2016年05月25日

『40代を後悔しない50のリスト【時間編】- 1万人の失敗談からわかった人生の法則』 大塚寿

40代を後悔しない50のリスト【時間編】―1万人の失敗談からわかった人生の法則
40代を後悔しない50のリスト【時間編】―1万人の失敗談からわかった人生の法則大塚 寿

ダイヤモンド社 2016-05-27



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1万人の失敗談からわかった人生の法則
シリーズ累計28万部突破! 待望の新刊!

人生最大の分かれ道は「時間の使い方」で決まる!
仕事、家庭、趣味、勉強、健康、子育て、住まい…他
いつも「時間がない!」と感じる両立世代のための
自分らしい生き方・働き方を取り戻す50の具体策。

時間配分を変えない限り、忙しさはなくならない

・四十代という人生最大の分かれ道

・四十代が最も後悔するのは「時間の使い方」

・四十代の仕事量はそれまでのスキルでは対応できない

・人生の分かれ道となる「四十代の壁」とは
 時間で解決した問題は、時間がなくなると解決できなくなる

・四十代の時間術は、三十代までの時間術とは大きく違う

・人生を変える最大の方法は「時間配分を変える」こと

・時間の使い方は、その人そのものを表す

・どのように時間を使うかは、どのように生きたいかと同じ

本書の「50の後悔リスト」をもとに考えると、
後悔しない四十代の時間の使い方には、
大きく分けて次の七つのルールがあります

◆後悔しない四十代の時間術「七つのルール」

(1)正確な見積もり
  現実に即した作業時間や、自分の持ち時間を正確に見積もる
(2)見える化
  見えない時間を「色分け」して見える化し、きちんと計画を立てる
(3)終わらせ方
  作業時間を区切り、「終わらせ方」を常に意識する
(4)時間配分
  自分にとって本当に重要なことを優先できるように「時間配分」を変える
(5)トレードオフ
  トレードオフの意識を持って「やめる」「捨てる」「数を絞る」
(6)プロセス改善
  ゴールを明確にした抜本的な「プロセス改善」を行う
(7)習慣とルール化
  習慣を手なずけ、パターン化によって生活をシンプルにする


◆アマゾンの内容紹介から ↓

■40代が最も後悔しているのは「時間の使い方」

定年退職者が「人生最大の分かれ道」だったと振り返る40代。
仕事や家庭と、公私にわたって振り回される空白の10年において、
40代が最も後悔していることこそ「時間の使い方」でした。

40代は「両立世代」です。
「仕事と家庭」「自分の仕事と部下のマネジメント」
「自己実現と出世」「夫と父」「妻と母」など、
限られた時間の中で、一日中天秤のバランスを取り続けています。
両手いっぱいにやるべきことを抱えながら、
「時間がない」「この多忙感を何とかしたい」と
悩み続ける年代なのです。

30代の延長のままでいくと、
この両立のバランスが崩れ始めます。
膨大な量のやるべきことを前にして、
これまでのやり方が通用しなくなるタイミングなのです。

■40代の時間術は、
■30代までの時間術とは違う

30代までは、作業の効率化によってスピードアップをはかったり、
時間を犠牲にした帳尻合わせが可能でした。
しかし、40代が抱える膨大な作業は、
これまでのやり方では通用しなくなります。

自分の理想とする生き方と実際の時間割を一致させるように、
時間配分を大きく変えたり、仕事のプロセス改善を行ったり、
意思決定やマネジメントの手法を大きく変えたり、
日々の習慣を改善する必要があります。

本書では、著者がこれまで1万人におよぶ管理職や経営者などから聞き出した、
等身大の工夫をご紹介します。

■後悔しない40代の時間術「7つのルール」

本書は、先人たちに共通する50個の後悔を抽出し、
成功者が実践していた解決策を紹介していますが、
それを大きくまとめると、以下の7つのルールがあります。

(1)自分の持ち時間を正確に見積もる
(2)見えない時間を「色分け」して見える化する
(3)作業時間を区切り「終わらせ方」を意識する
(4)本当に重要なことを優先できるように「時間配分」を変える
(5)トレードオフの意識を持って「やめる」「捨てる」「数を絞る」
(6)ゴールを明確にした抜本的な「プロセス改善」を行う
(7)習慣を手なずけ、パターン化によって生活をシンプルにする

これらを実際にどう実践していけばいいのか、
本書で詳しく書かれていますので、
興味を持たれた方はぜひ読んでみてください。



◆目次メモ


序章 四十代はなぜ「時間の使い方」が最も重要なのか?
 ・四十代という人生最大の分かれ道
 ・四十代が最も後悔するのは「時間の使い方」、など
第1章 この10年で何より身につけたい時間の扱い方
 ・時間ができたらやろう、と思ったことは結局できなかった
 ・やるべきことが多過ぎて、優先順位をつけれなかった、など
第2章 本当に重要なことを行う「計画術」
 ・どうしてもスケジュールが狂いがちだった
 ・予定通りに仕事ができなかった、など
第3章 強制的に時間を生み出す「習慣術」
 ・生活のリズムをもっと整えればよかった
 ・オンとオフのメリハリをもう少しつければよかった、など
第4章 時間管理を根本的に改善する「仕事術」
 ・やるべきことを、もっと絞ればよかった
 ・一つの作業に必要以上の時間をかけてしまった、など
第5章 かけた労力を成果につなげる「マネジメント術」
 ・部下に仕事をうまく振れず、一人で抱え込んでしまった
 ・チームでのコミュニケーションが非効率だった、など
第6章 両立世代が知っておくべき「生活バランス術」
 ・会社や家庭に振り回されて、自分の時間が取れなかった
 ・勉強の時間をなかなか確保できなかった、など

◆著者の履歴 大塚 寿(おおつか・ひさし))


1962年、群馬県生まれ。株式会社リクルートを経て、アメリカ国際経営大学院(サンダーバード校)でMBAを取得。現在、オーダーメイド型企業研修を展開するエマメイコーポレーション代表取締役。
挫折の多かった10代、「もっとやれるはずだ」という想いと現実とのギャップに悶々とした20代を過ごした。なんとか現状を変えようと、リクルートの営業マンという立場から、社内外の大手企業・中小企業の管理職や経営者1万人以上にアドバイスを求めるが、その中でも40代を後悔している人が特に多いことを発見。その轍を踏まないように準備し、40代で自己実現を果たす。歴史上の成功者よりも、身近な市井の人の成功・失敗に学ぶことの合理性を痛感している。
著書にシリーズ累計28万部の『40代を後悔しない50のリスト』『30代を後悔しない50のリスト』『結婚を後悔しない50のリスト』(以上ダイヤモンド社)など多数。

◆合わせて読みたい本


40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則
40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則大塚 寿

ダイヤモンド社 2011-02-18



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

40代で年収が10倍、人生の大逆転を果した著者が明かす、充実した「生き方・働き方」50の具体策。

【内容紹介】

■8割が課長になれない時代、「空白の10年」が分かれ道

定年退職した人の後悔は、
実は「40代の過ごし方」に集中しています。

この10年間を周りに振り回され、
忙しいだけで終わってしまった人は、非常に多いのです。

40代は、30代の延長ではありません。
走る方向が180度変わる、
人生のターニングポイントなのです。

■なぜ、30代の延長だと失敗するのか?

40代は、20代、30代とは求められるスキルが大きく異なります。
自分のことだけを考えればよかった年齢から、家族のこと、子供のこと、
部下のこと、親の介護のことなど、
自分以外の世界と真剣に向き合う年齢へと変わります。

仕事と家庭のバランスは、これまで以上に大変になり、
誰もが頭ではわかっていても、無意識に挑戦を避け、
守りへと入ってしまいます。

会社では、プレイヤーからプレイングマネジャーへと変わり、
個のスキルアップより「人を動かす力」が求められます。
出世レースは最終局面へと突入し、
サラリーマン人生最大の分かれ道となるのです。

■年収が10倍アップした「50のリスト」

本書は、著者がリクルートの営業マン時代から現在まで、1万人以上に
成功談・失敗談を聞きまくり、そこから導き出した「後悔リスト」と、
その具体的な解決法を50個にまとめています。

著者は、先人たちと同じ轍を踏まないように後悔をリスト化し、
対処したことによって、実際に40代で年収が10倍アップし、
人生の大逆転に成功しました。

40代という、人生を豊かに送るための最大の分岐点の過ごし方を、
本書からぜひ学んでいただければと思います。

【目次】
・第1章 この10年で何より大切にしたいこと
・第2章 プレイングマネジャーとして本当に必要なこと
・第3章 忙しいだけで終わらないために工夫すること
・第4章 人生を左右する「人付き合い」で知っておくべきこと
・第5章 年相応に学ぶべきこと
・第6章 会社・社会との向き合い続けるために考えておくこと


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

では、また。


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。


★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック