2020年06月25日

『社員100人までの会社の社長のすごい仕掛け』渡邉 良文


『勝手に人が育っていく! 社員100人までの会社の社長のすごい仕掛け』 はコチラの画像をクリック




【内容紹介】

公式な人材育成の方法である教育研修と違って、
時間や予算はそれほどかからず、
また、会社からの押しつけ研修ではないので社員の積極性を引き出しながら、
能力・スキルの向上を図ることができます。

多くの社内勉強会は、
会社側の関与を必要とせずに自走してくれるので、
運営の手間暇もかかりません。

本書は、
社長が社内勉強会を立ち上げ、軌道に乗せるまでの方法論をまとめました。

もちろん、社長が全部をやりきる必要はありません。

勉強会立ち上げのフローは、
次の8つですが、社長にコミットしてもらいたいのはフェーズ2まで。

あとは、社員が勝手に勉強会を育てていきます。

フェーズ1:社長(社内勉強会立案者)の想い~Whyを設定する~
フェーズ2:勉強会チームを編成する
フェーズ3:学習テーマを決めるための情報を収集する
フェーズ4:勉強会の実施要領を決める(企画)
フェーズ5:社内勉強会の準備をする
フェーズ6:社内勉強会を周知し、集客する
フェーズ7:社内勉強会を実施する
フェーズ8:社内勉強会の評価をする

そして再び、フェーズ3に戻り、
同じ手順で2回め以降の勉強会を実施していきます。

社内勉強会が回り出せば、
社員の能力、生産性、モチベーション、定着率は確実にアップします。

厳しい時代を勝ち抜くために、時間も予算も手間もかからない社内勉強会を、
ぜひ定着させて、勝手に人が育っていく組織文化をつくりあげてください。

社長の“人"に関する悩みの大半は解決するにちがいありません。

【目次】

はじめに
プロローグ 採用に頭を悩ませる時代から育成に力を入れる時代へ
第1章 中小企業にとって、なぜ「社内内勉強会」が最強の人材育成の場になるのか?
第2章 Whyを明文化し、勉強会チームを編成する
第3章 テーマを決めて、コンテンツを準備する
第4章 身につけておきたいファシリテーション・テクニック
第5章 社内勉強会を自社のカルチャーに育てあげる
第6章 学びを促進する工夫

・・
posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 00:01| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: