2013年05月26日

【書評】物語で身につくラテラル・シンキング!『ひらめく人の思考術』 木村尚義

◆本日のオススメ!



◆たった5つのパターンで最速、最高の答えが!


本書は、ラテラル・シンキングの入門書です。
読みやすい小説仕立てなので、自然に覚えてしまいます。

『そんな手があったのか・・』、といった感じですね!

どちらかというと、ストーリーの方が面白いので、
あっという間に読んでしまいました!

この本、なかなか楽しいです。

そうなんですが、
本来のラテラル・シンキングでいうとこんな方々向けです。

・企画力、創造力、問題解決な人
・最短ルートで答えになどり着きたい人
・お金も時間もない人
・要領いいねと言われたい人
・みんなと違う発想がしたい人

ラテラル・シンキングをマスターすれば、
理詰めで答えを探す、クリティカル・シンキングでは出てこない、
そんな答えがあったのか・・、そんな発想が・・

と言われる答えを手に入れることができます。

例えば、本書の冒頭で提示されている問題がこれです。

・3000本届くはずだったウィスキーが500本しか届かず
  船便のため、到着は2日後に
・3000本を目立つように積み上げる予定だったができない
・その場で、購入して持ち帰ってもらう予定だったができない

さて、客なマスコミを満足させ、この問題を切り抜ける方法は、
果たしてあるのでしょうか?

皆さんも一緒に考えてみて下さい。

一瞬 『うっ!』 と思ってしまうのですが、最後まで読み進めれば、
自然と発想が膨らみ、こうすればどうかな・・となります。

ラテラル・シンキングは水平思考とも呼ばれています。
もとは1960年代にエドワード・デボノ博士が提唱した思考法です。

具体的には、ブレーンストーミングで有名なオズボーン氏の
9つのチェックリストを使って発想する思考法です。

(1)転用、(2)応用、(3)変更、(4)拡大、(5)縮小、
(6)代用、(7)再利用、(8)逆転、(9)結合

本書では、この9つを覚えて使い分けるのはなかなか難しい、
ということで、暗記しやすい5つにまとめられています。

(1)代替、(2)大小、(3)再利用、(4)結合、(5)逆転

この5つの発想法で、本書の中で提示された問題を、
次々に手品のように、斬新な発想で解いていきます。

颯爽としていて、爽快な気分になります!

主人公は、安良木アキラ(アラキ・アキラ)。192センチのドジな青年。
主人公の幼稚園からの同級生、伴藤ミコ、150センチ、才女。
そして、講師役の謎の美人店主、叶マミ。

さらに、濃い脇役が2名。この二人も存在感があります。

そんな3名+2名が、ひょうなことから、知り合い、ラテラル・シンキングの授業が・・。

◆ロジカル・シンキング
 決められたルート。枠にはめて考える。ミクロ視点。

◆ラテラル・シンキング
 自由なルート。枠をもうけない。マクロ視点。

具体的な、面白い授業は、読んでからのお楽しみ・・、
ということで、皆さんもぜひ手にとって見てください!


もうちょっとだけネタばらし。本書に出てくる問題です。

■11個のマンゴーを3人で平等に分ける方法は?

■ある青年が、3日間で1000個の電球を売ってくるように命じられた。
 どうやって売ればいい?

■普通なら捨ててしまう不良品の鈴。
 どうやってら買ってもらえる?

■客がこない雑貨屋が、あることをし始めたら急に客が集まりだした。
 どのようなことをした?

さて、みなさんも考えてみましょう!

大丈夫!(ホンサオダウ) ベトナム語だそうです。
 

◆アマゾンの内容紹介から ↓

「新規開店したばかりのお店で、お金をかけずに人を集める方法は?」
「野球の勝敗結果を100パーセント当てる方法とは?」
「普通なら捨ててしまう不良品の鈴。どうやったら買ってもらえる?」

「ある青年が、3日間で1000個の電球を売ってくるように命じられた。どうやって売ればいい?」
こんな難問でも、ラテラル・シンキングを使えば答えが出る!
読むだけで企画力、創造力、問題解決力が身につくビジネス小説! ! !



◆目次メモ


0 絶対絶命
1 ビリヤード玉の人生
2 ラベルのない缶詰の中身を区別するには?
3 レストラン・ランタン
4 11個のマンゴーを3人で分ける方法は?
5 ラテラル・シンキングとは何か?
6 誰にも解けない固い結び目を、どうやって解くか?
7 奇妙なドライブ
8 予期せぬ来訪者
9 水平思考は習うより、慣れろ
10 ゼロ地帯
11 効率主義の落とし穴
12 誰もが欲しくなる時計とは?
13 タイムマシンの思考
14 さびれた商店街を盛り上げる方
15 お客がこない雑貨屋に人を呼ぶには?
16 DMに誤った電話番号を載せてしまったら
17 100%当たる予想とは?
18 回顧
19 ウィスキー3000本を積み上げろ!
20 コトリバシ商店街クリスマスイベントの日
21 叶マミの最後のテスト

◆著者の履歴 木村尚義(きむら・なおよし)


株式会社創客営業研究所代表取締役。
アカデミーヒルズ六本木ライブラリー個人事業研究会会長。
大学卒業後、ソフトウェア開発会社を経てOAシステム販売会社に転職。
たった一人でパソコンショップの運営を命じられるが、
パソコンマニアの常連に接客と機種説明を任せるなど、
ラテラル・シンキングを駆使して、売上を5倍にする。

その後、外資系IT教育会社にて、それまでの経験を生かした研修を展開。
2万人以上の受講者から好評を得る。
従来の発想の枠を越え、
常識にとらわれないビジネススタイルを「創客営業」と名付け、
全国にてセミナーを実施中。
これまでに、顧客から相談された1500件以上の問題を
ラテラル・シンキングによって解決している。

主な著作に『ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門』、『「ずるい思考術」練習帳』、『「ムダ」が多い人ほど、よく伸びる ~思わぬ成果を上げるラテラルシンキング仕事術~』、『バカのアイデアだけが世界を変える! 』などがある。
http://www.soeiken.net

◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 営業はお客様のガイドになれ! 創客営業研究所


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆合わせて読みたい本はコチラ



ずるい。 この言葉から、皆さんはどんなイメージを受けますか? 抜け駆け? ルール違反? 独り占め? 「ずるい」という言葉には、確かにあまり良いイメージはありません。 しかし、一口に「ずるい」と言っても、いろいろな「ずるい」があります。 人を出し抜いて非難されるような「ずるい」もあれば、「その発想はなかった……」と周囲をくやしがらせるような「ずるい」もある。 本書で扱うのは、こちらの「ずるい」です。 ・常識にとらわれず、自由な発想を可能にする考え方 ・最短ルートで問題を解決する考え方 ・お金や時間をかけずに目的を簡単に達成する考え方 そんな思考法が本当にあるのか……? あるんです。 それが、本書で紹介する「ラテラルシンキング」。 豊富な事例とトレーニングで、話題の思考法をいち早く身につけましょう。


ジョブズはずるい? 10人の成功者のエピソードから学ぶ、ピンチ を最大の好機に変える「ずるい思考」とは? 宮崎駿もマツモトキヨシもスティーブジョブズも豊臣秀吉も、名 高い成功者は皆やっていたアタマをやわらかくするトレーニング。 「普通に考えて無理な話」なら「ずるく考えて」答えを出そう! あなたのビジネスが劇的に変わる!


では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 22:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 能力開発・自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひらめく人の思考術の木村尚義です。

書評ありがとうございます。
とても励みになります。

ロジカルシンキングは決して悪いわけではありませんが、行きすぎると窮屈なわけです。

ラテラルシンキングで「余裕」を取り戻したいですよね。

本書がブログ主さんの少しでも、お役に立てれば嬉しいです。

では、良い事がおきますように!
Posted by 木村尚義 at 2013年05月27日 22:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/354259723
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック