2018年05月30日

『抵抗勢力との向き合い方』榊巻亮


抵抗勢力との向き合い方抵抗勢力との向き合い方
榊巻亮

日経BP社 2017-04-27


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



【内容紹介】

敵は社内にあり!

隠れた抵抗を見逃すな!

抵抗には「4段階」の強さがある。

「隠れた抵抗」を見逃すな。

業務改革のプロが対処法を指南―
プロジェクトの局面ごとによく出る抵抗の例、マズイ対処の仕方、
良い対処の仕方などを体系立てて、かつ、実例を交えて解説。

実際にプロジェクトで使って効果が高かった方法論だけを、
変革プロジェクトを推進する立場にあるプロジェクトリーダーの視点でまとめた。


【内容説明】

今やどの企業でも働き方改革が急務になっています。
会社によっては働き方改革のプロジェクトチームが立ち上がったところもあるでしょう。

なかにはプロジェクトチームのリーダーに指名されたり、
メンバーに加わることになったりした人もいるかもしれません。

そうした人たちが必ずぶつかる大きな壁があります。

社内の「抵抗勢力」です。働き方改革に限らず、
業務改革などの変革を起こそうと思えば、抵抗は必ず発生します。

「必ず」です。

抵抗する理由は様々ですが、1つだけ確実にいえることがあります。

それは「人は変化を嫌う」ということです。
だから抵抗勢力が発生するのは、当然のことなのです。

では、抵抗勢力とはどう向き合えばよいのでしょうか。

数々の働き方改革や業務改革を支援してきた変革のプロである、
ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズの榊巻亮氏が、実例に基づいて解説します。

ポイントは2つ。
1つは「人が変化に対して抵抗するのは生理現象。
最初からそういうものだと分かってさえいれば、感情的にならず、冷静に対処できる」。

もう1つは「自分が変革を推進する側になると、
推進側が“正義”で、『抵抗する側が悪い』と捉えてしまいがち。

しかしそうではなく、抵抗する側には抵抗する側の正義があり、
論理があることを理解し、まず相手に共感すること」です。

抵抗レベルは表に見えるものや隠れているものなど、4段階に分かれます。

本書では4つの抵抗レベルおよび変革プロジェクトの3つのフェーズごとに、
抵抗勢力との接し方を解説。最終的には抵抗勢力を味方に付ける技を伝授します。

【目次】

第1章 抵抗とは何か―抵抗は至るところで発生する

 抵抗は至るところで発生する
  現場のキーパーソンを巻き込めず、転覆
  実は経営トップが最大の抵抗勢力
  意気込んで始めるも、周囲が付いて来られず空回り
 抵抗は「悪」ではない
  部下にこれ以上、負荷をかけられない
  会社として腹をくくっていないじゃないか
  今よりもサービスレベルが落ちるじゃないか
 抵抗は「自然の摂理」である
 抵抗はプロジェクトの時間に応じて変わる
 まとめ
  「抵抗勢力」とレッテルを貼るな
  抵抗は悪ではない

第2章 計画策定期―隠れた抵抗に対応する

 隠れた抵抗に対応する

 抵抗は成長する
 抵抗には4段階の強さがある
 表に出た抵抗と隠れた抵抗
 「オンとオフ」で兆候を拾う
  ・ポイント 1  オンセッションで観察する
  ・ポイント 2  オンセッションでのチェックポイント
  ・ポイント 3  オフセッションで雑談する
  ・ポイント 4  オフセッションでの振り返りメール

 「共感と共有」でケアする
  ・ポイント 1  反論せずに、まず共感する
  ・ポイント 2  説得せず、真摯に共有する
  ・ポイント 3  共有すべきものは資料に落とす
  ・ポイント 4  コミュニケーションを設計する

 まとめ
  6回伝えて、やっと6割伝わる

第3章 計画策定期―表立った抵抗に対応する

 プロジェクト計画策定期(後期)の特徴

 (A)指摘や不満を“明らかに”する
  ・ポイント 1  指摘事項を見える化して整理する
  ・ポイント 2  指摘の真意を確認す
  ・ポイント 3  受け止めたことが伝わるようにする
  ・ポイント 4  「“一緒”に解決する」モードに移行する
 (B)「目指す方向性に納得がいかない」を解消する
  ・方向性に合意するポイント 1
   問題解決の6層構造を押さえて議論
  ・方向性に合意するポイント 2
   「3つの前提」を合わせる
 (C)「進め方に納得がいかない」を解消する
  ・進め方を一致させるポイント 1
   極力相手の意見に乗っかる
  ・進め方を一致させるポイント 2
   一緒に練り直す
 (D)「客観的な判断力」を取り戻してもらう
  ・判断力を取り戻してもらうコツ 1
   自分のことではなく、他人事として考えてもらう
  ・判断力を取り戻してもらうコツ 2
   「現状の悪さ」でなく「将来どうすべきか」に話を向ける
  ・判断力を取り戻してもらうコツ 3
   実行しないリスクを示す
  ・判断力を取り戻してもらうコツ 4
   反対意見を撤回しやすくする
  ・判断力を取り戻してもらうコツ 5
   代役を立てる
  ・判断力を取り戻してもらうコツ 6
   各個撃破する

 まとめ
  抵抗を歓迎する姿勢を持とう

第4章 施策実行期―サボタージュに対応する

 施策実行期の特徴
 人はなぜサボるのか、なぜ行動に移せないのか
 心の問題は当事者にその気になってもらうことで対応

 ・心に対する仕掛け 1
  やってほしいこととその意義を重点的に伝える
 ・心に対する仕掛け 2
  クイックヒットを仕込む
 ・心に対する仕掛け 3
  「やること」と「メリット」を直結させる
 ・心に対する仕掛け 4
  強制力を持たせる

 体の問題は当事者をフォローし、テコ入れできる状況で対応
 ・体に対する仕掛け 1
  アクションまでの手間を最小化
 ・体に対する仕掛け 2
  当事者をプロジェクトがフォローする
 ・体に対する仕掛け 3
  脱落者にしかるべき対処をする

 まとめ
  対処療法はダメ、予防治療で先手を打て

第5章 立ち上げ期―「立ち上げ期」の重要性を知る

 プロジェクト立ち上げ期の特徴
 抵抗と向き合う「基礎体力」を付ける

 1-1. 納得度が高いプロジェクトゴールがないと、
   まっとうな批判に耐え切れない
 1-2. 納得度が高いプロジェクトゴールがないと、
   チームを組成できない(協力者を増やせない)
 2-1. プロジェクトチームの熱量が低いと、
   質の高いアウトプットを出せない
 2-2. プロジェクトチームの熱量が低いと、
   抵抗と向き合い切れない
 3. 経営陣を味方に付けられないと、
  変革にGOをもらえない

 まとめ
 「立ち上げ期」に基礎体力を付ければ、“風邪”を引かなくなる

第6章 立ち上げ期―納得度が高いプロジェクトゴールを定める

 自発性を発揮できるゴールを作る
 ステップ 1  メンバー1人ひとりに「問い掛ける」
  ・問い作りのポイント 1
   第三者からの素朴な疑問
  ・問い作りのポイント 2
   お決まりの問い掛けからヒントを得る
 ステップ 2  1人ひとりの思いを「言語化する」
  ・書き出すときのポイント 1
   考えをそのまま書き出す
  ・書き出すときのポイント 2
   「氷山モデル」の全体を明らかにする
 ステップ 3  言語化した思いを相互に「ぶつけ合う」
  ・ぶつけ合いのポイント 1
   氷山モデルの「下」をぶつける
  ・ぶつけ合いのポイント 2
   集中討議で抜け・漏れを防止
 ステップ 4  プロジェクトゴールを「3つの軸でまとめる」
  ・まとめのポイント 1
   ゴール、コンセプト、必要性の3軸でまとめる
  ・まとめのポイント 2
   コンセプトは「その状態がいいな」と思える表現で

 まとめ
 「与えられたゴール」から「俺たちのゴール」へ変える

第7章 立ち上げ期―プロジェクトチームの熱量を上げる

 心理的安全性がアウトプットの品質を高める
 ・仕掛け 1
   双方向キックオフでプロジェクトにのめり込むキッカケを作る
 ・仕掛け 2
   ノーミングセッションで心理的安全性を確保する
 ・仕掛け 3
   Icebreakerでパーソナルな側面を知る
 ・仕掛け 4
   グラウンドルールで心理的安全性を確保する
 ・仕掛け 5
   プロジェクトルームで偶発的コミュニケーションを発生させる
 ・仕掛け 6
   プロジェクトルームでスイッチを切り替える
 ・仕掛け 7
   プロジェクトリーダーの振る舞いがチームの雰囲気になる

 まとめ
  心理的安全性を確保してチームの力を最大化する

第8章 立ち上げ期―経営陣を味方に付ける

 変革プロジェクトにおける経営陣の理想的な行動
 理想的な振る舞いをしてもらうため、何ができるか

 まとめ
  経営陣を味方に付け、使い倒す

おわりに
 抵抗と向き合うには「人」と向き合え


【著者略歴 】
榊巻 亮[サカマキリョウ]
ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズディレクター。
大学卒業後、大和ハウス工業に入社。住宅の設計業務に従事。
ケンブリッジ入社後は「現場を変えられるコンサルタント」を目指し、
金融・通信・運送など幅広い業界で業務改革プロジェクトに参画。
一級建築士。ビジネス雑誌での連載や寄稿に加え、講演やセミナーなどの活動も行っている。

【合わせて読みたい】

職場の「やりづらい人」を動かす技術職場の「やりづらい人」を動かす技術
秋山 進

KADOKAWA / 中経出版 2018-03-24


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【内容紹介】

気が合わない人ともうまくやれる、
結果を出せる!生産性向上に効く新しい処方箋!

【内容説明】

大企業から零細企業、海外企業まで見てきた組織コンサルタントが、
ビジネスパーソンのリアルなタイプ分類をもとに、
「苦手な人」「ウマの合わない人」を上手に動かす技術を開陳。

<小説家><技能者><観察者><実務家><評論家><革新者><コンサルタント><政治家>

――あなたと「あなたが苦手なあの人」は、どのタイプ?

本書では、さまざまな企業でビジネスパーソンを観察してきた組織コンサルタントが働く人を8タイプに分類。

タイプごとの長所短所や相性、うまく仕事を進めるコミュニケーションのコツまで紹介!

・想像力ゆたかで、いいアイデアを出せるけれど、実現がヘタな「小説家」
・PDCAは完璧で、実現能力は高いけれど、前例のないチャレンジは避ける「実務家」
・時流やトレンドの変化を見事に解析してくれるけれど、「で、どうすんだ」に欠けがちな「コンサルタント」
・物知りで、世界の潮流などを教えてくれるけれど、行動が苦手な「評論家」

……など、思わず「いるいる!」と同僚の顔が浮かぶタイプ分類をもとに、
チームワークのコツから適正職業なども踏まえて丁寧に解説します。

自分と相手のタイプを知ることで、
苦手な相手、理解できない相手ともうまく協業でき、仕事の成果・生産性がUP!

人事やチーム編成を考える立場の方にも読んでいただきたい1冊。

posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 00:01| Comment(1) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

本が好き!:http://www.honzuki.jp/

こちらのサイトでは、選ばれたレビュアーの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。

1.会員登録 
 こちらのフォームよりご登録ください。
 http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
2.書評投稿
 書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
3.ご報告
 貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
 http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html

名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。
Posted by 本が好き!運営担当 at 2018年06月20日 18:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: