2016年07月17日

『毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!』井ノ上陽一

毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!井ノ上陽一

サンマーク出版 2016-06-20



Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆内容紹介


「働く時間が短いほど、年収は上がる!」という事実を知ってますか。

実は「セイゲン」「ズラシ」「カソク」の3つの時間術を駆使するだけで
働く時間は短くなり、給料も上がるのです。

多忙な税理士として活躍する著者は、
「ムリなくお金を増やすには?」という問いに、
本書でこのように答えます。

3つの時間のつかい方を実践するだけで、
「毎日定時で帰っても給料が上がる人」に変身することができるのです!

そもそも、お金を増やそうとして「稼ぐこと」ばかりを意識してしまうと、
お金と時間、両方を失ってしまうのです。

それは、
働く時間を増やすだけでは、実はお金は増えないから。

しかし、目の前のお金よりも「時間」を大切にすると、
その分稼ぐ力がアップして、なんと、
「お金」も「時間」も両方手に入れることができるのです。

では、
そんな稼ぐ力を上げるためには時間をどう使えばいいのかというと、
先ほど挙げた3つの時間術がその答えなのです。

(1)セイゲン、(2)ズラシ、(3)カソク

例えば「セイゲン」術として紹介している
「やらないことリスト」。

先に「やらないこと」を決めることで、
驚くほど時間の効率がよくなり、
仕事の生産性がどんどん上がっていきます。

また「ズラシ」術のひとつ、
「1日の最後にやりたいことを少しやる」を実践すれば、
モチベーションが高い状態が続き、
集中力の高いまま仕事に取り組めるでしょう。

このような「だれでも・すぐに」実践可能な、
43の「時間とお金が手に入る」メソッドと考え方が、
本書では紹介されています。

「お金よりも時間のほうが大事」と伝えつづけてきた著者が教える、
「時間とお金の新法則」が本書には詰まっています。

読めば「お金も時間もある人生」を歩めること間違いなしの一冊!

◆目次メモ


1 時間とお金、どっちが大事?
2 付け入る「スキ」を見つける時間管理術
3 定時で帰って給料を上げる方法1―時間を制限する
4 定時で帰って給料を上げる方法2―時間をずらす
5 定時で帰って給料を上げる方法3―スピードを加速させる
6 残業せずに給料が上がる人になる8つの習慣

◆著者の履歴


井ノ上陽一[イノウエヨウイチ]
株式会社タイムコンサルティング代表取締役。税理士。
1972年大阪府出身宮崎県育ち。
「残業」「休日出勤」が当たり前の総務省統計局、税理士事務所、ベンチャー企業を経験しながらも、目の前の給料ではなく時間を重視し、定時に帰るための時間術を身につける。
その後、休みなく働くのが当たり前のフリーランスとなっても、「セイゲン・ズラシ・カソク」などさらなる時間術を駆使することで仕事とプライベートのバランスをとり、仕事の時間をどんどん短くしつつ、年収を会社員時代の2倍以上に増やすことに成功した。
ブログを3200日以上毎日更新しており、1か月60万PV以上を数えている。トライアスロンが趣味。
著書に『そのまま使える 経理&会計のためのExcel入門』(日本実業出版社)、『社長! 「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ! 』『ひとり社長の経理の基本』『フリーランスのための一生仕事に困らない本』(いずれもダイヤモンド社)などがある。

◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 「EX-IT」(イグジット)

◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆合わせて読みたい本はコチラ


社長! 「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ!
社長! 「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ!井ノ上 陽一

ダイヤモンド社 2013-02-16



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「お金」「会計」「税金」が面白いほどよくわかる。
経営者、幹部社員が知っておくべき「お金の流れ・数字のしくみ」を徹底解説。
会社が劇的に変わる「65の知恵」。

◆◆◆本書をお読みいただきたい方◆◆◆
・すべての経営者、会社役員
・会社の数字に苦手意識を持っている方
・社会の中枢を担う30~40代のビジネスパーソン
・今後起業を行って、社長を目指す方

◆◆◆本書の概要◆◆◆
「経理なんてお金にならない」と、思ったことはありませんか?
残念ながら、それは間違いです。
経理ほど、「会社の儲け」に貢献するものはありません。

あまり知られていないことですが、
経理とは「経営管理」の略称であり、
経営の舵とりを手助けするものです。

イメージとしては、会社の「お金」「会計」「税金」の
バランスをとるものだと考えて下さい。

営業やビジネスモデル構築が経営の「攻め」だとすれば、
経理は「守り」を担当します。

攻めるだけでは、会社は10年続きません。
本書を通して、会社の「守り」を固めましょう!

◆◆◆本書のメソッド◆◆◆
経営者、幹部社員が知っておくべき
「お金の流れ・数字のしくみ」を徹底解説!
会社が劇的に変わる「65の知恵」

・会社経営を支える「3つのシステム」
・会社を守るための「10の数字」
・売上と経理担当者の適正人数は?
・御社の経理は大丈夫? 8つのチェックポイント
・9割の社長がハマる3つの落とし穴
・「いかに利回りを高めるか」。それが株式会社の本質
・できる経営者ほど、負債を活用する
・分析の基本は、「細かく」「比べる」こと
・お金の流れを止める2大要素
・経費にまつわる9つのウソ

では、また。



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ



posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440113110
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック