2020年07月26日

新型コロナ感染が再拡大、本当の脅威は何か? (日本総研)



《要 点》

◆ 7月入り後、新型コロナの感染者が再び増加。もっとも、若年・壮年者が増加の主
因で、重症者・死亡者も抑制されていることから、過度の懸念は不要。政府が7月
10 日に実施した活動制限の緩和も理にかなった判断。

◆ 新型コロナの本当の脅威は、感染者の増加よりもむしろ、国民の間に浸透した萎縮
心理
。根強い自粛ムードが活動再開の足枷に。結果、膨大な需要不足による倒産・
失業の増加、子どもの成長阻害を通じて、長期的な潜在成長率を低下させる恐れ

◆ 活動再開を軌道に乗せるために、政府が三つのメッセージを発信することが必要。
@「若年・壮年者にとって新型コロナは脅威でない」
A「感染者が増えるのは心配ない」
B「日常生活を取り戻そう」


◆ 新型コロナを冷静に正しく恐れ、日本独自のウィズコロナ社会を設計することが重
要。そして、わが国で解明された科学的エビデンスや、それを基に構築された社会
的取り組みを、世界に向けて積極的に発信すべき

Viewpoint は各種時論について研究員独自の見解を示したものです。

本件に関するご照会は、下記宛てにお願いいたします。
Tel:080-1029-6343 Mail:matsumura.hideki@jri.co.jp

日本総研・調査部の「経済・政策情報メールマガジン」はこちらから登録できます。
https://www.jri.co.jp/company/business/research/mailmagazine/form/
posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 00:01| Comment(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: