2013年08月11日

【書評】読んだことありますか?『日本国憲法を口語訳してみたら』塚田 薫


◆本日のオススメ!



◆なるほど!これなら読める


売れてますね。
『日本国憲法を口語訳してみたら』の本。

ちなみに、8/10現在、こんな状況です。

Amazon ベストセラー商品ランキング:
1位 ─ 本 > 社会・政治 > 法律 > 暮らしの法律 > 法律入門
1位 ─ 本 > 社会・政治 > 法律 > 法学
1位 ─ 本 > 社会・政治 > 法律 > 憲法

スゴイ勢いですね!

実はこの本、いろいろと愛知県・名古屋がからんでいます。

著者は、愛知県出身の現役法学部の大学生。
監修者は、名古屋出身の愛知大学法学部教授。

実は、私も名古屋でブロガーをやっています。(関係ないか・・笑)
さらに、この大学、うちの近所にあります。(もっと関係ないか・・笑)

元々は、著者がネット(2ちゃんねる)上で書いた記事、
『日本国憲法を口語訳してみた』に爆発的な反応が発生。

その記事をアップしてから、たったの5日間でついた「はてブ」の数は、
なんと「もしドラ」の元ネタブログの「はてブ」数の2倍を記録!

すさまじい数ですね!

その勢いの所へ、2012年7月27日朝日新聞朝刊の「論評時評」に、
高橋源一郎氏が、ブログの『口語訳日本国憲法』を紹介。

さらに、火が付き、一般の方々へも一気に広まる結果へ。

そのあと、書籍化の話しが具体化。

2013年5月2日(憲法記念日の前日)の朝日新聞夕刊に、
顔写真入りで登場! 全国区に顔を売ることに!

とまあこんな感じで、本書は世の中に出てきた。

話題になってからの書籍化なので、売れて当たり前。

この段階では、読んでいない、知らない方がはずかしい状況。

さて、皆さんはすでに手に入れてお読みになられたでしょうか?

まだの方は、ぜひ、本屋、またはアマゾンにて注文を!

人気もさることながら、憲法改正議論が盛んに行われたり、
テレビのコメンテーターが訳知り顔で解説していたりしますが、
そもそも、憲法を読んだことがある方はどれくらいるのでしょうか。

多分、残念な結果になるでしょう。

今、話題になっているうちに、こっそりと本書を読んで、
憲法改正議論が話題になった時に、自分の意見を自分の言葉で
言えるようにしておきませんか。

今こそ、自分たちの憲法を考えよう!

個人的には、
ちょっと笑えるような話し言葉での訳(口語訳)ですが、
たしかに、わかりやすく、面白いですね。

内容は、法学部の教授が厳密にチェックされているため、
正確さもお墨付きだそうです!

◆アマゾンの内容紹介から ↓

内容紹介
護憲? 改憲! ? その前に…読んだことありますか?
「これなら読める(笑)」「面白い! 」と新聞・ラジオ・ネットで大反響!

ネット上の掲示板に「日本国憲法を口語訳してみた」という
タイトルで書き込みをしたところ大反響を得、
ウェブ上にアップして5日でついた「はてブ」は、
その書籍版が270万部を突破した『もし高校野球のマネージャーが
ドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(ダイヤモンド社)
の元ネタのブログが5日間で記録した「はてブ数」の2倍以上に!

2012年7月26日の朝日新聞で取り上げられ、
2013年5月2日の朝日新聞夕刊には顔写真入りで登場するほどの人気ぶり。

新たに脚注解説やコラムも加え、日本の今がリアルにわかる。

★★★読者全員に自民党改憲案の口語訳をプレゼント! ★★★

著者について
著者・塚田薫/1989年愛知県生まれ。現在、愛知大学法学部法律学科に在籍中。
ネット上の掲示板に「日本国憲法を口語訳してみた」というタイトルで
書き込みをしたところ大反響を得る。

監修者・長峯信彦/愛知大学法学部教授。1965年、名古屋生まれ。
早稲田大学法学部・同大学院法学研究科を経て、早大法学部助手。
愛知大学法学部准教授を経て現職。専門は憲法学。



◆目次メモ


日本国憲法を口語訳してみたら(現文あり)
 まえがき
 前文
 第1章 天皇
 第2章 戦争放棄
 第3章 国民の権利及び義務
 第4章 国会
 第5章 内閣
 第6章 司法
 第7章 財政
 第8章 地方自治
 第9章 改正
 第10章 最高法規
 第11章 補則

憲法をさらにもっとよくわかる!
 そもそも憲法ってなに?
 「日本国憲法」はどうやってつくられたの?
 憲法9条ってなんでそんなに重要なの?
 女系・女性天皇についてこれだけは知っておこう!
 「将来お世話にならない」とは決していいきれない生活保護ってなに?

◆著者の履歴


著者:塚田薫(つかたかおる)
1989年愛知県生まれ。現在、愛知大学法学部法律学科に在籍中。

監修者:長峯信彦(ながみねのぶひこ)
愛知大学法学部教授。1965年、名古屋生まれ。
早稲田大学法学部・同大学院法学研究科を経て、早稲田大学法学部助手。
愛知大学法学部准教授を経て現職。専門は憲法学。

◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 日本国憲法”超”口語訳とか (2012.7時点の本人サイト)


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆合わせて読みたい本はコチラ



法律を日本語としてまず理解すること、に力点を置いた憲法条文集。原文を示した上で、条文中の全ての漢字にふりがなを付け、法律専門用語や難解語句には手書き書き込みスタイルで解説メモを記入、また各条項の重要趣旨を日常用語に「超訳」して記載、さらに脚注として条文英訳を掲載する。―条文理解のための「三種の神器」を実装。
内容(「MARC」データベースより)
私たちの暮らしに深くかかわりのある法律には、一体どんなことが書かれているのか。「法律を日本語としてまず理解すること」に力を入れた1冊。「超訳六法」シリーズの憲法編。

では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 22:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 経営・経済・会計・人事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
おすすめ本を紹介している「my treasure books」を運営しているkashiと申します。
最近サイトを立ち上げ、日々更新を行っております。

連絡先が見つからなかったので、コメント欄から失礼します。大変申し訳ありません。

相互リンクをお願いしたく連絡させていただきました。
私のサイトは以下となっております。
タイトル:my treasure books
URL:http://kashiwabaray.com/blog/index.php
内容:自己啓発本からIT、ライフハックまで様々な情報を共有しております。

ページ左下にリンクを貼らせていただきました。
もし宜しければ相互リンクしていただけないでしょうか。

よろしくお願い致します。
Posted by 柏原 at 2013年08月13日 12:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367927949
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック