、もっと活躍するためにはどうしたらいいのか、自分のステージを変えるにはどうしたらいいのか、と悩んでいる人に向けて書かれた応援の書です。

そこには、きっと読者の問題解決のヒントになる具体策、元気が出る一言が発見できるはずです。



◆目次メモ


第1章 サラリーマンを30年やってわかった「人を味方にする人」がしていること
 「人を味方にする人」はこんなことをしている
 人に喜んでもらう工夫をすると仕事が好きになる
 仕事を楽しむ人だけが結果を出せる本当の理由
 紙に夢・目標を書けば必ず実現する?
 努力している自分を好きになる
 人の役に立つ→やりがいが生まれる→仕事が楽しくなる
 失敗しても言い訳しない

第2章 自分が変わる瞬間〜人はどうやったら変われるのか
 自分の提案が受け入れられる行動を普段からしているか
 リスクを取って変化しよう
 尊敬できるメンター(師匠)を持とう
 外見を変えて良い印象を持たれよう!
 「できません」が口癖の人に仕事は頼めない
 ワクワクした好奇心を呼び起こそう
 自分自身をよく知ろう!

第3章 【実践!】思い切って上司に気に入られてステージを変えよう!
 上司に気に入られるたった一つの秘訣
 同僚の嫉妬を振り切る6つの方法
 あなたが職場で活躍するための6つのポイント
 小さなアクションを変える
 今のステージから抜け出そう
 努力の裏付けが自尊心を高める
 あなたに高い目標が必要な2つの理由

第4章 途中で挫折しない高い目標の持ち方
 高い目標を達成する3つの秘訣
 目標達成度は必ず自分自身で確認しよう
 自己評価での成功体験を増やそう!
 私生活を充実させよう!
 人間は失敗からしか学べない

第5章 逃げの転職はやめておこう!
 転職で何を変えたいですか
 転職に何を求めているのですか
 転職を次々に繰り返し、悪くなっていった例
 アルバイトから始めて30歳で役員になって成功例
 自分を知ろう、相手を知ろう

第6章 生き方が楽になる考え方
 仕事は1日のメインだが、人生の主役ではない
 『競争より共存』−これが最終的な勝者の考え方
 悩みのメカニズム
 自分の内からわき上がる「悩み」を和らげる方法
 人を変えようとしない
 今、あなたがすべきことは何かを考えよう

◆著者の履歴 横山信治(よこやまのぶはる)


SBIモーゲージ(株)取締役執行役員常務
今まで3千人以上の採用面接をこなしてきた中で、転職で成功できる人はごく少数であると、安易な転職希望には厳しく接している。
1982年、日本信販入社。営業成績全国最下位のダメ営業マンから、ある日気づきを得て全国NO.1に躍進する。
2001年5月にSBIモーゲージの設立に参加。当初4人でスタート。現在、従業員200人、店舗数90、融資残高8千億円。「フラット35」の取扱高全国NO.1。
ライブドア事件でのホワイトナイトを演じた北尾吉孝SBIホールディングスCEOから高い評価を受けている。
また小学生の頃、落語家の笑福亭松鶴に入門し、最年少プロ落語家としてテレビ、ラジオなどに多数出演した経験もある。
芸名は笑福亭手遊(おもちゃ)で、笑福亭鶴瓶氏の元兄弟子。

◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 横山信治「仕事に幸せを感じる働き方」プロバージョン.m2ts - YouTube

 動画で著者の語りが見れます!

◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆合わせて読みたい本はコチラ



昨日よりたった数回、「評価される」技術のアクションを
増やすだけで、人生が大きく変わる!

「一生懸命努力しているのに、まわりがわかってくれない……」
「結果を出しているつもりなのに、褒められない、給料が上がらない」
「同期入社の人が、なぜか自分より先に出世している」

本書は、日々このような悩みをお持ちのあなたにおすすめです。

どれほどの努力をして実績を残したところで、
まわりから「評価される」ことがなければ、
どんな努力も水の泡となります。

組織内における「評価」とは何か?
「評価される人」になるにはどうすればいいのか?
具体例を踏まえ、その原理原則から複雑多岐にわたる
コミュニケーションの問題までわかりやすく解説。

会社人生、はては世の中で成功するために
不可欠なノウハウが満載の一冊!!


北尾吉孝氏(SBIホールディングス 代表取締役CEO)推薦!
仕事で迷っている人、転職を考えている人、仕事を楽しみたい人、必見!

著者が面接した3000人中、
「転職先で活躍できる」と感じられたのはわずか10人。
その10人に共通する「考え方」とは?

「その考え方を身につければ、
今の職場で、夢は必ずかなえられます。
年収も上がることをお約束します」

元最年少プロ落語家(小学校6年生)、
現上場企業役員の語る、
今の仕事と前向きにつき合える方法!

笑福亭鶴瓶や、立川談志など、
著者が落語家時代に見たプロフェッショナルの仕事に向き合う姿勢からも、
ビジネスのヒントが見えてくる!

では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生論・教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/354258959
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック