2020年03月11日

レバノンでカルロス・ゴーンと対談しました(2020/3/6) 堀江貴文 ホリエモン


なんと、ホリエモンがレバノンでカルロス・ゴーンと対談。
英語インタビューなので、字幕表示をON(日本語表示)にしてから見て下さい。





◆ホリエモンがカルロス・ゴーン前日産会長とベイルートで対談…
「日産の人々から人格攻撃受けた」とゴーン節は健在(中日スポーツ)

→ https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2020031002100257.html

実業家の堀江貴文さんが10日、自身のツイッターなどで金融商品取引法違反などの罪で起訴された後に国外逃亡したカルロス・ゴーン前日産自動車会長と潜伏先のレバノン・ベイルートで対談したことを明かし、2人で会話をしている動画を配信した。

 「検察官は中立的な立場でどちらにも加担はできないが、私の逮捕は日産の役員と検察官の緊密な協力によって行われた」とゴーン氏は主張し、「何人かの日産の人々によって人格攻撃が始まりました。私は欲深い独裁者であると多くの人に知られており、何年も前から続いている独裁者と宣伝された」と日産自動車側も糾弾した。

 さらに「私が失望したのは裁判官が検察官の前でどれだけ弱いかということ。私の意見では検察官ばボス。どんな国の司法制度でもボスは裁判官だ」と日本の司法制度を批判した。

 堀江さんによるとベイルートで和牛を取り扱っているレストラン経営者の知人の仲介で対談がかない、今月6日にアラブ首長国連邦・ドバイを経由して16時間かけて現地に入ったという。自身も2006年に証券取引法違反で東京地検に逮捕、起訴され、懲役2年6月の実刑判決を受けた過去があり、対談の冒頭でも「私も15年前に検察官によって逮捕された。それがきっかけで日本の司法制度の問題性について調べてきた」とゴーン氏に訴えた。



こちらは現地レバノンから債務不履行について解説。




なかなかやるな!ホリエモン!
posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 07:13| Comment(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: