2013年06月17日

【書評】話しは中身で勝負!『すごい講師の伝え方 』 中村喜久夫


◆本日のオススメ!



◆上手に話そうなんて考えるな!


口コミとリピートだけで年間受講者9000人という、
すご腕の「すごい講師」が「伝え方」の心構えを伝授します!

ちなみに、ご専門は不動産関係の方です。

こう書くと、何か話し方の高度なテクニック本のように
聞こえますが、本書はその手のスピーチ技術の本はありません。

では、何が書かれているかというと、講師の心得ですね。

人前で話すときに大事なこと、
それは「話し方の技術」ではなく、
「聞き手」を考えた「伝わる話」を心がけること。

言われてみれば、当たり前の話しなのですが、
そもそも何のために話すのか、を考えるということ。

自分の言いたい事を好きなように話す、ではないですよね。

話した結果、
「聞き手に変化を起こす話」
をすること。

これがゴールです。

つまり、聞いても何も変化が起きていなければ、
聞いた時間分だけ損をしたことになるということです。

そうではなくて、聞くことで、聞き手に何がしかの変化が起こる
ような効果のある話し、話し方をすべきなのです。

そういう話し方の工夫を積んでいけば、
講師として替えのきかない存在となるのことができます。

結果、仕事の幅がグーンと広がっていきます!

本書は、講師の方の情熱がこめられた文章が書かれており、
自身の経験に裏打ちされた実績をベースとし非常に説得力があります。

最近、こういう中身の詰まった本が少なくなりました。
もしも、書店が目にしましたら手にとって見てください。

ポイントをいくつか紹介します。

・話し方よりも話す内容の方が重要です、形式よりもまず中身です

・必ずしも上手な話し方でなくても相手にきちんと伝えることはできます

・わかりやすい説明のメソッドをマスターし、自分らしい講演、講義をしましょう

・わかりやすい説明とは、とことん聞く人の身になって話しをすること

・不器用でも、わかりやすい説明に徹していれば伝わります

・本書では、わかりやすい説明とは何かを学ぶことができます

・聞き手である参加者から「よくわかりました」と言ってもらえます

いかがでしょうか。

書店に沢山並んでいるスピーチ本とは一線を画した中身で勝負の本です。

伝わる話し方をしたい方にオススめの一冊です!


◆アマゾンの内容紹介から ↓

研修、セミナー、講演の講師、ビジネス・プレゼン...etc 人前で話すことに悩んでいる人、必読!!
大勢の人から「もっと聞きたい」と言われる講師が「伝え方」27の心得を伝授。
人前で話すモヤモヤが消える一冊です!

口コミとリピートだけで年間受講者9000人という「すごい講師」が、その「伝え方」の心得を伝授します!

一般的な「人前で話す」ための本は、「テクニック」や「スピーチの技術」をうたったものが大半です。
本書は、そんな類書の常識にはとらわれていません。

大事なことは「技術」ではなく、「伝わる話」の心がけ。

心がけ、心得を軸として、話を構成の仕方、視覚に訴える方法、緊張克服法など、著者独自の手法を公開。
人前で話すのが初めての人も、本書を実行すれば、必ず伝わる話ができるようになります!

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
人前で話すときに大事なこと。
それは「話し方の技術」ではなく、聞き手を考えた「伝わる話を心がける」ことです。

本書のメソッドを実行すれば、初めて人前で話すあなたも、
聞き手に変化を起こす話=「効果のある話」(聞き手が真に望んでいること)
ができるようになり、
世界に1つしかないオンリーワンの講義(話)ができるようになります!
そうなれば、あなたの仕事の幅は驚くほどひろがっていきます。

リハーサルはしないほうがいい、
自分が話しやすいことから話さない、
話の導入はインパクトのある話ではなくてもいい・・・など、
ちまたで言われている人前で話す技術をくつがえす、
だれもが実践できる伝え方の心得、著者独自のメソッドを
あますところなく一挙公開しています。
人前で話すことに悩んでいる人は必読です!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆「すごい講師」はどこがすごい?
⇒営業せずに、口コミとリピートだけで依頼が増え続け、日本全国で講演、セミナーを年間60回近く行っています。

◆依頼が増え続けるのはどうして?
⇒著者が考える「伝え方」とは、
・聞き手が主役
・相手の聞きたいことを話せ
・聞き手の属性を考えろ
・資格の講師は知識を売っていると思うな。時間を売っているのだ
・リハーサルはするな
・話にはメッセージを込めろ
・流暢に話す必要はない
・話の構成は当然のことながら毎回練り直す

実は、上記に書いてある逆のことをしている人が大半。
1度のセミナーで評判がよければ、口コミで次の仕事がやってきます。
一回一回を大事にすることで、著者は依頼を増やしてきたのです!



◆目次メモ


第1章 人を動かす!「伝え方」意識革命
第2章 こんな話では伝わらない
第3章 「伝わる話」にするために
第4章 「メッセージ」で聞き手に変化を起こす!
第5章 パワーポイント活用法―視覚に訴えれば、もっと伝わる!
第6章 緊張はこうして克服する!
第7章 職業としての講師
第8章 講師として活躍するために

◆著者の履歴 中村喜久夫(なかむら きくお)


1961年生まれ。神奈川県厚木市出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、(株)リクルートを経て、(株)不動産アカデミーを設立。不動産関連の講師として、最大の業界団体である「全国宅地建物取引業協会連合会」を始めとして、全国各地の宅建協会や不動産会社で講師を務める。10人程度の小規模な勉強会から、1,000人を超す講演会まで幅広い講演、研修活動を行っており、結論を明確にした無駄のない講義が好評を得ている。平成23年の延べ受講者数は約9,000人に達した。また、リクルート在籍中から予備校で講師を務めるなど資格試験指導にも力を入れており、短時間の勉強で合格するノウハウが好評を得ている。

◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 株式会社 不動産アカデミー 中村喜久夫オフィシャルサイト


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆合わせて読みたい本はコチラ



みなさんは、人に教えることは得意ですか?
多くの人は「苦手だ」「緊張する」と思います。
本書の著書である、多田氏もそうでした。

多田氏が講師を目指すことになったのは25歳のとき。
しかし、極度の人見知りで、
さらに自分が合格していない「公認会計士講座」を担当する
重圧を担うことになりました。

それでも、現在は関西圏NO1の講師として活躍しています。
そんな多田氏の、人に教えるときの心構えから事前準備、
事後の反省などのすべてのポイントを、
本書は余すところ無く伝える一冊です。

セミナー講師・学校の先生・塾講師・インストラクターなど、
人に教えるあるいは伝える機会のある人は必見の一冊です。

3000人の指導実績を誇る人気講師の教え方!すぐに使えて、効果抜群の教え方30。


では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 能力開発・自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック